この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

テイクダウン―若き天才日本人学者vs超大物ハッカー〈上〉 単行本 – 1996/5

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 168
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

連邦当局の目を巧みにくぐり抜けてきた史上最悪のハッカー、ケビン・ミトニックが、とうとう決定的な誤りを犯した。コンピュータ・セキュリティの専門家、下村努のコンピュータに侵入したのだ。ここに、アメリカ全土にまたがる戦闘の火蓋が切られることになった。それはまさに、インターネットの表と裏を知り尽くした男同士の究極の闘いでもあった。本書は、すでに伝説的存在にさえなっている下村努が、自ら克明に書き綴ったノンフィクション・ミステリーである。

内容(「MARC」データベースより)

世界有数の大物ハッカーとしてFBIなどが捜索していたケビン・ミトニックの正体をつき止めた、コンピュータ・セキュリティの専門家下村努の実録ミステリー。インターネットの表と裏を知り尽くした男同士の究極の闘い。


登録情報

  • 単行本: 283ページ
  • 出版社: 徳間書店 (1996/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198605017
  • ISBN-13: 978-4198605018
  • 発売日: 1996/05
  • 商品パッケージの寸法: 1.2 x 1.2 x 0.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
上下巻含めてレビューの少なさに驚きだ。
アメリカ最大のコンピュータクラッカーを逮捕に追い込んだ
日本人の英雄の書いたノンフィクションですよ!!
読みましょうよ!!

「ルパン3世」に見られるように、人間心理として逃げる悪役に
感情移入してしまう傾向があるのかな・・・?
誰も銭形のとっつぁんを応援しないのと同じだ。
史上最悪のクラッカーをFBIを上回る能力でTakedownさせたわけだから
内容は手柄話的になるのはしかたない。
それを、自慢話ばかり、とか自己中だとかけなしている暇があったら
自分の危機管理能力について少しは省みた方がきっと意味があると
思うんだけどな・・・
Kevin Mitnickは犯罪者特有の自己防衛的かつ利己的言い訳で、
ネットワークへの不正侵入を正当化しようとしている。
危害を加えなくても「見るだけ」でもいけないことはいけないんだ
とわからない面々のために、コンピュータセキュリティ後進国の
日本は学ばなければいけない課題が山積している。

読後にも色々考えさせてくれる非常に社会的なノンフィクションだ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読まれる方は

ジョナサン・リットマン「FBIが恐れた伝説のハッカー(上)(下)」
ジェフ・グッデル「ハッカーを撃て!」

なども併せて読まれることを強くお勧めします。

なぜなら私にはこの本「テイクダウン」が
認識や視点の違いを差し引いても、明らかな誇張や演出があり、
単純な「善と悪」の色分けに誘導しているように思えてならないためです。

どうかこれに興味のある方は一面だけに止まらず、
上に挙げた書籍以外にも、様々な著書や視点から見てみて、
ケヴィン・ミトニック、下村務、また他の関係者や背景などを把握しながら
この事件、またこの事件の歴史的な側面を考えていただきたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MATHMATICS 投稿日 2009/3/19
形式: 単行本
あのノーベル賞受賞者の「下村さん」の息子さんの本です。優秀な遺伝子を引き継がれているようでなによりです!ちなみに映画化されてます(ザ・ハッカー)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あまり有名になれなかった自称天才が著した本。本来のストーリー以外に、自慢話が多数。面白い本ではあるが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告