通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6129_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫) 文庫 – 2007/2/24

5つ星のうち 4.5 77件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)
  • +
  • 恋愛中毒 (角川文庫)
  • +
  • ナラタージュ (角川文庫)
総額: ¥2,088
ポイントの合計: 44pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

恋愛小説の金字塔、待望の文庫化!!
地方の小さな町で彼に出逢った。ただ、出逢っただけだった。雨の日の、小さな事件が起きるまでは。渾身の思いを込めて恋の極みを描ききった、最強の恋愛文学。

内容(「BOOK」データベースより)

地方。小さな町。閉鎖的なあの空気。班。体育館の裏。制服。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々―。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人達へ贈る、かつてなかったピュアロマン。恋とは、「堕ちる」もの。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 540ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2007/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041835143
  • ISBN-13: 978-4041835142
  • 発売日: 2007/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,679位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Z? VINE メンバー 投稿日 2007/4/17
形式: 文庫
姫野カオルコによる直木賞候補にもなった恋愛小説。
正しくは「恋愛群像劇」とも言える。

舞台は人口4万人の町。
中学生の隼子と教師の河村。
そしてそれを取り巻く実に多くの人間が織り成すストーリー。

本作最大の魅力はその数多い登場人物の個性だろう。
思春期特有の微妙な心理の複雑さや陰湿さが、実に細かく、丁寧に描かれている。
生き生きと、伸び伸びと、時に鬱々と。
しかし彼ら脇役の個性が主人公二人を損なう事は決してない。
緻密な脇役というディティールを丁寧に確実に積み上げることによって、
むしろより主人公を引き立て、且つストーリーの重みと厚みを増す役割を見事に果たしている。
ラストが爽快な恋愛小説の傑作。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
さすがとしか言いようの無い作品。
冒頭からぐんぐんと引き込まれ、寝食も忘れて読みふけっていた。
物語中盤にさしかかる、準子と河村の最後の逢瀬のあたりから、私は読み進めることを躊躇しはじめた。
巧みな心理描写に圧巻され、一行読むことにハッとさせられるほどだった。
準子と河村がどうなるのか知りたい、早く先が読みたい。
姫野カオルコなら、絶対に期待を裏切らない展開を用意してくれるはずだ。
でも、こんなにも意地汚くて、俗物的で、いやらしくて、幼稚で、最高に魅力的で最高に甘い物語が終わってしまうことが切なくてしかたなかった。
その文字の一つ一つをなぞるように、ゆっくり、ゆっくりと読み進めていった。

たかが恋愛小説でこんなにも気持ちが昂ぶるとは思ってもみなかった。
準子と河村の最後の逢瀬のような経験が、自分自身にもあったからかもしれない。
モンブランのように甘くやわらかな唇に、胸焼けを起こした夜が。

もう大人だから・・・
そう割り切って、義務のような、打算だらけでカタチだけの恋愛をしていませんか?
もう一度、溺れるように恋に堕ちたい。そう思わせてくれた作品。
傑作!!
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 過激な恋愛小説である。主人公の女子中学生と教師との恋愛が物語の中心なのだが、それを取り巻く人々の群像劇でもある。そして、小学2年から中学を卒業するまでの彼らと、それから19年経った大人の彼らを、530頁にも渡って描く成長物語でもある。
 齢を重ねるほどに恋愛は着衣を纏っていくから、その輪郭はぼやけてしまう。一方、中学生の性愛はもっと激しく剥き出しだ。だからこそ、中学生の性愛に焦点を当てれば、自ずと男女の恋愛の原点に立ち戻ることが可能なのである。作者はその剥き出しの性愛を赤裸々に描き出す。だから本作は口当たりの良い恋愛ロマンスとは懸隔している。露悪的なアプローチで恋愛の本質に迫ることで、寧ろその美しさを際立たせている。そこがこの作品が凡百の恋愛小説と一線を画す所以なのである。ならばその本質とは何か。それは恋とはただ落ちるものだという一点にある。理不尽なツイラクだからこそ、潔くて美しいのだ。
 然しながら、僕は姫野カオルコの文体が苦手である。熟れていないのだ。姫野氏のスタイルは単に僕の好みに合わないだけなのかもしれない。しかし、直後に読んだ浅田次郎が文章の達人だと感じられたことも事実である。読み応えのある作品なだけに、この内容で窪美澄が書いていたら大傑作になったのではないか、などとくだらないことを想像してしまった。作品からその作者の文体を切り離すことなど出来る筈もない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
甘く、切なく、残酷で。

懐かしい、と思っちゃった時点でオッサンになった実感が。

子供以上、オトナ以下な時期って誰もが引きずるモノなんでしょうかね。。。

真っ直ぐに物事を見られなくなってきた30代にお勧めです。

帰りたくても帰れない「あの時代」をちょっとだけ思い出せるから。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 なぜこれまで小学生から中学生にかけての時期を主体的に描いた恋愛小説がなかったのだろう。この小説はまさにコロンブスの卵。しかも、そうした構造上のアイデアだけでなく、ディテールの細かさ、筆の勢いなど、「姫野カオルコ」はこれまでにまったく体験したことのない才能である。小中学生の頃にこそホンモノの恋愛があったという共感は世代を問わないだろう。著者があえて時代背景を特定するような固有名詞を使っていないのもそうした配慮なのだと思う。小中学生の恋愛は世代的なものではなく普遍的なものだ。誰もがこの小説に描かれる小中学生時代のエピソードに類似した想い出を持つはずである。著者の設定上のもうひとつの工夫は舞台を「田舎」に置いたことだ。これも地域を特定していない点は、時代と同様の配慮だと思うが、田舎は都市に比べて社会的な制約、抑圧がある分“燃えやすい”。小中学生の恋も急進的になるのだ。戦後の文学は、社会のモラトリアム化と呼応して高校、大学、社会人…と間延びした恋愛、あるいは恋愛不在を描いてきた。しかも都市、東京やその郊外を舞台にした小説がメインストリームだった。「ツ、イ、ラ、ク」は、そのすべてをひっくり返した点で画期的な恋愛小説である。この小説の素晴らしい点を挙げれば切りがないが、もう1点だけ述べるとすれば、“複層的な他者の視線”である。「AがBに気づいたことを、Cも気づいた」。文章としては1箇所しか出...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック