通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ツナグ (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ツナグ (新潮文庫) 文庫 – 2012/8/27

5つ星のうち 4.3 170件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 23
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ツナグ (新潮文庫)
  • +
  • 西の魔女が死んだ (新潮文庫)
  • +
  • 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
総額: ¥1,641
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第32回(2011年) 吉川英治文学新人賞受賞 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員…ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 441ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/8/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101388814
  • ISBN-13: 978-4101388816
  • 発売日: 2012/8/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 170件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
長篇ミステリと銘打ってますが、どちらかというとファンタジー要素の方が強い。
辻村さんの長編は好きで何冊も読んでいますが、万人受けしない(自分は好きだけどあえて人にお薦めはしない)ものも多いのですが、今作品は幅広い層に受け入れられるんじゃないかという印象です。文章もとても読みやすいし、読み進めていくとストーリーがどんどん絡まっていく感じが好きで、それは今作品も同様です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
普段は日常生活に追われて死というものをあまり考えることがないと思うけど、身内や身近な大事な人が亡くなったらもっといろんなことをしてあげれば良かった。生きてる間幸せだったのだろうか?どのように思って亡くなったのだろう?など誰もが考えることだと思う。現実では死者に会って聞いてみるなんてことはできないが、その思いを5つのエピソードにして上手く描いた作品だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人は、死後どのようになってしまうのか?意識・存在・その他について、フィクションを通して作者が語りかけてくれているような読後感をもった。永遠の謎かもしれないが・・・・・。人にとって死後のことは永遠に分からないのかもしれない。この宇宙の果てのように。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
死者と再会を果たすというありがちな、お涙頂戴の物語だと勝手に想像
しながら読み始めました。全部で5編の短編から構成されていますが、
真ん中に置かれた「親友の心得」を読んだ時点で、浅はかな先入観を
持っていたことに気が付きました。

死者と言葉を交わしたいという願い。それは、生きている人間が生きる
理由を欲するエゴイストの振る舞いでもあるし、また、死者から思いが
けない真実を伝えられれば、十字架を背負って生きていく羽目にもなり
かねない。この重いテーマが、「使者(ツナグ)」が主人公役を務める
最後の「使者の心得」で展開されることになります。

死者とのコンタクトは、「生者の自己欺瞞」(414頁)かもしれない。真相
を知らされれば不幸になるかもしれない。それでも、死者を想い、その
言葉を想像して対話を重ねつつ人は生きていく。「死者は、残された生者
のためにいるのだ」(424頁)。死者との再会というありえないおはなしは
こうして、人は想像力のなかで死者に語りかけ、また語りかけられるのだ
というごく当たり前の真理を気づかせてくれます。それこそが、一晩限り
の再会という奇跡よりも、長い人生を生きていく上で大事なことなのだと。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
こんな人に僕も逢いたいなぁ~、そんな想いでいっぱいです。

亡くなった人とクライアントを引き合わす手助けをする役割が“ツナグ”の仕事ですが、ツナグはクライアントの依頼を通して、自分自身も成長をはかり、また一緒に命を見つめていく仕事でもあるように感じました。

話しを通し、自分は誰と会いたいか、それを考えると同時に、その人との関わりを通して命について考えて居られた一冊だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
状態が思っていた以上に良かったです。次回も中古を買うときは、在庫があればぐるぐる7にしようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じーじ 投稿日 2015/10/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
物語の設定が斬新で、驚愕した。storyも感動した。
お薦めの一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私、人に見えないものが見えたり感じたりする事がまれにあるんです。
お正月に家族が集まった時には、皆んなに愛され惜しまれて死んだ犬の存在を近くに感じたりもしました。だからUFOの存在を信じる人がいるように、つなぐの様な人がいる事もあっておかしくないと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
アイドルの心得、長男の心得、親友の心得、待ち人の心得、使者の心得の四編。
特に、個人的には待ち人の心得がよかったと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
他の方も書いているように「親友の心得」が一頭地を抜いていると思われる。
嵐の気の強さ、狭量、身勝手、思いこみが、とんでもない誤解を招き、さらにはシッペ返しを喰らうさまを、心理的推理をまじえ、
みごとに活写している。彼女が死者にあう動機は不純なもので、自分の罪が暴かれないようにするためであった。
生者は一生重荷を背負っていかねばならぬとあるが、死者はそれ以上に傷ついたのではなかろうか。
ところで終章「使者の心得」は必要だろうか。使者を実体のない存在として、たんなる、生者と死者の橋渡しの役回りに徹しさせ、
ファンタジックに叙述するべきだと思う。現実的な存在でもって使者を紹介されると、これまでの神秘的だった各編の余韻が
かき消されてしまう。それに、この章を置くことで、話が重複し、せっかく切れ味よかったものが台なしになる。

※ 写真・自己紹介は無視して下さい
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー