通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チーム・ブライアン 300点伝説 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■比較的状態良好な中古本です、帯付■Amazonからの発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

チーム・ブライアン 300点伝説 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/1

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チーム・ブライアン 300点伝説
  • +
  • フィギュアスケートファン通信18 (メディアックスMOOK)
  • +
  • Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.05~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦インタビュー「進化の方程式」(KAZIムック)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



フィギュアスケートLife Vol.9
羽生結弦 限界への挑戦ほか、「ユーリ!!! on ICE」特集も >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あの笑顔の理由、あの雄叫びの真相、あの激闘の舞台裏。
さらに異次元の未来へ!
名コーチが語る、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスの物語。

内容(「BOOK」データベースより)

あの笑顔の理由、あの雄叫びの真相、あの激闘の舞台裏。さらに異次元の未来へ!名コーチが語る、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスの物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062201186
  • ISBN-13: 978-4062201186
  • 発売日: 2017/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,293位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 gokuri トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
題名に「チームブライアン」とあるように、ブライアン=オーサーコーチと所属するクリケット=クラブのコーチングについての本です。したがって巻末にハビエル選手とオーサーコーチの対談が載るほかは選手のインタビュー等はありません。だからといって読むのを敬遠するのはあまりにももったいない。2014年の中国杯の時をはじめ、前作からの2年間に渡りサポートする側から見た羽生選手のエピソードがかなり詳しく載っているからです。
 自分の目指す理想ややりたいことがはっきりしている羽生選手については基本「待ち」の姿勢で接し、しかし緊急時の救護体制の提案をISUに行うなど選手の手に余ることは筋を通すオーサーコーチ。唯一口を出したのがいわゆる「トータルパッケージ」問題ですが、これもコーチの指導に従わないからというよりも「プログラム前半の高難度ジャンプに力を使って疲れた状態で後半にクワドを跳べば大けがに繋がる」との懸念があったからのようです。なぜ振り付け師はウィルソン氏ではなくシェイリーン氏なのか。羽生選手の理想と夢実現のためにサポートに回るクリケットクラブの様子が分かります。
 一方ハビエル選手については細かく指示しています。彼は徹底的に受動型の才能なんだなと思いました。自我を主張するよりもなんでも受け入れる、なるほどこれも才能です。本当に正反対の二人の様子がわかって興味深かったです。
...続きを読む ›
コメント 201人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 多国籍の選手を抱える組織の責任者として、またコーチとしてオーサー氏が何を感じ、どんな信念を持っているか丁寧に述べてあり、読み応えがあります。自らのスケート人生やキム・ヨナにも章が割かれていた前作に比べると、やや単調ですが。当然、ソチオリンピック後の2年半に記述は集中しているので、羽生君への言及は前作より増えていると思います。対談は今回ハビエルとでしたが、前作より分量が少なく内容も浅いように感じました。
 さて、羽生ファンとして最も気になったのは、昨春のボストンワールドをオーサー氏がどのように述べているかです。しかし、正直がっかりしました。今回もハビエルのケガは強調していても、ショートの後で羽生君の元々痛めていた左足が腫れ上がったことは全く述べられていないからです。このことはワールド後ANA監督の城田氏が明かし、羽生君本人もインタービューで答えていたことなので、本人の名誉のためにも述べて頂きたかった。外部から窺い知れない理由があるのかもしれません。しかし、羽生君がワールドで調子を落とすことを、この本でも「ピーキングの失敗」で片付けられているのは腑に落ちません。
 スケートカナダの後で話し合いをして、練習の質が良くなったことは羽生君本人もマスコミに公開していましたね。ピョンチャンオリンピックまで、オーサー氏と羽生君が上手くコミュニケーションを取り、練習に打ち込める環境を与えられるよう願っています。
コメント 167人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
指導書としては素晴らしい本だと思います。
ですが羽生選手のファンを読者層として売り出すのなら、やはり絶対に避けては通れないのは昨年のボストンワールドでの出来事ではないでしょうか?
様々なトラブルがあったと書かれてあり、今更ながら彼が置かれていた状況が余りにも過酷なものだったと知ることができました。どれ程悔しく苦しい大会だったのかと胸が痛みます。
だからこそ、コーチとしていったいどんなサポートをしたのか。腫れ上がるほど足を痛めていたことは知っていたのか、それとも気づいてもなかったのか。
平常心でない彼にどのような言葉をかけ、アドバイスしたのかなど。肝心なことは何も書かれてはいません。
ハビへのサポートについてはかなり詳細に書かれてますが、ファンが知りたいのはそこではないんです。
何故、大事なときに羽生選手を放り出していたかということです。そうではなく、外野が知らないところで実際は手厚くフォローしてくれてたのなら、そのことこそを聞きたいのです。
試合のあと傷心の彼になんと言葉をかけてくれたのか…など、知りたいことは沢山あります。
中国杯のアクシデントについては 自分の発した言葉も詳細に書いているところをみると、もしかして本当に怪我の悪化も知らず、大会期間中 事実上サポートを放り出し、試合のあともどれ程酷い状
...続きを読む ›
コメント 173人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前作のより羽生成分は低めですが、2014年から今までのいろんな出来事の舞台裏が書かれていて読み応えあります。オーサーコーチの4回転ジャンプの考え方や新採点方式への取り組みがとても興味深い。クリケット組がなぜ高得点をたたき出せるのか納得しました。これは羽生ファンだけでなく新採点方式に疑問を持つフィギュアファンの方々にもお勧めできます。
オーサーコーチの選手を見る目の温かさとコーチとしての有能さが分かり、改めて羽生選手は良い環境に身を置いてるのだなと安心しました。
出来ればこんな中途半端な時期ではなく今季のワールドが終了した後にワールドの話も含めて取材して出して欲しかった。それとタイトル、センス悪すぎです…内容はいいのにもったいない。この2点に星マイナス1個です。
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー