中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) 文庫 – 2007/11/10

5つ星のうち 3.8 126件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第4回(2005年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞

内容紹介

第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、一気に28万部突破のベストセラー入りを果たした大人気メディカル・エンターテインメントが、ついに文庫化です。東城大学医学部付属病院の有能な心臓手術チームに起こった、連続術中死の謎を追う医療ミステリー。万年講師の窓際医師・田口公平と、厚生労働省からやってきた変人役人・白鳥敬輔の掛け合いが圧倒的に面白いと大評判になりました。脇を固めるキャラクターも個性派ばかり。コミカルなやりとりと、リアルな医療現場の描写は、現役医師である著者にしか描くことができません。新作を次々に発表し、人気作家としての地位を確立しつつある著者・海堂尊の原点が、このデビュー作に詰まっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 宝島社; 第5版 (2007/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796661611
  • ISBN-13: 978-4796661614
  • 発売日: 2007/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 126件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 285,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
死後の画像診断(Autopsy Imaging)を推奨する海堂尊さんの立場が明確に表れている作品です。ネタバレになるので自重しますが、医療関係者の立場から言われると、あの薬を投与して患者を死に至らしめることはあり得ないですし、たとえその様な事が行われていてもバチスタ術後に心拍再開がされないということも考えにくいです。その様な意味で医療の現実とはほど遠く、リアリティを感じられませんでした。むしろAutopsy Imagingのプロパガンダのような映画で、あまり良い印象は持ちませんでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現実味が薄いキャラクターが出てくるといった感はあるが、昨今の事件等の犯人や関係者の報道を見るに、「こんなのも居るのかも」と思ってしまう。
ストーリー自体はそれなりのスピード感もあるので、私にはそれなりに面白く読めました。

ただ、このページ数で何故、上下(文庫本)になるの?
出版社のイヤな商売っ気を感じてしまい、幻滅感あり。
で、星1つマイナスになっちゃいました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
医療現場をミステリー小説にした、という設定だけでとびついた。ストーリーは意外な展開をはらみつつスピード感にあふれ、ぐいぐい読ませる。面白い。専門用語も苦にならない。しかし、なんでこの薄さで上下巻にわけるわけ?それで評価が悪くなりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
デビュー作であり大ヒット作。
医療現場の描写がリアル、登場人物のキャラクター設定がメリハリがあって読みやすい。

バチスタ手術の天才チームに原因不明の連続する手術失敗。
医療ミスなのか殺人事件なのか。殺人だとすれば誰が……。

上下巻ともに250ページほどなので、上巻だけなら1日で一気に読めます。
そして一気に下巻も手にするでしょう。

とにかく読みやすく面白かったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
7、8年前に本屋で「このミステリーがすごい大賞」と平積みされていて、そこまで期待せずに手にした本で、今までにないミステリーに興奮して一気に読んでしまいました。
患者の愚痴を聞く、不定愁訴外来(愚痴外来)の田口、藤原看護師、兵藤、狸の高階院長など、濃い個性的なキャラクターにノックアウト!
前半は、バチスタチームのメンバーに聞き取り調査するのが中心。後半になると、一気に風向きがかわるというか、ロジカルモンスターがすごい!このめちゃくちゃなキャラクターはモデルが存在するのか!?と思うほど(笑)
お医者さんが書いている小説なので、医療現場のリアルな問題なども織り交ぜられて、新鮮でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現代医療を舞台として、
変わりものの探偵役と、人が良い相方が挑む医療ミステリー!
これだけで、期待がどんどん膨らんでいきます。
ドラマに映画に大ヒットした原作です。

原作自体も、面白くスラスラ読めてしまいます。
専門知識がなくてもフォローもしっかりあり、ミステリーも納得の出来。
現職医師ならではの視点で、魅力的なキャラクターがストーリーを盛り上げてくれます。
白鳥さんは、ドラマのイメージで見てはいけないけれど、十分に魅力的なキャラです。
是非、お勧めの一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
医療現場がテーマの推理、ミステリーといったところか。登場人物それぞれに個性はあるが、医者としての現実性はあまり感じられない。そしてチームバチスタメンバーの個性という伏線は、最終的な結末にあまり関与していない感があり、単純明快すぎたか。
医療現場の細部より、現実問題を追及した結果故の結末といった感じか。
それでも愚痴外来の田口と役人白鳥のコンビのやりとりは漫才のボケとツッコミのような息の合ったやりとりで、読んでいて爽快である。
桐生という医者は、医者としてのあるべき姿を教えてくれる。なにより患者からの信頼がなければ、医療は成り立たない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ミステリーを多く読まないタイプの人間としては、謎解きがどうであるとか、キャラ立ちがどうであるとかということはあまり興味がありません。
問題は、この作品における犯人の動機づけです。
筆者自身が医師であるだけに、この犯罪の動機づけは非常にリアルです。同じことを行動化しようという医療者はほとんどいないでしょうが、自分の今ある心理の延長線上にこのような狂気が存在することがうすぼんやりとみえてしまい、背筋がぞっとした医療者は多いのではないでしょうか。
医療者とはストレスフルな職業です。エンターテイメントの体は取っていてもこの小説はその肝心な点をおろそかにはしていない。かなり誇張された感は否めませんが、社会において一見強者のようにみえる医療者が死の前においてはいかに無力であるかを読み取れる作品だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー