テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX I (旅... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: BOX・ブックレット・帯つき。状態良好です。盤面綺麗です。国内正規品です(レンタル商品ではありません)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX I (旅芸人の記録/狩人/1936年の日々)

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 23,480 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、伝説の激安王本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:8¥ 10,429より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エヴァ・コタマニドゥ, コスタス・パウロウ, ヴァンゲリス・カザン
  • 監督: テオ・アンゲロプロス
  • 形式: Color, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2004/03/20
  • 時間: 514 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001FAGRQ
  • EAN: 4523215006583
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 88,007位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

巨匠テオ・アンゲロプロスが手掛けた「旅芸人の記録」「1936年の日々」「狩人」の3作品を収録したDVD-BOX。

レビュー

[1][2]製作: ヨルゴス・パパリオス 監督・脚本: テオ・アンゲロプロス 撮影: ヨルゴス・アルヴァニティス 録音: タナシス・アルヴァニティス 美術・衣裳: ミケス・カラピペリス 衣裳: ヨルゴス・パツァス 編集: タキス・ダヴロプロス/ヨルゴス・トリアンダフィルー 音楽: ルキアノス・キライドニス 出演: エヴァ・コタマニドゥ/ペトロス・ザルカディス/ストラトス・パヒス/アリキ・ヨルグリ/マリア・ヴァシリウ/ヨルゴス・クティリス/キリアトス・カトリヴァノス/グリゴリス・エヴァンゲラトス/アレコス・ブビス/ニナ・パパザフィロプル/ヤニス・フィリオス/ヴァンゲリス・カザン[3]製作: ヨルゴス・パパリオス 制作: ヨルゴス・サミオティス 監督・脚本: テオ・アンゲロプロス 脚本: ペトロス・マルカリス/タナシス・ヴァルティノス/ストラティス・カラス 撮影: ヨルゴス・アルヴァニティス 美術: ミケス・カラピペリス 録音: タナシス・アルヴァニティス 編集: ヴァシリス・シロプロス 音楽: ヨルゴス・パパステファノウ 出演: コスタス・パヴロウ/ヤニス・カンディラス/ペトロス・マルカリス/クリストス・カラヴロウゾス/ペトロス・ザルカディス/タノス・グラメノス/クリストフォロス・ネゼル/ペトロス・ホイダス/タキス・ドゥカコス/クリストフォロス・ヒマラス/タナシス・ヴァルティノス/ヴァシリス・ツァグロス/ヨルゴス・キリツィス/トゥーラ・スタトプロウ/ヴァンゲリス・カザン[4]製作: ニコス・アンゲロプロス 制作: ステファノス・ヴラコス 監督・原案・脚本: テオ・アンゲロプロス 脚本協力: ストラティス・カラス 撮影: ヨルゴス・アルヴァニティス 美術: ミケス・カラピペリス 衣裳: ヨルゴス・ヅィアカス ミクシング: タナシス・アルヴァニティス 編集: ヨルゴス・トリアンダフィルー 音楽: ルキアノス・キライドニス 出演: ヴァンゲリス・カザン/ベティ・ヴァラッシ/ストラトス・パヒス/イリアス・スタマティオス/アリキ・ヨルグリ/ヨルゴス・ダニス/マリー・クロノプルー/ニコス・クウロス/エヴァ・コタマニドゥ/クリストフォロス・ネゼル/ディミトリス・カンベリディス/タキス・ドゥカコス
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
テオ・アンゲロプロスの代表作ながら、4時間近い大作ゆえに名画座でも観る機会の少ない「旅芸人の記録」ほか、
「狩人」「1936年の日々」のギリシャ現代史3部作が観られる貴重なソフト。
 ただ惜しむらくは「旅芸人の記録」に限って言えば、画質が良くないことです。
画面が暗いというより色の階調が狭いとでも表現すればいいのでしょうか、
影や黒っぽい部分がつぶれてしまっています。
例えばエレクトラが母親の密通を目撃するシーンは、覗いた部屋の中で行われていること、
エレクトラの驚愕の表情などがほとんど分かりません。
この映画が好きな方は、機会があればDVDのみでなく合わせて劇場での観賞もお勧めします。
HDリマスターされたブルーレイでのリリースを期待します。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ともかく出てくれただけで奇跡。 いや、何故これだけ色々なDVDがあってアンゲロプロスだけ出ないのかと身をよじっていたものとしてはまさしく僥倖。 一時はあきらめかけて中古LDボックスをオークションで手に入れようとまで考えた(プレーヤーも一緒に)が、止めておいてよかった。今は全てが感謝で満ち溢れている。ちなみに収録作品は「旅芸人の記録」「1936年の日々」「狩人」の3作品。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
テオ・アンゲロプロスが死んだ。事故死だそうだ。
旅芸人の記録を初めて見たのが数十年前。異様に長いカット、ときおり使用される演劇的な演出、象徴主義的な暗示とリアリズムの混在、現代と過去の交錯、等々さまざまな技巧を駆使し、冷徹な目で社会と人間を見つめ展開される過去と現在の物語(物語は現代に置きかえられているが、ギリシア悲劇の筋書きはそのままなのだ)に衝撃を受けた。

エレクトラを主人公にした演劇、小説、オペラ等あるが、これを超える作品はないのではないか。
この作品を初めて見る人は、出来る限り映画館に足を運ぶことをお勧めする(仮にどこかで上映していたらの話だが)。非常に長く、視聴者に忍耐と演出の認識を要求する映画である。また、物語の粗筋と、当時のギリシアの社会情勢も勉強しておいたほうがよい。

この映画は、その忍耐を克服し、映画(すなわち表現されている社会と人間)の重さを受け止めるにより、その価値を理解することができるのだと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「旅芸人の記録」は新作「エレニの旅」を発表したアンゲロプロス監督が、70年代に発表したギリシャ現代史3部作の1つ。カンヌ映画祭で寺山修司の「田園に死す」と競い、国際映画批評家賞を受賞しました。「エレニの旅」では個人史的色合いが強くなっていますが、「旅芸人の記録」を観れば、この監督がもともとは、歴史とそれに巻き込まれる人民の関係をダイナミックに描く映像作家であることがわかります。
劇中劇でのエレクトラ神話と現実との相似構造、同じ場所で年代差のある複数の事件が継ぎ目なく現れるなどの複雑なカットバックが今見ても斬新です。映像美、スケールの大きさからみて劇場で鑑賞したかったところですが、今回のように、こうしたジグソーパズルのような構成に謎解きを挑むつもりで、自宅で冷静に鑑賞するというスタンスでも充分堪能できました。(1975ギリシャ/80-02-11 新宿文化シネマ1)
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック