ツイステッド DTSスペシャル・エディション [D... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,276
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,300
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: トレジャーボックス
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ツイステッド DTSスペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.5 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,274 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,830 (69%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より土日祝日も発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオツイステッド(字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ツイステッド DTSスペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • 背徳の囁き [DVD]
総額: ¥2,274
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アシュレイ・ジャド, サミュエル・L.ジャクソン, アンディ・ガルシア
  • 監督: フィリップ・カウフマン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アスミック・エース
  • 発売日 2005/02/11
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006SLCKI
  • JAN: 4988126202453
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,285位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   サンフランシスコで次々と発見される男性の殺害死体。事件を担当するのは、市警の捜査官に就任したばかりのジェシカだ。やがて被害者に共通点が発見される。それは、彼らがすべてジェシカとベッドを供にした男だという事実だった…。自らが容疑者として疑われる捜査官という難役に、アシュレイ・ジャドが挑んだサスペンス。
 『羊たちの沈黙』あたりから、すっかり定番となった女性捜査官モノだが、本作のヒロインは、私生活の描写が斬新。現場では優秀な能力を発揮するが、夜な夜なバーで男を引っかけ、酒に溺れて記憶を失う。その自堕落ぶりが連続殺人と大きく関わっていき、「犯人は自分かも?」というスリルを生んでいく。周囲の男たちの怪しげな言動や、期待どおりのドンデン返しに至る物語もさることながら、観る者の脳裏に焼き付くのは、舞台となるサンフランシスコの風景。霧に包まれた美しいオープニングから、外野裏がすぐ海になっているジャイアンツ球場までが印象的に映像に収められている。監督は『存在の耐えられない軽さ』などのフィリップ・カウフマンだが、彼特有の、人間の奥深い心理への探究は、残念ながら本作では影を潜めている。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

2004年9月に全国劇場公開された「ツイステッド」を高音質で映像商品化。猟奇連続殺人に巻き込まれ、翻弄される女性捜査官を描いた殺人ミステリー。アシュレイ・ジャド、サミュエル・L・ジャクソンほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
サンフランシスコの夜の町並みや波止場や桟橋のある海の風景、連続殺人現場としては申し分なしのロケーションだ。
男漁りの女性刑事に関してキャスティング上の違和感もあるが、そこは「セクシー系+アクション系÷2=答え」としては及第点だと思う。
犯人が推理できるようなシーンを数多く盛り込んでいて、それでいてR15指定スレスレかつ視聴者にやさしいサスペンス入門編のドラマだと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TERIOS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/27
形式: DVD
サスペンスにおける「凡作」の教科書。

今まで一度もサスペンスやミステリーというジャンルの作品を見た事がない人以外は見るだけ時間の無駄。

過去に訳アリの主人公刑事(同僚や恋人が殺人鬼に殺され、それを救えなかった事がトラウマになっているとかが定番)。突如起こる連続殺人事件。何故か署内でやたら敵視されて孤立する主人公などなど、使い回された設定が目白押し。

アシュレイ・ジャッドも敏腕刑事という役どころの割には、何度も薬を盛られるマヌケ振り。今まで無かったような幻覚や幻聴、一時的な記憶喪失が出る地点で、「自分は多重人格者だったのか」とか非現実的なことを考える前に、まず「第三者による薬物混入」を疑うのがプロじゃないのか?いくら何でも血液検査をするのが遅すぎるよ。おまけに被害者全員が自分に関わりのあった人間なんだから、「そんな情報を知っている」+「自分に近寄れる人物」という段階で、怪しいヤツの見当つくじゃん(笑)。

そんな事だから、ラストに行く前にバレバレになってしまう真相にもう萎え萎え。サスペンスやミステリーとしての伏線の張り方や演出がお粗末すぎる。ドンデン返しがあれば良いってもんじゃないけど、無難なものを無難に作ってるよりも、何か一点でも良いから、独自の工夫やアイデアを取り入れようとする「志」が大事なんじゃないの、監督さん…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ROSE トップ1000レビュアー 投稿日 2014/10/12
形式: DVD
アシュレイジャッドという女優さん、1968年生まれ、97年のボーンコレクターから気になっていました。テレビのミッシイイングでは子供のために頑張るお母さん。とても、ノーブルな役も、この映画のような役も熟してくれます。とてもスリムで可愛いですが、怒らせると怖いというイメージでしょうか?
本作は、確かに脇役にガシット守られており、筋書き、展開もそれなりに良く出来ています。
ただ、ネタバレのようなところは隠せません、これは彼女のセイではありません。
最後の場面への展開は、少し無理だあるのを否めません。
桑港の風景がとても綺麗でした。
あの霧、大好きです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
幼い頃に、警官であった父が、母を殺害し、自殺したという
トラウマをもった主人公が、サンフランシスコの殺人課に
配属される。そのパートナー演じるのは、アンディ・ガルア。
彼女を子供の頃から面倒を見てきた、市警本部長に、
サミュエル・L・ジャクソン。くせのある脇役で固めました。
彼女は、同僚と関係を持つことをおそれ、街で知り合った男を
関係をもち、家では酒を飲み、両親の事件の写真をみたりする、
トラウマをもち、不安な心理をもつ。
そんな彼女が、酒場で知り合って関係をもった男が、次々と
殺され、連続殺人事件になる。犯人は彼女なのか?
『ライト・スタッフ』『存在の耐えられない軽さ』の
フィリップ・カウフマン監督。カウフマンも落ちたものです。
サスペンスですが、大して特徴もなく、演出の目新しさもありません。
つまり「真犯人は誰か」という、そういうお話。
火サスとか、ミステリー映画・ドラマがお好きな方には、面白い
のでしょうから、どうぞ。
サンフランの色々な景色が楽しめます。ただ、それだけです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 無理矢理感満載のストーリー&キャラクターを

 俳優・女優陣の個性と音楽によって補おうとする光景が

 ある種の感動を呼び起こす作品であります。

 まさに「映画の総合芸術性」を示す作品の一つであると

 言えるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
監督は、好き!
良い映像です。

脇を固める、ジャクソンとガルシア、
良い演技です。

ではどうして、
高評価にならないのか?
それは、主役の設定に難があるからです。
脚本が、ダメですね。

ポリス・サスペンスなのに、
主人公が共感出来ない設定なので、
どんなに伏線引かれても、
なぞときに、ハラハラしないんです。

見終わって、
「何だかな〜」ってのが感想です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー