中古品
¥ 95
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆除菌、クリーニング済み。◆【初版・帯付】若干使用感有り。状態は並です。◆年中無休で迅速、丁寧、確実な発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チンチン電車と女学生 単行本 – 2005/7

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 95
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

 原爆被爆から60年がたちました。被爆から生き残った路面電車が4両,まだ現役で広島市内を走っていることを知っている人はどれだけいますか? 被爆の瞬間も,チンチン電車の運転士や車掌の多くが14歳から17歳の少女たちだったということを知っている人はいますか? どうして少女たちがチンチン電車を運転していたのでしょうか。原爆が投下されて彼女たちはどうなったのでしょうか。
 日本の敗色が濃くなった1943年春に開校し,被爆を経て45年秋に廃校となった広島電鉄家政女学校に,少女たちは学び,働いていました。被爆で学校は全焼し,廃校後は資料も失われ,学校は「幻の女学校」といわれていました。
 本書は,チンチン電車の運転士・車掌として働いた女学生たちの証言を掘り起こし,彼女たちの青春,そして生と死を,はじめてまとめたものです。

内容(「BOOK」データベースより)

男たちは戦場へ行った。少女たちがチンチン電車を運転した。そして8月6日の朝がやってきた。いまよみがえる「チンチン電車被爆秘話」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 251ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2005/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4535584257
  • ISBN-13: 978-4535584259
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 708,419位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
~ まもなく広島や長崎の原爆投下の日からも60年が経とうとしているが、首都圏で日々の生活にかまけていると、これらの出来事も遠い異国の昔話のように思われてきてしまう。
 本書は、そんな日常を送るわたしのような人間に対し、戦争と被爆を経験した当事者のエピソードを通じて、日本が経験した戦争を見つめ直すきっかけを与えようとするものであった。
 ~~戦時中、広島電鉄では、運転士や車掌などの鉄道業務は、それまで担ってきた男性が戦地へ赴くことによって女性がすることとなった。同社は働きながら学べる場として広島電鉄家政女学校を開校し、進学困難な年端もいかない10代の女性を労働力として確保したのであった。
 とはいうものの、このような一種非難をともなう評し方はあまり妥当ではないのかもしれな~~い。
 本書であらわされた、当時女学生であった彼女達は、進学の夢を果たしつつ、当時の軍国主義のイデオロギーから逸脱することなく、「お国のため」になることを喜びとしていたと読み取ることもできるのであるから。
 そう、本書は露骨に「戦争反対」のスローガンを掲げているものではない。また当時の女性の地位の低さに対して声高に異議を唱えるもの~~でもない。
 むしろこれらの政治的な立場に積極的に関わらず、当時の記録や生存している女学生のエピソードを丁寧に追うという手
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
広島出身である私。何気なく乗っていたチンチン電車に、このような秘話があったことを初めて知った。
原爆投下という、想像を超える悲劇は平和な現代に生きる我々には非日常的にさえ思える。しかし、そこに戦争のためできた女学校と、チンチン電車に乗務していた女学生の姿を想像するに、戦後生まれの私にとっても、あまりにリアルである。であるからこそ8月6日の現実がいかほどのものであったか、戦争がどういうものであったかを実感出来るというものであろう。その女学生らは、すでに歳をとり、そして、その記憶が薄れようとしていることに強い危機感を感じざるを得ない。こうして、忘れ去られようとしていた事実を掘り起こし、記録することは大きな意味をもつ。そして、多くの人がこの本を読むことはさらに意味のあることであろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当時14,5歳だった女の子たちの稀有な体験は、ある人には古き良き思い出であっても、
ある人にとっては心の中にそっとしまっておきたい記憶でもあった。
でも、広島でテレビ報道記者をしていた堀川さんの「女学生たちがチンチン電車に乗務したという事実を埋もれさせたくない」という熱意が、
70歳代にさしかかった元女学生たちの心の扉を少しづつ開いていった。

広島電鉄家政女学校に通い車掌や運転士を体験したFさんは、電車を運転中に1945年8月6日午前8時15分を迎えた。
車体が盾となったのか、幸い目立った傷はなかった。
でも、堀川さんとの出会いがなければ、体験を他人に伝える決意に至らなかったかもしれない。

…Fさんは原爆投下後の混乱のなか、はからずも一人で故郷に帰ることになり、被災した級友の看護にあたれなかった。
「私ら、生きとるということが、亡くなられた人に対して申し訳ない。私一人も救護してないでしょ。…
でもね。家政女学校のみんながね、死んだ人を看たって言われたら、ものすごい胸が痛みますよね。…
広島が好きだったから、みなさんが頑張られたのに、私は何もしなかったという引け目はありますよ、今でも。
どんな事情で帰ってもね。…」
「年寄りがと思われるかもし
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告