Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ティモシー・リアリー [DVD]

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥ 3,505

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック

  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ティモシー・リアリー
  • 監督: ポール・デイヴィス
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ナウオンメディア(株)
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 83 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BY9CBI
  • JAN: 4544466001790
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 169,425位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

"Turn On, Tune In, Drop Out"
サイケデリック革命の父、
ティモシー・リアリー博士の生涯とその壮絶な最期!

1960年代、元ハーバード大学の教授であるティモシー・リアリーは、“Tune In、Turn On、Drop Out”の声と共に、LSDをはじめとする幻覚剤の使用による意識革命をすすめ、既存の体制に服従する生き方を否定し、意識、思想、個人の自由をその行動を持って促し、サイケデリック革命の父としてヒッピー世代の多くの人達に崇められていった人物。ジョン・レノンは彼の著書に感銘を受け“Tomorrow Never Knows”を書き上げ、リアリーがカリフォルニア州知事に立候補する準備していた際にキャンペーンソングとして“Come Together”の使用を許諾したのは有名な話。また、ニクソン政権時には“世界で最も危険な男”として独房に入れられ、ビート詩人アレン・ギンズバーグなどが彼の解放を訴えかける運動をおこすなど、カウンターカルチャーのアイコンとして活躍した。本作はそのサイケデリック革命の父であり、ヒッピー世代以降のカウンターカルチャーの形成に多大な影響を与えたティモシー・リアリーの人生をその最期の瞬間まで見つめたドキュメンタリー作品である。

本作では、ティモシー・リアリー本人のインタビューを多数収録。ニクソン政権時に独房で撮影された貴重な映像から、1998年の死にいたる直前までのインタビューを収録し、リアリー自身の声を通して、彼の歩んだ奇想天外な人生、思想の自由を求めて行動を起こした彼の哲学を知る事ができる。また、リアリーの盟友でヒッピーのバイブルとされる「ビー・ヒア・ナウ」の著者であるババ・ラム・ダスなど彼の知人達の肉声も合わせて収録し、彼の人生と世に与えたインパクトについて振り返る。

また、リアリーの人生を理解する上でかかせない、60年代“サマー・オブ・ラブ”の時代の貴重なアーカイブ映像も合わせて収録。リアリーやグレイトフル・デッドが参加したヒッピー祭典として語り継がれる“ヒューマン・ビーイン”の模様や、当時のヒッピーのメッカ、サンフランシスコのヘイト・アシュベリー地区の様子など、カウンターカルチャーとは何だったのかを映像で振り返ることのできる貴重な作品に仕上げられている。

そして、本編後半では80年代以降彼がコンピュータを使った人間の教育、管理の方法を探究していた事実と、インターネット社会に見ていた彼の21世紀のビジョンが語られていく。さらに、本編末尾に収録される彼の最期を捉えた衝撃の映像!?1998年、21世紀を目の前にしてこの世を去った、偉大なカウンターカルチャー父が残した最後の言葉とは?そして彼の選んだ最期の瞬間とは?

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

60年代に“サイケデリック革命の父”として支持された元ハーバード大学の教授、ティモシー・リアリー。LSDなどの幻覚剤の使用による意識革命を勧め、既存体制に服従する生き方を否定し、その行動をもって自由を促した彼の人生に迫るドキュメンタリー。

商品の説明をすべて表示する

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2009年10月19日
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年5月4日
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告