通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) (講談社コミックス) コミックス – 2015/10/16

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) (講談社コミックス)
  • +
  • ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(3)<完> (講談社コミックス)
  • +
  • ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(1) (講談社コミックス)
総額: ¥1,412
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新たな冒険、始まる━━!! 再び異世界を渡る旅へと旅立った小狼たちが訪れたのは、姫神が統治する国「ニライカナイ」。一見平和に見える楽園には、不穏な闇が忍び寄っていた━━!!

美しい自然があふれる国、ニライカナイへとやってきた小狼たちは、人々が崇める姫神と出会い、この国に異変が起きていることを知る。その異変を調査することを選択した小狼たちは、『間(はざま)』の世界にいた孔雀に、四月一日からもらった三十円を渡し賃として渡し、『裏』のニライカナイへとやってきたが、はたしてそこで待っていたものとは…!?


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063954900
  • ISBN-13: 978-4063954906
  • 発売日: 2015/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
本だけの通常盤です。

収録1話目の表紙が封真くんなのですが、どうやらcloverの世界を歩いているようで。
スウちゃんの看板(映像?)と、その下のカズヒコさん(後ろ姿ですが、あの編みこみは間違いない!)にぐはー(*'ω`*)と。

どうでもいい?

本編は1巻から続いて裏を巡っていきます。
1巻のラストや予告でもあったように、小狼が見る景色は黒様やファイ、モコナが見るものとは違う様子。

それゆえ、小狼がみるものと、黒ぴーたちが見るものとの対比絵が面白いです。

あと、比較的ファイが真面目な感じですすみます。
キリっとしたファイが見られる数少ない機会かも?(笑)

「御嶽」が鍵になるようで、本当、沖縄方面の神話・伝承をメインでやるようですね。
「小狼」とはそこで本当に再会するのでしょうか?
3巻がすでに待ち遠しい。

余談ですが、1巻のモコナのお腹はどこにある?のくだり。
四月一日は黒りんと同じ反応なのが面白かったです。
四月一日は小狼と同じものですが、黒様とは反応(ツッコミ体質?)が、ファイとは魔法やのらりくらりなところが似ていますよね。
「四月一日と小狼の内緒話」も個人的に好きなおすすめシーンです。
(互へのいたわり感にいつもキュンキュンします。)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鬼劉 投稿日 2016/5/1
形式: コミック Amazonで購入
ついに続巻の2巻が出ましたね。気になります。早いとここの続きが見たいです。CLAMPの作品は良いですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
新しい世界の旅、とてもおもしろかったです。次回の巻が楽しみです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告