日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ツレがうつになりまして。

 (448)
6.52時間1分2011G
うちの家族は、私とツレとイグアナのイグのちょっと変わった家族だ。ツレは仕事をバリバリこなすスーパーサラリーマンだったが、ある朝真顔で「死にたい」ってつぶやいた!病院での診断結果は、うつ病(心因性うつ病)だった。仕事の激務とストレスが原因らしく、私は「会社辞めないなら、離婚する!」と告げた。会社を辞めたツレが主夫になり、家事嫌いの私は内心嬉しかったり……。しかし、収入源がなくなり髙崎家は貧困街道まっしぐら!そこで私は編集部へ行き新しい仕事をもらい、ツレの体調も徐々に回復に向かい、ほっと一安心。そして、小さなつまずきのその先には、ある奇跡のような出来事が待っていた。
監督
佐々部清
出演
宮﨑あおい堺雅人吹越満
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると7日でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
津田寛治犬塚弘梅沢富美男田山涼成山本浩司大杉漣中野裕太余貴美子
提供
東映
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.2

448件のグローバルレーティング

  1. 59%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 10%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazon カスタマー2018/05/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
暖かくて勇気付けられる映画
確認済みの購入
今の自分がこの映画を観ることが出来てよかったと感じています。
僕は、「しっかりしなきゃ」とか「男らしく」とか「頼りになるような人にならなきゃ」とか、そんなことをずっと思いながら生きてきました。
でも、そんな風な思いとは裏腹に上手くできない部分がすごく多くて、それで自己嫌悪に陥って、ずっとマイナス思考な自分で生きてきて、自分のことがすごく嫌いでした。
でも、格好悪くても、情けなくても、頼りなくても、それら自体は決して「ダメ」なことではないのではないか、と思えるようになりました。
本当にダメなのは、それを押さえ込んで頑張ろうとすることなのではないか、と気付いて少し気持ちが楽になりました。

僕はうつ病と診断されたことがあるわけでもありません。
ただ、それに近い状況に陥ってどうしようもなくなっていた時期がありました。
人手が少なくて忙しい職場で、何をやっても上手くいかなくて、辞めたいけど辞められない。
辞める勇気も無い。それを上司に匂わせてみても、ちゃんと向き合ってくれず、「辞められたら困る」と思っていることしかこちらには伝わってきませんでした。
理解をしようともせず、精神論で片付けようとする人がいることに憤りを感じます。もっともっと、相手をちゃんと見て欲しい、自分の考えで決め付けるのではなく、ちゃんと向き合って欲しかった。
辛くて辛くてしょうがなくて、死にたいと本気で思ったこともありましたし、「事故にでもあって入院できれば仕事をしなくて済むのかな」、そんなことまで思っていたこともありました。
今は人が増えたお陰で負担が減ったり、精神的な面をメインにした一対一のビジネスセミナーに行ったりする中で、少し持ち直していたところです。

ただ、そんあ余裕が出来た矢先に、最近「自分は必要とされていない」と感じる場面がありました。
そう思った相手は実際には「必要としていない」とは思っていなかったと言ってくれましたが、
必要とされていることをちゃんと態度や言葉で行って貰えないと安心できない、そんな女々しい性格な自分に自己嫌悪に陥って、
それに不安もあいまって、更にそれを誰かに話しても迷惑なだけだろうし恥ずかしいしと思って、行き場の無い思いにただただ苦しく、
何も手に付かない状況が続いていました。
そんな中でこの映画を観て、本当に気持ちが楽になりました。
こんな自分に生まれたのも意味があるのかもしれない、と思えました。
自分がどういう人間か恥ずかしさを捨てて相手に伝えてみたいと思います。
そして、それを受け入れてくれる人だったらいいなと思いますし、受け入れてくれるような人がいる「ツレ」は本当に幸せな人だなと思いました。

少しでも同じような境遇を経験したことがある方なら、必ず勇気付けられる映画だと思います。

文章をまとめようとしましたが、あえて思ったままの文章で投稿します。
お見苦しい文章でしょうが、読んだいただけた方がもしいらっしゃいましたら、有難う御座いました。
281人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/06/28に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
う~ん...
確認済みの購入
頑張って最後まで見ようと思いましたが、駄目でした。

妻が鬱になりましたが、正直言って、こんなあまい世界じゃ無いです。
病気の間、会話なんて成立する事は無かったし
笑顔なんて、見る事も無かった。

ところどころ色々と伝えたいと思う製作者の方々の、思いを感じる部分は有りましたが
残念ながら実際経験した者でなくては、多分解らない世界なんだなと痛感しました。

それでもこういった話を取り上げて頂けることは、少しは良い事なのかも知れません。
世間の鬱病に対する認識が、残念ながら日本では、大幅に遅れを取っていると言うのも事実ですので。

「頑張らなくて良いんだよ。今でも君は、充分頑張って居るんだから。」
これってすごく大事な事なんですけど、これを理解する気持ちを、多くの人が解ってくれるようになれば良いなと思います。
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
通りすがり2017/12/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
評価を☆1につける人の意見もわかるがあえて星5
確認済みの購入
なぜ☆5をつけたか。

それはこの映画をみて思ったのが、仕事をやめて1年間何もできない自分が一時期その状態に近かったのでは?とおもったから。

そして星の評価を上げることにより、より多くの人がこの映画を見て、「ウツ病」を知るきっかけになればと!

知らないは無知。無知はとても怖いもの。

「ウツ病」に関してはこれをきっかけに調べて、とにかく「気づいてほしい」

そして☆1や☆2をつける人の気持ちもわかる。だが大勢の人の「認識」が必要!

もしかしたら周りの友達とかにいませんか???
100人のお客様がこれが役に立ったと考えています
きのこごはん2018/12/03に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
現実的なのかよくわからない
確認済みの購入
私の体験とは全然違います。
こんな菩薩みたいな嫁さんがいれば、そら良くなっていきますわ。
親もうつ病について勉強してくれたり。
現実はそんなにあまくない。
常に一人。
わかってなどもらえない。
67人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Morishim2018/02/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
うつ病を経験した人や、周りにうつ病ので悩んでいる方がいたら是非見てほしい作品
確認済みの購入
堺雅人の演技力の高さがすごい 何箇所も泣けるところがあり
うつ病患者を包み隠さず表現 年に一回見たくなる作品ですね。

本に書いてあるうつ病のマニュアル等を読んでも
よく噛み砕いて解釈できない。
そんな方はこの作品を是非見て欲しい。

自分もうつ病の一人ですが、このどうようもない感情
どうやったって助からない、そしてものすごく申し訳なくなり
消えてしまいたくなりたい。

そんな感情がすべて惜しみなく入っていて
うつ病はこういう感じなんだってことがたった2時間で分かる作品になっています。

この作品を見て、周りの方の理解を深めるとともに
当人が見て、うつ病ってダメなものじゃないんだと
勇気づけることができたらと感じました。
67人のお客様がこれが役に立ったと考えています
マロン2020/02/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
実は、この作品を見るのが怖かったんです。
確認済みの購入
私自身、20年近く重度のうつ病です。
私の場合、この作品に出てくる妻とは全く違っていました。病気休職になり、給与が減ったことで、妻の実家に何故かあげていたお金や妻の習い事、ガソリン代、生活費、住宅ローン、光熱費などを賄い切れなくなっていきました。妻は、教員をしていましたが、給与は自分の貯金にしていました。その甘い生活が脅かされると思ったのか、離婚調停を申し立て、私から慰謝料の請求をしました。離婚調停では、妻が慰謝料を支払うべきだと判断されました。
こんなことがあったので、この作品を見るのが怖かったんです。でも、この作品の中で自分探しをしている夫婦の姿を見ているうちに、離婚をしてよかったと吹っ切ることができました。全てのうつ病患者がこんなふうに恵まれる結婚生活を送ることができるわけではないけれど、うつ病のゴールは、一人でも目指せるなと思いました。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ほおずき2018/04/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
うつ病じゃなくても伝わりました。
確認済みの購入
この映画の本質って、うつ病に限ることじゃないと思います。自分が生きてく上で、自分を大切にすること。
会社が嫌で自殺する、学校が嫌で自殺するとかって世の中にとても多いですよね。
そんなまわりの抑圧に耐えられない、
どうして自分はこんなにダメなんだろうって、

ツレのように繊細で自分を許してあげられない人達は、「会社(学校)辞めちゃえば?」って言ってくれる人が必要なんだと思います。
自分が自分を許せない人達なんです。
だから周りが理解してあげることが必要なんです。
そんなの甘すぎる、微塵もわからないという人がいるというなら、すでに自分を認めてくれる人がいるから、自信があるからわからないんですね。それか人の痛みを、気持ちを、考えたこともないような人なんです。

この映画に出会って、原作のほうを読んでみようかなと思いました。
59人のお客様がこれが役に立ったと考えています
H・anmo2017/06/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
原作の雰囲気を壊さずを描ききった
確認済みの購入
周囲にうつの人がいたため、原作は発売されて間もなく購入し何十回と読み返していた。
その後映画化の話を聞き、あっさりした絵柄であるけれど内容は結構濃く、
かつ、うつ病がテーマの話を2時間程度に収められるのか?と不安だった。
実際見てみると、ところどころ設定を変えたりしているが違和感のないもので
むしろマンガでは書ききれなかったであろう、外との関わりが描かれていて現実的になっていた。
見始めて数分で引き込まれていき、何度も涙してしまった。
こういう役をやらせると堺雅人はホントにうまく演じる。
宮崎あおいも私がイメージする貂々さんに近くて感情移入しやすかった。
原作では本になるまでが結構大変だったことも描かれているで、ツレうつ、ツレうつその後
イグアナの嫁を読んでいない方は是非読んでみて欲しい。
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示