通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チーズはどこへ消えた? がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チーズはどこへ消えた? 単行本 – 2000/11/27

5つ星のうち 3.7 320件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 895 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チーズはどこへ消えた?
  • +
  • 仕事は楽しいかね?
  • +
  • 仕事は楽しいかね? 2
総額: ¥3,713
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

この小さな本が世界のビジネスマンを変えてゆく!
迷路のなかに住む、2匹のネズミと2人の小人。彼らは迷路をさまよった末、チーズを発見する。チーズは、ただの食べ物ではなく、人生において私たちが追い求めるもののシンボルである。
ところがある日、そのチーズが消えた! ネズミたちは、本能のままにすぐさま新しいチーズを探しに飛び出していく。ところが小人たちは、チーズが戻って来るかも知れないと無駄な期待をかけ、現状分析にうつつを抜かすばかり。しかし、やがて一人が新しいチーズを探しに旅立つ決心を…。
IBM、アップル・コンピュータ、メルセデス・ベンツ等、トップ企業が次々と社員教育に採用。単純なストーリーに託して、状況の変化にいかに対応すべきかを説き、各国でベストセラーとなった注目の書。880円でアナタの人生は確実に変わる!

内容(「BOOK」データベースより)

世界のトップ企業が研修テキストに使用する1999年度全米ビジネス書ベストセラー第1位の翻訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 96ページ
  • 出版社: 扶桑社; 21刷版 (2000/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459403019X
  • ISBN-13: 978-4594030193
  • 発売日: 2000/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 320件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
明治時代くらいに田舎のランプ店でランプをずっと売り続けていた男が、
やがて電灯の登場でランプが必要とされなくなってきて、最後には意を決して
自分の店のランプを叩き割って全て捨ててしまう・・

そういうストーリーが日本にもあります。
男は店を本屋に変えてその余生を幸せに暮らした・・というのがオチです。
著作権は切れているので「おじいさんのランプ」で調べると
ネットで無償で読むことも出来ます。

チーズはどこへ消えた?はそれに良く似た話です。

要はこの本の物語を一言で表すなら

「先行きの無いことにいつまでもしがみ付かず、新しい一歩を踏み出せ!」

です。買って良かったかどうか、といえば良かったと思いますが、
今更そういうことを言われなくても深く心に刻まれている!という人には不要な本です。
私はそういうイメージがまだ薄かったので人生に生きしるべを与える本として役立ちました。
1 コメント 142人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TAKERU トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/3/26
形式: 単行本 Amazonで購入
 状況が悪化し問題が生じたら、その原因分析をしてもあまり意味がない。変化を感じ取り、次への行動を起こす
ことこそが大切だと本書は教えてくれる。そして、どうしても新しいことに踏み込めないのは、先を見通せないこと
に対する恐怖心があるからだ、と付け加える。
 さもありなん。個人でも組織でも、変化を捉えることの大切さはよく説かれる。対処法は、個人と組織では異なる
だろうが、恐怖心をどう除くか(或いは、和らげるか)が、より重要だとおもう。これについては、書かれていない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2人の小人と2匹のネズミが迷路を探検し、チーズという成功を探し求める物語をベースに
人生において柔軟に変化に対応する重要性が描かれている。

チーズを見つけた小人はそのチーズがなくなるはずがないと考え
ネズミはいつかなくなるだろう日に備えて再び探検の用意をしている。

いざ、チーズ(成功)が自分のもとから無くなったとき小人はぬるま湯に浸かり、だらけきった現状から抜け出すことができず。。。

この本からは、常に変化というのは起こることで、変化が起きた時に重い腰をすぐにあげ、楽な現状を捨て去ることが大事である
また日頃からその準備が必要である。ということを学びました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書のタイトルは聞いた事がありましたが、どんな内容の本かは知りませんでした。

私が感じた本書のメッセージは、「周囲の環境に変化が起きた時は、迷わず変化に適応しよう!またその変化を予測出来るように、注意深く観察しよう!」という事です。

自己啓発本やビジネス本も20〜30冊ほど読みましたが、ほとんどに本書と似たメッセージが含まれています。

お読みいただければ共感していただけると思いますが、「そんな頭ではわかっているけど、感情や過去の経験からなかなか行動を起こせない」というのが人間です。(もちろん全ての人ではありません)

でもやっぱり変化に対してすぐに行動を起こした人の方が望む結果を手に入れられる そんな内容が童話的に記してあります。

変化が怖くて一歩が踏み出せない時に読み返したい本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人間変わらない人はいない。なぜなら細胞レベルで人間は常に変わって行っているからです。
そして世の中も確実に変化して行きます。細胞レベルでも環境レベルでも人は変化して行くのです。この本は変化を恐れてはいけない事を伝えています。
しかし勘違いする人がいるかなっと思うのは『変化』は目的ではなく、手段であるという事です。例えば政治の構造改革が顕著なのですが、良いものを維持するための変化ではなく、良いか悪いかわからないが変えようっという類のものです。
そうではないのです。世界は変化するし国民も世代とともに変わっている。その中で伝統・国体など大事にしなければいけない物を守るために変化しなければならないのです。そういう意味でこの本は保守思想とも繋がる考えだと思います。
すごく良い本だと思いますが大多数の日本人は、そうだ!変わらなきゃいけないんだ!改革だ!って走る人が多いと思うので星4つとしました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック