通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
チーム医療を成功させる10か条ー現場に学ぶチームメ... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 classicsjp
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【ページ折れ】なし【ヤケ・変色】なし【シミ】なし【書き込み】なし【側面汚れ】なし【表紙使用感】若干あり【におい】なし。注文確定後、1~2日で発送しております。土日祝日を挟む場合は出荷予定日以内の発送を行っております。発送は厚さ3cm以内の本であればゆうメールで発送いたします。ゆうメールでの発送の場合は追跡番号はございません。商品の配達は天気や交通状況、イベントなどにより遅れが生じる場合がございます。また、土日祝日の配達がない地域がございます。土日祝日に商品が不着の場合は管轄の郵便局が配達を行っていない可能性がございますので予めご了承くださいませ。万が一商品をご返品される場合は、当店の説明などの不備の場合は送料は当店が負担し返品後返金とさせていただきます。お客様都合の返品の場合は送料をご負担していただいております。商品についてのお問い合わせはメールでお願いいたします。その際に商品名またはAmazon独自の商品管理番号である「ASIN」をお知らせください
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

チーム医療を成功させる10か条ー現場に学ぶチームメンバーの心得 (日本語) 単行本 – 2013/6/26

5つ星のうち4.1 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/6/26
¥3,300
¥3,300 ¥650
お届け日: 12月4日 - 17日 詳細を見る
最も早いお届け日: 12月5日 土曜日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • チーム医療を成功させる10か条ー現場に学ぶチームメンバーの心得
  • +
  • 「チーム医療」とは何か―医療とケアに生かす社会学からのアプローチ
  • +
  • 多職種連携を高める チームマネジメントの知識とスキル
総額: ¥8,580
ポイントの合計: 85pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

◆下記書評が掲載されました◆

看護実践の科学 Vol.38 No.13(2013年12月号) Booksより

「チーム医療人」に最適のテキスト

書評者:陣田泰子(恩賜財団済生会横浜市南部病院)

今,医療・福祉の現場で一番使われている言葉が「チーム医療」であることは間違いない。日々の会話での使用頻度の高さもうかがい知れよう。昨今の学会誌・専門書籍などを開けば本テーマが目に入ってくるほどホットな話題である。
  古くて,なお新しいこのテーマが今なぜ再燃したのだろうか。本書の冒頭で著者が述べるように2009年,厚生労働省肝いりの「チーム医療の推進に関する検討会」の発足がその機であろう。しかし実際には1997年の入院計画書への医師以外のチームメンバーの記入,その後に続いた各種チームに点数化された診療報酬により政策誘導的に「チーム医療が推進させられた」のである。そのように誘導しなければ進んでいかなかったことに,この問題の深い根が見えてくる。
  表層をたどると簡単に映るこの問題を,そうはしなかったところに本書の特徴がある。「表と裏」「プラスとマイナス」,よいことばかりでないのが現実である。著者はジャーナリストとしての視点と方法論を用いて,その両面を探り,「どのようによいことに近づけていくか現場は模索している。時間的経過,プロセスを丁寧に取材し追跡する」。「その足跡をたどる仕事はメディアの役割と感じた」という著者の言葉にその姿勢が見て取れる。
  第1章「チーム医療の意義とチーム作りのポイント」では,チーム医療がなぜ今求められているのか,時代背景から記述されている。最初に読んだときは,ここが<山場>であり,後半に続くカギとなるので,もう少しページを割いてあればよいのに……と感じた(その後の感想は後述する)。
  第2章は「チーム医療を成功させる10か条―現場に学ぶチームメンバーの心得」である。それぞれの成功要因にふさわしい具体的な病院をあげながら説明しているところに著者の「取材力」が示されている。通常ならば10か条をあげ解説で終わらせてしまいかねないところを,現実を証拠として見せながら各チームの特徴を見抜き,10か条を導き出している。
  第5章は「チーム医療の課題―病院経営と患者参加」である。私が第1章で「現実はもう少し……」と思った部分が,実はここに表現されていた。
  各職種の専門性とスキルが整理された第6章「チームメンバーの専門性とスキル」は,「多職種協働」をテーマとした研修などの際に即,役立つ。すでに私は参考にさせていただいた。

内容(「BOOK」データベースより)

チーム医療は医療機関の経営や運営と大きく関連がある。チーム医療がうまく機能すると、医療の質が向上し、患者の信頼を得ることができ患者数が全体的に増える。その結果、病院経営に好影響をもたらす。メディカルスタッフもやりがいをもて、人材が活性化する。『がん闘病とコメディカル』に続く、「チーム医療とメディカルスタッフ」についての第2弾。

登録情報

  • 発売日 : 2013/6/26
  • 単行本 : 248ページ
  • ISBN-10 : 4521737072
  • ISBN-13 : 978-4521737072
  • 出版社 : 中山書店 (2013/6/26)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
6 件のグローバル評価
星5つ
56%
星4つ
21%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
23%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年12月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年9月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年12月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年6月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年8月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告