ツナグ(本編1枚 特典ディスクDVD1枚) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,010 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,174 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でツナグを今すぐ観る ¥ 400 より

キャンペーンおよび追加情報

  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 (*おひとり様1回限りのご案内になります。) 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)
  • +
  • 想いのこし [DVD]
総額: ¥7,801
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松坂桃李, 樹木希林, 佐藤隆太, 桐谷美玲, 橋本愛
  • 監督: 平川雄一朗
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2013/04/24
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 64件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BCT3N48
  • JAN: 4988021137607
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,852位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

使者(ツナグ)―― それは、たった一度だけ、死んだ人と会わせてくれる案内人
あなたがもう一度、会いたい人は誰ですか?
その奇跡は、一度だけ、想いをつなぐ。
「本当に大切なものは何か」を観る人の心に問いかける、感動のヒューマン・エンターテインメント大作!

2013年4月24日発売
『ツナグ』DVD&Blu-ray
≪商品概要≫
【DVD】2枚組(本編ディスク+特典DVD)
VPBT-13760(POS:7)\5,040(税込)
本編+特典映像/片面2層/ドルビーデジタル2.0ch&5.1ch/16:9シネスコサイズ(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
◎特典ディスク
・メイキング
・イベント映像集
・予告&TVスポット集
◎封入特典:ブックレット

【BD】2枚組(本編ディスクBD+特典DVD)
VPXT-71258(POS:3)\6,090(税込)
本編+特典映像/片面2層/リニアPCM&ドルビーTrueHD5.1ch/16:9シネスコサイズ<1080p High Definition>(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
※特典映像、封入特典はDVD版と同内容です。

★監督・脚本は、大ヒットメーカー平川雄一朗。(ドラマ「ROOKIES」「JIN-仁-」、映画「陰日向に咲く」「ROOKIES~卒業~」他)
★主題歌は、今最も女性から支持を集めるアーティストJUJU。
★原作は、直木賞受賞作家 辻村深月。本作で第32回吉川英治文学新人賞を受賞。
★出演は、若手注目俳優・松坂桃李×名優・樹木希林。
今作品で、第25回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 助演女優賞を樹木希林が、石原裕次郎新人賞を松坂桃李が受賞!
★興行収入16億円突破の大ヒット作品。

<イントロダクション>
「使者(ツナグ)」とは―
それはたった一度だけ―、死んだ人と会わせてくれる案内人。
生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する“使者"を表す言葉。
使者(ツナグ)の噂は都市伝説のようにまことしやかに伝わっていて、辿り着けるかどうかは、その存在を知っているか。
知って信じるかどうか。そこからの運、と言われている。運良く辿り着けた場合、ツナグを介して生者と死者が会うのには、いくつかのルールが存在する―。

<ストーリー>
たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい-。
半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れる使者は、ごく普通の高校生・歩美(松坂桃李)だった。
横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。
喧嘩別れをしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)。
プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)のことを信じて待ち続けているサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。
歩美は、実は“ツナグ"を祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いで、その過程で様々な疑問を抱く。
死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。果たして会いたかった死者に会うことで、
生きている人たちは救われるのか。人生は変わるのだろうか。そして死者は…。 その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく―。

<キャスト>
松坂桃李 樹木希林
佐藤隆太 桐谷美玲 橋本愛 大野いと 遠藤憲一
別所哲也 本上まなみ 浅田美代子 / 八千草薫 仲代達矢

<スタッフ>
原作:辻村深月『ツナグ』(新潮文庫刊)
脚本・監督:平川雄一朗 音楽:佐藤直紀
主題歌:JUJU「ありがとう」(ソニー・ミュージックアソシエイテットレコーズ)
企画・製作著作:日本テレビ放送網
製作:2012「ツナグ」製作委員会
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド 制作協力:ドラゴンフライ 企画協力:新潮社
(C)2012「ツナグ」製作委員会

★好評発売中
映画 ツナグ オリジナル・サウンドトラック VPCD-81751 \2,500(税込)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『今日、恋をはじめます』の松坂桃李主演による感動作。たった一度だけ死者との再会を叶えてくれる仲介人“ツナグ”として、他人の人生に深く関わっていくひとりの少年の葛藤と成長を描く。共演は樹木希林、佐藤隆太ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年5月7日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年6月1日
形式: Blu-ray|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2017年7月1日
形式: DVD
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月10日
形式: DVD|Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月12日
形式: DVD|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年5月7日
形式: Blu-ray|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年8月16日
形式: DVD|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月3日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。sony テレビソニー テレビ