テイク・シェルター(Blu-ray) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テイク・シェルター(Blu-ray)

5つ星のうち 3.4 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,484 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 676 (31%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,484より 中古品の出品:4¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でテイク・シェルター (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • テイク・シェルター(Blu-ray)
  • +
  • ミッドナイト・スペシャル ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
総額: ¥4,547
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マイケル・シャノン, ジェシカ・チャステイン
  • 監督: ジェフ・ニコルズ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2013/07/26
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00CHYSSTC
  • JAN: 4988105101937
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 56,144位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

誰も気づかない、誰も信じないー
この恐怖は悪夢か、現実か

◆人気タイトルのブルーレイがお得な価格で登場!

◆「アバター」や「スカイラインー征服」をなどを手掛けたストラウス兄弟の第一級の心理(サイコ)スリラー

◆2011年5月の第64回カンヌ国際映画祭において批評家週間グランプリをはじめとする3冠を制覇した話題作

<ストーリー>
巨大竜巻、黄色い雨、空を覆う黒鳥の大群・・・・・
その悪夢はある日突然始まったー。
田舎町の工事現場で働くカーティス(マイケル・シャノン)は、耳の不自由な娘ハンナと妻サマンサ(ジェシカ・チャステイン)と慎ましくも幸せに暮らしていたが、ある時を境に、たびたび大災害の悪夢に悩まされるようになる。
そのあまりに恐ろしいイメージは日ごとにリアルさを増していき、やがてその恐怖に取り憑かれてしまうカーティス。
近いうちに必ずや地球規模の天災が発生すると信じてやまない彼は、家の近くに深く穴を掘り、避難用シェルター作りに没頭し始めるが、家族や友人はまったく彼の行動に理解を示さず、むしろ不信感を募らせる一方だった・・・・。
果たして、カーティスの常軌を逸した言動は哀れな妄想なのか、それとも・・・・

<Blu-ray特典>
1)監督:ジェフ・ニコルズ/主演マイケル・シャノンによるオーディオコメンタリー
2)オリジナル予告編
3)メイキング
4)削除シーン(2種)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

竜巻への異常な恐怖に囚われた男が、家族を守るためシェルター作りに没入する姿を描くサスペンススリラー。工事現場で働くカーティスは、妻と耳の不自由な娘との生活に幸せを感じていた。しかしある日突然、大災害の悪夢にうなされるようになり…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
自分は、この映画の主人公のように統合失調ぎみでも神経過敏でもないが、彼のように大災害、大災厄の不安に襲われることがあるため、食料や物資の備蓄といった非常時の備えは怠らないようにしている。

それは地震、津波かもしれないし、大火災かもしれないし、ひょっとしたら生ける死者の群れに襲われることかもしれない。

なんでも、全米には本作のような大災害に備えて物資や武器の備蓄をしている「プレッパー」という自警市民が数万人存在するらしい。
厳密に言えば、本作はプレッパーを扱った映画ではないが、家族や財産など守る者が増えた人間は不安が尽きないという心理は共通していると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
 1500円でも特典内容が良く、吹き替えとコメンタリーまで付くお得で優秀なBDソフト。みんなこういうソフトばかりだといいのにねえ。主演のマイケル・シャノンが魅力的で、個人的には大満足です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
素晴らしい出来だと感じました。
冒頭の空を眺めるシーンから始まり、雷で終わる・・・
最初も終わりも良い。何より主演者や周囲の演技力に感服。上手過ぎる
本当の夫婦に見えるし、誰一人大根役者などいない。脇役の上司や実兄でさえ上手い。
過剰な演出や音楽もまったくなく、まるでドキュメンタリーを見てるかのような感じで
静かに ゆっくりじっくりストーリーを魅せる。なにより展開が読めないから変な緊張感がくる
メリハリや派手さがない地味な作風なので退屈を感じる方もいるでしょうが
逆に、本物志向を堪能して頂きたい。
主人公が自らシェルターを作るシーンや地盤改良工事の現場などほんとリアル。
「自宅に穴掘って地下室作りました~」的な適当さではなく
まず中古コンテナを購入し地中に埋め、トイレや水道まで繋げる本格さ。
当然纏まった資金が必要なので、銀行から借金してまでするし
生活苦から妻は手作り裁縫をフリマで売り資金稼ぎ。
田舎の州ほど仕事はありませんからね・・・
ガスマスク購入しに行き「安いのはないか?」と店員に尋ねると
店員が「ガスマスクは安く済ます物じゃない」と正論を言うシーンとか細部がリアル。
それに娘が口がきけない病気で会話は手話でやるため
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
※ネタバレあり

ストーリーが進むにつれ、主人公とその家族がかわいそうに思えてきたので、主人公の言う通り最後に嵐が来ればいいのにと思っていました。なので、オチは個人的によかったし、なんかスッキリした。

主人公の言動をおかしいと思っていた人たちは、
「まじかよ!あいつの言う通りだったぜ!!」
とか思いながら逃げ惑ったに違いない。

でも、主人公たちもビーチに旅行に来ていたので、エンディングの歌の通り、シェルターは彼方に・・・
主人公たちだけシェルターのおかげで助かるというエンドだったなら、個人的には文句なしだったかなと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
悪夢を立て続けに見てしまったカーティス。
仕事や家庭内のストレスからなのか、いつしかそれは現実世界で幻聴、幻覚を見るまでにエスカレート。

現実と感じてしまう彼と、一見狂人になってしまったように見える彼にどう接するかという家族の心理描写がかいまみえる。

ついに彼は、近い内に世界がおかしくなると信じ混み、シェルター作りに必死になってしまう。
これは本当に妄想なのか、それとも予言なのか、、

一部でサスペンスホラーかのような扱いを受ける本作だが、実際は人間の心理描写を終始描いたドキュメンタリーのように思えた。

アクションがあるわけでもないし、話ものんびり進行していくので、確かに中盤は退屈に感じた。

しかし、最終的には全てを納得させてくれる終わり方だったと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ほとんど日本のニュースには出てこないけど、現在アメリカでは(というか世界中だけど)、嵐や洪水、竜巻などによる被害が続出して亡くなった人、そして家を失った人たちがたくさんいる。だからどうしてもこの映画はプロパガンダそのものに見えてしまう。
嵐を夢で予知する夫。
現実にその日が来るかもしれないと予感する彼の内面と行動をカメラは丹念に追いかけるが、あくまでも発端は夢なのであって、夫がそうなら観てる側の私も終始半信半疑なのだ。足が地に着かない不安定なまどろっこしさが最後までついてまわり、何か釈然としないまま終わってしまった。
これは監督の意図した事なのか。それとも誰かの指示で作らせら映画なのか。「うーんやっぱこれはプロパだな」とひとり結論付けて納得してしまったのだった。
だってこの監督には「MUD」というとんでもなくすっばらしい映画があって、その人物描写の丁寧な描き方、またすべての脇役にほろっと感情移入してしまう演出の冴え。全体を通しても古き良きアメリカの良心を見るような清々しい映画だった。
だから余計にこの映画にも期待していたんだけど、残念です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー