通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E9%96%8B%E7%99%BA%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E5%85%A5%E9%96%80+%7E%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E3%82%92%E5%86%86%E6%BB%91%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus) 単行本(ソフトカバー) – 2014/4/16

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,894
¥ 2,894 ¥ 1,896

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • 改訂新版Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)
総額: ¥8,790
ポイントの合計: 265pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書はサービスやアプリケーションを開発する企業において、複数の人たちでチームを組んで開発を進めていく際に必要な考え方や使用するツール、またそれらをうまく使いこなすためのノウハウをまとめています。本書の最初でうまく物事が進んでいない開発現場の一例を示し、その理由と対策についてまとめています。次にその対策に必要なツールである、バージョン管理、チケット管理、CI(継続的インテグレーション)、デプロイ、リグレッションテストの章を設け、その使い方と上手な運用ノウハウなどについて現場での経験が豊富な著者がまとめています。

内容(「BOOK」データベースより)

継続的改善を実現するモダンな開発フロー。効率的なプロジェクトを支えるノウハウ。チーム開発に必要なツールの導入方法や使い方にフォーカスを当てながら、チーム開発の全体像を俯瞰的に説明。なぜそのツールを使うのか、なぜそのような使い方をするのかについて、現場でよく起きる問題を例示しながら解説した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2014/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774164283
  • ISBN-13: 978-4774164281
  • 発売日: 2014/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,388位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まずこの本は個人的に
・今新しい何かを手に入れたい若者が黒い歴史を読んで、今メインの仕事以外に何にフォーカスすべきかを考えて欲しい
・subversion+redmine+rsyncスクリプト展開を継続している企業のCTOの方々へ、今が環境移行タイミングです
・テストケースを工数の無駄と考えるすべての人へ。機能追加を頻繁に行うといつか爆弾が爆発する。だれか気づいて!
・フロントエンジニアは積極的にSelenium環境を作ってもらってひたすらテスト通すべき。

こんな気分になれる本です。
わかってるエンジニアが読むと「そうなる。ですよね~」的になるけど、歴史をしらない新人プログラマにはかなり刺さるはず。
読んだあとにシリーズ書籍を買ったり、ネットで色々調べて動かしてみることになるでしょう。

でも一番に読んでもらいたい人は下請け作業を投げる元締めの人です。環境をととえなかったり工数削減でテストコードをかかずのままにしてgitをsubversionの様にmergeするだけのツールで便利と思っている人はこれを読んで、今の開発手法を一度ちゃんと知ってもらいたいと思います

2015年版の増刷時には後半部分がそのときのトレンドなものになって第二版は出版されることを願っています。
電子書籍でバージョンアップ版だともう最高ですね。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ここ数年のチームでのソフトウェア開発トレンドについて解説している。
わかりやすかった。実際に導入できるかどうかは周りの環境にもよると思うが,参考になった。
細かいことについてはそこまで深くは書いていないので,何が問題で何が解決できるかざっと全体を知るのに役に立つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
表紙に「継続的改善を実現するモダンなワークフロー」として様々な用語が並んでいます。
 ・バージョン管理、チケット管理、CIなどのプラクティス
 ・git、GitHub、Jenkinsなどの具体的なツール

これらの用語を全て網羅的に把握していて、自社などでのシステム開発で活用している人には本書は必要ないでしょう。
バージョン管理やCIの必要性は十分に理解しているはずですし、gitやJenkinsにテーマを絞った本の方が読書の効率が良いはずです。
裏を返せば、これらの用語になじみが無く、総体として示されている開発スタイルが想像つかないような人にこそ本書を手にとって欲しいです。
おそらく、本書の2章の「ケーススタディ」を読むことで、自分たちの開発現場で起こっている問題を認識し、
それらが「継続的改善を実現するモダンなワークフロー」によって解決可能であることも理解できるはずです。

3章以降では、バージョン管理、チケット管理、CI、、、と順を追って技術的詳細が解説されるのですが、内容は詳細まで立ち入ってはいません。
その代わり、各項目毎に参考文献が豊富に示されているので、そちらを読んでねというのが本書のスタンスになっています。
このため、ページ数も少なくまとまっており、
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
筆者の池田さんはITコンサルからプログラマで現DeNAの人。
チーム開発というありきたりなタイトルで中身も教科書風を懸念したが、The state of arts超最新のバージョン管理、チケット管理、デプロイの自動化、自動テスト(リグレッションテスト)を、ソフトウェア開発現場に適用したら超便利になる、その適用方法の指南書。

冒頭は池田さん経験物語のデスマーチ開発現場の話。これが全く「あるある」の連続で、ホント思わず笑いにやつき盛り沢山。この共感れだけでもこの本が読むべき価値を提供している。それに対し即、ではデスマーチを起こさない理想的なプロジェクトとは、失敗を回避できる可能性を高くする秘訣を解説。

バージョン管理では、「管理できるものはすべてバージョン管理システムで管理すべき」と言い切るスタンスが貫かれ明快。RCS、CVS、Subversion、Git、そしてGitHubへ歴史紹介から、Gitに代表される分散バージョン管理が如何にデスマーチを救済してくれるか、ヒントがいっぱい。ちょっとGitHub信奉者?と思わせだが、それも全然嫌味や反感なく素直にGitHubが素晴らしいので当然。

次のチケット管理システムも珠玉の解説オンパレード。こちらもGitHub信奉感が前面だが問題なし。
プロジェクトがうま
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー