中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書) 新書 – 2009/10/9

5つ星のうち 3.7 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,000 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ツイッター(Twitter)は個々のユーザーが「つぶやき」を投稿し合うことでつながるコミュニケーション・サービスで、2006年7月にサービスが始まりました(日本語版は2008年4月)。
当初、日本では大ブレイクというほどではありませんでしたが、2009年の春ごろから急激に普及しはじめ、ブログやSNSに続くコミュニケーション・ツールとして、著名人の参加、企業のPRツール、ニュース媒体としての成長など、新たな展開を迎えています。
今はまだ、世間から「よくわからないサービス」と思われがちなツイッターですが、知らないうちに普及していて、ブログやSNSのように、ビジネスユーザーを中心に、知らないと恥ずかしい、という状況になりつつあります。

本書では、ツイッターがなぜ流行ったのか、どのように進化したのか、今度どうなっていくのかについて、人気ブログ「ネタフル」のコグレマサト氏と、人気ブログ「みたいもん!」のいしたにまさき氏のお二人に、ツイッターのヘビーユーザーとしてお二人が経験したことも含めて、幅広く語っていただきました。
また、フジヤカメラやオンラインショップ「ビザビ」といったツイッターの影響力を感じさえてくれた事例を具体的に紹介しています。
さらに、「ヒウィッヒヒー」が話題になったアーティストの広瀬香美さんに、ツイッター上で行ったインタビューも収録!

本書をきっかけに、なんとなく知っていた、使っていたレベルのツイッターへの理解を、もっともっと深めましょう!

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、ツイッターがなぜ流行ったのか、どのように進化したのか、今後どうなっていくのか解説します。また、ツイッターの影響力を感じさせてくれる使用事例も具体的に紹介します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2009/10/9)
  • ISBN-10: 4839933162
  • ISBN-13: 978-4839933166
  • 発売日: 2009/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 203,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
ちょっと前にツイッターに登録してみたのだが、
意味がさっぱりわからなかった。
挫折というより意味がわからなかった。

ちょっと気になっていたので、ふとこの本を読んでみた。
なるほどオススメ他何人かのツイッター有名人をフォローするとこから
始めればいいのか。

まだ始めたばかりなのでツイッター自体の楽しさはピンときていないが、
さっぱり意味がわからないという状態ではなくなった。
電車やバス待ちなどちょっとした時間にiphoneでチラ見するといいかなって感じ。

この本自体はただツイッターの使い方、データなどは最小限にとどめてある。
あくまでキッカケになればいいかな位のユルイ作りの本。

すでにツイッターを楽しんでいる人には向かないと思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Twitterについて調べていて手にとった。これで4冊目。著者はアルファブロガーといわれるネット界のオピニオンリーダだそうだ。
ビジネス利用については、

 ・「儲かるか?」という問いには「儲からない」といったほうが適切かもしれません。p136

と、類書に比べて冷静なのが面白い。一方で既にビジネスに利用している日本の事業者へのインタビューが5本も掲載されていて、一次情報が豊富なのが本書の特徴といってよい。ことに広瀬香美のTwitterインタビューは他にないものでちょっと度肝を抜かれた。ビックリである。
しかし、ここまで4冊あたってどれもネタがほとんど同じなのが気になる。同一テーマで調べ事をしていて、これほど同じネタばかりが続くのは初めてだ。底が浅いのか、もしくはここまで調べた津田氏、神田氏、小山氏、そして本書のコグレ氏がつまりは同じコミュニティのメンバなのか、どちらかだろう。

 ・10%のユーザが90%のつぶやきをしている。
  (登録者の)半数以上は74日に1回以下の割合でつぶやいている p126

とある。この4人はもちろん、90%をつぶやいている10%なのだろう。4冊読んでTwitterの威力はそれなりに理解したつもりだが、これを知るとちょっと腰が引ける。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私自身がツイッターをやり始めた頃に読み、
とても面白いと思った本でして、
今改めて自分の感想を読んでみても、やはり面白そうであります。
まず、ツイッターの日本での歴史が第1章にまとまっていて、
2009年1年間に、実にさまざまな事件があったのだ、ということがわかります。
これって、たかだか3年前なんですよね。改めてびっくり。
朝日新聞がつぶやき始めたことが、絶対に忘れてはならないこととして紹介されてます。
その自由なつぶやきっぷりが話題になったんだそうです。
ツイッターを楽しむための諸注意もあって、その中に
「ツイッターの3か条」というのが出てきます。

1 すべてを読もうとせず、適当に流す。
2 大切なことはリツイートで再び出会う
3 読み切れないと思ったら静かにアンフォロー

これは、フェイスブックなど、ますます情報が増えているいまこそ、
必須の条件なのでは、と思います。
最終章はツイッターの可能性について論じていますが、
ここで「ふむふむ」と思ったのは、
「ツイッターの巨大なログは、そのまま限りなくリアルタイムに近い情報のデータベース」
「ツイッターと比較した場合、グーグルには今
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
1年半前、twitterの面白さがよくわからないので、
なにが面白いのかと思い、買った本。
なにか新しい発見があるかなと思って再読してみたけど、
新しい発見はありませんでした。

この手の本は鮮度が命みたいな所がありますが、
発刊から1年ちょっと経った現在でも、
今からtwitterをやってみようという人には良いと思えました。
最初に思う???が自然に解消できると思います。

ちなみに今はtwitterは面白いと思えます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー