この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ツール・ド・フランス

5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の クラフトワーク ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2003/9/10)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B0000AWEL8
  • EAN: 4988006814158
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 60,346位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. プロローグ
  2. ツール・ド・フランス - エタップ1
  3. ツール・ド・フランス - エタップ2
  4. ツール・ド・フランス - エタップ3
  5. クロノ
  6. ヴィタミン
  7. エアロ・ダイナミック
  8. チタニウム
  9. エレクトロ・カルディオグラム
  10. ラ・フォルム
  11. レジェネラシオン
  12. ツール・ド・フランス
  13. (エンハンスド)ツールド・フランス 03 version 2

商品の説明

内容紹介

17年ぶりのオリジナル・アルバムはツール・ド・フランス公式認定サウンドトラック。新曲「ツール・ド・フランス03」3ヴァージョンのほか、「ツール・ド・フランス」リメイクを収録。CD-EXTRA仕様(「ツール・ド・フランス03 version2 / Tour De France 03 version2」PVを収録)。日本盤のみスペシャル・ライナー・ノーツ封入。

Amazonレビュー

   今やキーボードよりも自転車レースに夢中とうわさされるクラフトワーク。そんな彼らであるからして、この『Tour De France Soundtracks』が12年ぶりのアルバムとなったのは驚くに当たらないことかもしれない。驚異的なアルバムだった『Autobahn』、『Trans-Europe Express』、1983年の記念碑的なシングル「Tour De France」で展開された運動・人間・機械というテーマを受け継ぐ作品である。ジャケットを見れば分かるとおり、基本的には「Tour De France」のロング・ヴァージョンといえそうだ。

   ハウス、トランス、テクノの祖といっていい存在であるクラフトワークが、本作では逆にそれらの分野の手法を借用しているが、これでこそフェアーというものだろう。タイトル・トラックの3つのヴァージョンが切れ目なく続くオープニングは、15分間にわたる静かなミニマリスト風トランスの傑作だ。その前にプロローグが置かれ、メトロノームのようなリズムに乗って繰り広げられる多彩なサウンドスケープからいつの間にか本編に突入するという趣向である。滑らかなキーボード・ラインが「運動」を感じさせ、メロディーは揺らぎ、渦巻く。「Elektro Kardiogramm」では、心拍や呼吸の効果音までもが導入される。アルバムの頂点といえる「Vitamin」は、ディープなグルーヴやめまいを誘いそうなシンセ・フックをもっており、ピレネー山脈中のコースにたとえることもできそうだ。革新者たちが持ち前の先鋭性を和らげた『Tour De France Soundtracks』は、クラフトワークの初期作品のように影響力絶大ではないかもしれないが、輝かしい復帰作であることは間違いない。(Christopher Barrett, Amazon.co.uk)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
多くのスポーツにおいて人間は機械に近づこうとする。「ツール・ド・フランス」はそんな状況を見事に活写した作品だ。曲調は過去の作品「コンピューター・ワールド」あたりと似通うように思うものの、山あり谷ありのロングランを行うツール・ド・フランスの情景を俯瞰するかのごとき感覚を呼び起こす音楽描写の冴えはさすがクラフトワークである。この目はマクロだけに留まらない。#6「ヴィタミン」では、ミクロの目で人体の中で起こる化学反応すら描きだそうとする執念にも頭が下がる。全体を一貫したコンセプトが裏打ちした出来栄えは傑作「アウトバーン」の長時間トラックを聞くのに似た感動をもたらしてくれることだろう。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
以前出ていたCDとの音の違いはそれほどでもないです。

興味のあるかたは是非。アナログも出てますよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
~中学生だったときに中野サンプラザのコンサートにいったとき、クラフトワークは、初来日で、いいようがない感動したことを記憶しています。
そのクラフトワークのニューアルバムが「エレクトリック・カフェ」以来17年ぶりにリリースされました。最近、どうせ活動していないだろうと思っていて情報する知らなかったのですが、知人から知らされ早速購入。
~~
いい意味で、前と変わらず、しかしとても洗練されていて、「アウトバーン」を初めて聞いた時の気持ちを思い出させてくれました。
車に積んでドライブの時に聞きたい1枚になりました。~
1 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2003年リリース。発売当時、「17年ぶりの完全新作」ということで発売前から世界中の関心を独占した11作目(『THE MIX』含む)。1983年に発表されながらも長らくアルバム未収録だった「乗り物シリーズ」第3弾のシングル曲のリメイクからスタートした本作は、創作環境を完全にPCへ移行し、瞬時に切り替わるプログラム、ジャスト・ビートで疾走する無重力のスピード感、圧倒的にクリアな音色で新旧ファンの期待を余裕で飛び越えた傑作。ブレイクビーツ風の【6】やエレクトロ・ファンクな【7】、ラルフの心臓音から作られた【9】等、テクノの様々な魅力をあらゆる角度から提示しつつも、完全に「オリジナル」で在り続けるそのセンスはもはや「神の領域」。近年もライヴでのヴィジュアルと音響を3D化するなど、その進化は未だ留まるところを知らない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
CDを再生してしょっぱなから圧倒されました

高速走ってるときに流したい
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suntalk トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/10/6
形式: CD Amazonで購入
地デジを見始めると、もうアナログには戻れない。
それは進化?退化?
不可逆な適応は、してしまった時、新鮮なうちは実に気持ちいい。
だが、もともとその作品をずいぶんと聴きこんでいたら、
あとどれくらいそれを聴きこむ?

もともとが傑作、
音がよくなった本作は、超、超傑作。
たとえもうCD持っていても買うべき。さっきからかずっと聴いていて
いや、他に聴きたいものがないなら、ね。
以上、同じ境遇で迷う方に。もっと迷い給え。

しかし、
音がよくなるたびにさらによくなる本作は、
どの時点で完成というわけでないなぁ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イッパツマン トップ1000レビュアー 投稿日 2012/7/26
形式: CD
 ヒヤッとした質感、一音一音の減衰の程度まで素晴らしく計算され尽くされた音作りは流石。同じメロディが曲を跨いで何度も繰り返されるんだが、ジャケットのようにスピード感溢れつつ延々と素材がループしているような印象にクラクラする。自転車マニアのラルフらしいタイトルとデザインだけど、内容的にもエクササイズのバック・ミュージックにぴったりなスピード感と心地良さだ。僕は最近、ウォーキングの時にこのアルバムを愛聴している。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
Kraftwerk、テクノポップに興味がある人は真っ先に聴くべきアルバムでしょう。
まるでライブに行ったかのような、疾走感のあるメロディ。
Etape 1を聴きながら、自転車で坂を下るようなことがあれば、
興奮のあまりにブレーキを踏むことも忘れてしまうかもしれません。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 324 投稿日 2004/3/6
形式: CD
CCCDだと思ってずっと買ってなかったこのアルバム。
来日公演があまりに素晴らしかったので買いました。
「テクノの祖」とか「当時は斬新」とか関係無いです。
今、この瞬間、僕の心には最高に届きました。
みんなとりあえず買いましょう。
83年のTour de France持ってても買いましょう。
リメイクは最後の1曲だけ、あとは全部新曲です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック