通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ティファニーで朝食を がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の小傷等はございますが、使用に支障がある様なダメージはございません。プチプチor厚紙封筒にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ティファニーで朝食を 単行本 – 2008/2/29

5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ティファニーで朝食を
  • +
  • グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ニューヨークの社交界を、そして世界の読者を魅了したヒロイン、ホリー・ゴライトリーが、村上春樹の新訳で新しい世紀を歩みはじめる。

内容(「BOOK」データベースより)

ホリーは朝のシリアルのように健康で、石鹸やレモンのように清潔、そして少しあやしい、16歳にも30歳にも見える、自由奔放で不思議なヒロイン。―第二次世界大戦下のニューヨークを舞台に、神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界との訣別を果たした名作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105014072
  • ISBN-13: 978-4105014070
  • 発売日: 2008/2/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
『ミス サンデー ゴライトリー トラヴェリング』
作中で主人公が一瞬で魅了された一文は私も虜にしました。
美しい響きに、きっと読者の全てが心を奪われるでしょう。
そして、作品を読みをおわったあとに この言葉の持つ深さに打ちのめされることでしょう。
ミス ゴライトリーが
『なんだかよくわからないけれどもキラキラした何か。』
だったり、
『大人になって失ったもの』
だったりの象徴であるのだとすれば
このトラヴェリング(旅行中)という言葉はとてもしっくりくるのです。
もしかしたら 帰ってくるかもしれない。(でも、帰ってこないかもしれない。)
帰ってくるとしても、それがいつだかはわからない。
もし、帰ってきてくれたならば一瞬は自分を夢見心地にしてくれるかもしれない。
戻ってきてほしいかもしれないし、今の自分には必要のないものかもしれない…。
そんな複雑な哀愁をこの一文は見事に表しているような気がします。
作品の最後の猫の下りは『故郷は遠くにあっておもうもの』を美しく表していると思います。
大人になっても失われることのなかった瑞々しい感性の表現が簡潔な、無駄の削ぎ落とされた文章であらわされています。
美しくて、ちょっと切なく
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「ティファニーで朝食を」は原作と映画がかなり異なるので、映画ファンの方は「えっ」と思われる作品だと思います。(逆に私は原作が先だったので、映画を見た時は「ええっ!」でした)
他に3編、龍口氏の翻訳と同じ作品が入っています。
龍口氏の訳を高校生の時から愛読していましたが、正直「うーん」と思っていました。翻訳された当時に「わかりやすいように」という工夫だとは思いますが"Champion"を「大関」など、世界観を損ねてしまうような言葉が次々出てきていました。
今回村上氏の訳でそういった点は改められ、戦中のニューヨークやハイチの雰囲気をきちんと出していたのがよかったと思います。
「クリスマスの思い出」も、龍口氏の「子供の視点からの語り口調」に馴染んでいたために、最初違和感を感じましたが、原文を優先して訳せばこうだよなあ、と思い直すきっかけになりました。
確かに「村上風」とでもいうのでしょうか、あっさりした文体や独特の言葉もありますが、完全に「村上春樹の文章」にはなっておらず、味わい深い仕上がりになっていると感じます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
単にオードリー・ヘップバーンのファンです。
もっと正確に言うなら彼女の演じた「ローマの休日」ファンです。
映画を観て原作のあることを知り、しかも村上春樹訳があることを知り
読んでみました。
そこには映画とは全く別のヒロインが描かれていました。
結末も全く違うものでした。
とても考えさせる小説です。
ドストエフスキーのデビュー作「貧しき人々」に通じるものがあります。
あくまで明るいヒロインが深い闇に立つ姿が痛々しいです。
カポーティの別の作品を読むきっかけを作ってくれました。
お勧めです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カポーティの短編の巧みさと独特の雰囲気に目を見張った僕は、改めて「ティファニー」をオリジナルテキストと共に読み返してみよう、と思っていた矢先に、本書が出版された。
さっそく買ってきて、1968年にやはり新潮社から出版された龍口直太郎訳「ティファニー」と読み比べてみた。
龍口訳も本書も、表題作以外に全く同じ短編が3作収められている。「花盛りの家」「ダイアモンドのギター」「クリスマスの思い出」である。
これらを読み比べて改めて感じたのは、村上さんがかねがねおっしゃっている「翻訳の賞味期限」ということ。
原作が名著と呼ばれるものであればオリジナルテキストに賞味期限はないが、翻訳の方はそれが訳された時代々々の社会を反映したコトバで訳されているためか、そこにどうしても賞味期限といったものが生じると。
本書と龍口訳を読み比べて、少なからずそれを感じた。
龍口氏は、1903年生まれ。「戦後日本に米文学を紹介した」とあっていわば「大御所」である。
その龍口訳のある意味古色蒼然たる訳文は、地の文においては格調高くカッコいいのだが会話文においてはなんとも違和感が出てくる。
ホリー・ゴライトリーやその友人のマグなど個性的で(少なくとも表面的には)都会的な若い女性たちが出てくるシーンで「こちとら」だの「やっこさん」だのというコ
...続きを読む ›
2 コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー