ツバサ・クロニクル III [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ツバサ・クロニクル III [DVD]

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,400 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,080 (78%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、◆UNV-Media OUTLET◆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,050より 中古品の出品:12¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ツバサ・クロニクル III [DVD]
  • +
  • ツバサ・クロニクル Vol.2 [DVD]
  • +
  • ツバサ・クロニクル Vol.1 [DVD]
総額: ¥3,880
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 入野自由, 牧野由依, 稲田徹, 浪川大輔, 菊地美香
  • 監督: 真下耕一
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: NHKエンタープライズ
  • 発売日 2005/10/28
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000B63D34
  • EAN: 4934569622785
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 15,080位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

CLAMP作品に登場したキャラクターたちがさまざまな次元や空間で活躍する、純愛冒険ファンタジーアニメ。声の出演は入野自由、牧野由依、稲田徹ほか。第7話「砕けたカタミ」から第10話「別離のカガミ」までを収録。

レビュー

監督: 真下耕一 原作: CLAMP 脚本: 川崎ヒロユキ キャラクターデザイン: 芝美奈子 美術監督: 渡辺紳 撮影監督: 鎌田克明 音響監督: なかのとおる 音楽: 梶浦由記 声の出演: 入野自由/牧野由依/稲田徹/浪川大輔/菊地美香/三木眞一郎/宮田幸季/中多和宏/小林沙苗/坂本真綾/甲斐田裕子/名塚佳織/大原さやか
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mink 投稿日 2005/10/28
ファイが珍しく黒鋼とともに戦いでいい動きを見せているのですが
第一シーズンの3巻、4話分をチュニャンたちの元で展開させるに
は少しまったりしていると思います。アニメにありがちな、一つの
戦いに何週間かけてるの?という残念な展開でした。
逆に言うと、丁寧に描こうとしているのかな?とも思いましたが、
原作の良さが生かしきれていないところが残念です。
 しかし、いつになく活躍するファイさんのシーンもあり、FANの
方には良いかもしれません。
挿入曲も素敵なので、4月からの第二シーズンに期待といったとこ
ろでしょうか!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 この巻からアユタヤ編に入る訳ですが、ストーリー的には

 「悪事を働く魔法使いっぽい悪代官を諸国漫遊中の水戸黄門っぽい御一行が倒しに行く」

 構成的には何十年と無く繰り返された手法ですので、それをどう演出するかって話に

なると思います。

 「漫遊中、その悪代官に殺された娘に出会い、その仇を・・」

 悪くはないし間違ってもいないとは思うのですが、いくらなんでも多少古典過ぎる。

 どうせなら、悪代官も、もうちょっと見ている側の殺意を覚えさせる位の悪役であった

ならと思うのですが、駒に過ぎない息子の方が明らかにキャラが立ってますよね。

 それと・・・キィシムみたいに、濃いキャラがいるんですし、そこまで悪代官が目立たない

なら、それ、もうちょっと使おうよ・・・

 確かに戦闘シーンは悪くなかったですよ。

 しかし、単なる戦闘キャラに使うには少々勿体無い感じがしました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック