ティファニーで朝食を [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ティファニーで朝食を [DVD]

5つ星のうち 4.0 167件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 576より 中古品の出品:3¥ 499より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ティファニーで朝食を [DVD]
  • +
  • マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]
総額: ¥2,364
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: オードリー・ヘプバーン, ジョージ・ペパード, パトリシア・ニール, バディ・イブセン
  • 監督: ブレイク・エドワーズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 167件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EPFQ3M
  • JAN: 4988113756150
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,412位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介



朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、 眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。ホリーの夫ドクが彼女を連れ戻そうとするが、彼女は断ってしまう。ホリーがブラジルの外交官と結婚するのを 知って傷ついたポールは、小説を売って得たお金をつきつけるが…。


輝く宝石のようなオードリーの魅力をちりばめた、素敵でおしゃれなラブ・ストーリー。彼女と駆け出しの作家ポールとのロマンスは、アカデミー賞(R)にも輝いたヘンリー・マンシーニの主題歌「ムーン・リバー」のメロディと共にいまも多くの女性の心を捉えて離しません。



【1961年アカデミー賞】
音楽賞受賞(ヘンリー・マンシーニ)
主題歌賞受賞 「ムーン・リバー」(作曲:ヘンリー・マンシーニ)
【1961年アカデミー賞 ノミネート】
主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)
脚色賞(ジョージ・アクセルロッド)
美術監督・装置賞

Amazonレビュー

   舞台はNY。宝石店ティファニーに憧れ、ショーウインドーの前でパンをかじるのが大好きなコールガールは、人なつこくてかわいい女性。同じアパートに越してきた青年作家は、そんな彼女に次第にひかれていくが、彼女には秘密があった…。
   コールガールを演じても下品にならない、オードリー・ヘップバーンのキュートでエレガントな魅力が絶品だ。ジョージ・ペパードも、いかにも人のよさそうな好青年ぶりで、ヒロインに振り回される役がピッタリだ。原作はトルーマン・カポーティ、監督は『ピンクパンサー』シリーズでおなじみのブレイク・エドワーズ。エドワーズ監督の軽妙なタッチと、オードリーの都会の妖精のような、ふんわりとした軽やかさがマッチした、心地よいラブストーリーだ。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ヒー トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/24
形式: DVD
オードリー・ヘップバーンの代表作の1本でもあるこの作品。
多くを語る必要はありませんネ。
たいへん多くのレビュアーの方が、詳しいレビューをしていますので、この作品に関するレビューではなく今後の要望をレビューしたいと思います。

ご存知のように、この作品はスタンダードサイズの映画です。
最近のワイドテレビ事情に合わせてか、DVD化以降は全てビスタサイズでソフト化されています。
そこで私が望むのは、オリジナルのスタンダードサイズでのソフト化です。
「ティファニーで朝食を」、「シャレード」、他ではアルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」などのスタンダード作品は、DVD化以降のソフトは皆、上下をカットしたビスタサイズの収録です。
真のファンにとってはオリジナルの画角(画面サイズ)でみたいと思うのは当然です。
是非!オリジナル・スタンダードサイズでソフト化を望みます。
ブルーレイ化するときは、両サイズ収録で粋なソフト化を望んでいます。
このように思うのは私だけでしょうか?

とりあえず、わからない人のためにテープとレーザーディスク時代の画像と、最近のDVDの画像を比較してみてください。

と言うことで、星5つあげたいところですが、星3つになってしまいました。
1 コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画はやはり映画史に残る名作、オードリー・へプバーンの美しさ、ゴージャスさも例えようがありませんが、それがこれほど高画質にレストアされて蘇ったことは素直に嬉しいですね。

今までBS放送などでもオードリー・へプバーンをハイビジョンで観る機会は何度かありましたが、こんなに高画質で彼女を見たのは初めてです。100インチのスクリーンに拡大しても画の破たんは全くなく精細感は維持され、細部までしっかりと描写されています。色の濁りも極限まで除かれてるので色の純度が高く、本当に美しい画面です。いくつかあるオードリーへプバーンのBD作品の中でもナンバー1の画質と言っていいですね。

こういった古い名作を美しく蘇らせるブルーレイって、本当に素晴らしいものですね。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あまりにも有名なヘップバーンの代表作。原作と読み比べると面白いと思います。明け方のニューヨークの街、ティファニー宝石店の前でパンをかじる冒頭のシーンは映画のオリジナルで、小説では「たとえティファニーで朝食をとるような身分になっても、自我だけは捨てたくないわ。」というヒロインのセリフが出てくるだけ。ラストも映画とは違って、かなりドライな結末を迎える。原作はヒロインを通して人間の自我と言うものを見つめたシリアスな内容ですが、60年代のハリウッドマジックによって、洗練されたロマンティックな映画に仕上がっています。今見ると多少の古さを感じるものの、ティファニーをはじめとするグレイハウンドのバス停や、セントラルパークなどのニューヨークのロケーションの素晴らしさもさることながら、「キャット」という猫やインクリボンなど小道具の使い方もおしゃれでした。その中でとりわけ粋なのは、クラッカージャックという水兵か何かの絵がついた、キャラメルをからめたポップコーンのお菓子についてきたおまけの指輪に、ティファニーで名前を彫らせるエピソードです。日本でいうグリコのおまけみたいなものでしょうか?よく考えると結構きわどい話なのに、それを感じさせないのは、ヘンリー・マンシーニの音楽と、何よりもヘップバーンのキュートな魅力のおかげでしょう。彼女の美しさが絶頂にあった時期に、作られるべくして作られた名作だと思います。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
今日は「ティファニーで朝食を」を2回続けて観た。これで本作を見るのは5回目になる。
やはり時間を空けて観ることは大事である。その際に同じ作品であるということも外せない。なぜなら着眼点の変化が楽しめる為である。
今回は服と猫に意識を向けた。

先ず服からである。
男の主演ポール・バージャクが愛人と電話する際に脱ぐ靴の形が素晴らしい。
床と接触した音も質の良い革靴ならではの重量感が有り、履いて歩きたくなった。
本作品は私の好きな「アイビースタイル」の映画であると聞き、改めて観たのだ。
通りで私の大好きな映画のはずだ。今までは漫然と映画のストーリーで判断してきたが、よく観てみると音楽・ファッション・カメラワークなども重要視している様だ。(映画はどれもそうというのはその通り)
それはともかく、ポールの細いニットタイも彼の知的な雰囲気に馴染んでいる。
愛人と別れるときに着るジャケットも若干着丈は長いがサイドベンツなのにセンターも開いており、面白い。

これは服と関係無いかもしれないが、髪型も非常に恰好良い。実は前髪が結構長いのだが、「知性は額に宿る」の如く常にポマードで後ろに流している。ホリーと間違えた女性に謝るときにだけ前髪を掻き上げるシーンがあるが、これまたかっこいい。
...続きを読む ›
1 コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー