ティファニーで朝食を [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ティファニーで朝食を [DVD]

5つ星のうち 4.0 176件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 920より 中古品の出品:4¥ 311より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ティファニーで朝食を [DVD]
  • +
  • マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • ローマの休日 日本語字幕版 オードリー・ヘプバーン グレゴリー・ペック FRT-096 [DVD]
総額: ¥2,373
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: オードリー・ヘプバーン, ジョージ・ペパード, パトリシア・ニール, バディ・イブセン
  • 監督: ブレイク・エドワーズ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ジャパン
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 176件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EPFQ3M
  • JAN: 4988113756150
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,493位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介



朝の宝石店ティファニーの前でデニッシュを食べる娼婦のホリーは、引っ越してきたばかりの駆け出し作家ポールと出会う。酔っぱらいから逃げて部屋へ来て、 眠り込んでしまった彼女にポールは興味を抱く。ホリーの夫ドクが彼女を連れ戻そうとするが、彼女は断ってしまう。ホリーがブラジルの外交官と結婚するのを 知って傷ついたポールは、小説を売って得たお金をつきつけるが…。


輝く宝石のようなオードリーの魅力をちりばめた、素敵でおしゃれなラブ・ストーリー。彼女と駆け出しの作家ポールとのロマンスは、アカデミー賞(R)にも輝いたヘンリー・マンシーニの主題歌「ムーン・リバー」のメロディと共にいまも多くの女性の心を捉えて離しません。



【1961年アカデミー賞】
音楽賞受賞(ヘンリー・マンシーニ)
主題歌賞受賞 「ムーン・リバー」(作曲:ヘンリー・マンシーニ)
【1961年アカデミー賞 ノミネート】
主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)
脚色賞(ジョージ・アクセルロッド)
美術監督・装置賞

Amazonレビュー

   舞台はNY。宝石店ティファニーに憧れ、ショーウインドーの前でパンをかじるのが大好きなコールガールは、人なつこくてかわいい女性。同じアパートに越してきた青年作家は、そんな彼女に次第にひかれていくが、彼女には秘密があった…。
   コールガールを演じても下品にならない、オードリー・ヘップバーンのキュートでエレガントな魅力が絶品だ。ジョージ・ペパードも、いかにも人のよさそうな好青年ぶりで、ヒロインに振り回される役がピッタリだ。原作はトルーマン・カポーティ、監督は『ピンクパンサー』シリーズでおなじみのブレイク・エドワーズ。エドワーズ監督の軽妙なタッチと、オードリーの都会の妖精のような、ふんわりとした軽やかさがマッチした、心地よいラブストーリーだ。(斎藤 香)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
おそらく翻訳した人が違うのかな。以前に観たものと字幕が若干違っていて、映画自体印象も違って感じた。ほんの少しだけどカットされてるシーンもある。それがちょっと残念。内容の差異以外はとても良品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
オードリーの良さというか魅力がうまく表現されているように思います。特典も良いですね。ファンにはたまりません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒー トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/24
形式: DVD
オードリー・ヘップバーンの代表作の1本でもあるこの作品。
多くを語る必要はありませんネ。
たいへん多くのレビュアーの方が、詳しいレビューをしていますので、この作品に関するレビューではなく今後の要望をレビューしたいと思います。

ご存知のように、この作品はスタンダードサイズの映画です。
最近のワイドテレビ事情に合わせてか、DVD化以降は全てビスタサイズでソフト化されています。
そこで私が望むのは、オリジナルのスタンダードサイズでのソフト化です。
「ティファニーで朝食を」、「シャレード」、他ではアルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」などのスタンダード作品は、DVD化以降のソフトは皆、上下をカットしたビスタサイズの収録です。
真のファンにとってはオリジナルの画角(画面サイズ)でみたいと思うのは当然です。
是非!オリジナル・スタンダードサイズでソフト化を望みます。
ブルーレイ化するときは、両サイズ収録で粋なソフト化を望んでいます。
このように思うのは私だけでしょうか?

とりあえず、わからない人のためにテープとレーザーディスク時代の画像と、最近のDVDの画像を比較してみてください。

と言うことで、星5つあげたいところですが、星3つになってしまいました。
1 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/6/8
形式: Blu-ray
 1961年、米国映画「ティファニーで朝食を」です。
 原題「Breakfast at Tiffany’s」。

 原作は、トルーマン・カポーティ「ティファニーで朝食を」。
 原作では、1940年代の出来事を回想していくのに対し、
映画は、その回想する出来事を、公開当時の頃へと時代を移したもので、
話の筋にも大分手が入れられています。
 原作をベースにして作られた、もう1つの「ティファニーで朝食を」といった感じです。
 賛否あるものの、私は両方とも好きです。
 この映画は、映画ならではの魅力が十二分に生かされている
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
そんなイメージを勝手に持っていたから、オードリーさんの男を渡り歩くさま(娼婦?)にひいた。山本リンダさんの『狙い撃ち』そのままの生活、そしてN.Y.に来る前に残してきたもう一つの現実。
その対比がきちっと描かれていたら、きっと見ごたえのある映画になったろう。
もしくは、ある解説で読んだ、原作の基本の部分「ティファニーで朝食を食べるような身分になっても、私の自我は変わらない」という、自我がきっちりと描かれていたら、それも観るべき価値の映画になっていただろう。

でも…

都会でのセレブの生活に憧れる”女の子”が、真実の愛をつかむまでみたいな安易な映画になってしまったから、何もかも嘘くさい。
そう、”女””人間”の話であるはずが、”女の子”の話になってしまった。少女漫画みたい。

設定が”貧しい”はずだが、一張羅なのか、ジバンシイのファッションを粋に着こなし、バレエで培った姿勢・ふるまい、N.Y.の目抜き通りでのおしゃれな生活。今も昔も憧れる世界。だから、その真似したいファッションやふるまいを見直したくって、何度も観てしまうけれど…。

最初はモンローさんにオファーがあったが、娼婦の役を嫌がって蹴ったと聞く。
確かに”娼婦”だけれど、華やかな部分とそうでない部分を、”
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー