チョコレート [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チョコレート [DVD]

5つ星のうち 4.2 68件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,900 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ちゃがま堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,549より 中古品の出品:18¥ 293より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でチョコレート(字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • チョコレート [DVD]
  • +
  • 硝子の塔 日本未公開ノーカット版 [DVD]
総額: ¥5,827
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ハル・ベリー, ビリー・ボブ・ソーントン, ヒース・レジャー, ピーター・ボイル
  • 監督: マーク・フォスター
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 日活
  • 発売日 2003/02/21
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 68件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006G2P2
  • JAN: 4988103630477
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,049位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   保守的なアメリカ南部、ジョージア州のある町。黒人に偏見を持つ刑務所の看守ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)と、そこで処刑された死刑囚の妻だった黒人女性、レティシア(ハル・ベリー)が出会う。それぞれ息子を亡くした2人は、その穴を埋めるかのようにお互いを求め合い始めるが、レティシアは、ハンクこそ自分の夫の死刑を執行した男だと知らない…。
   一見メロドラマ風な筋書きであり、そういう見方も許してはいるが、“筋書きでは語られない奥深さ”のある映画である。甘い愛のおとぎ話の形を借りながら、これまでも、そしてこれからも連綿と続くであろう人間の偏狭さ、グロテスクさをも見せつける。「チョコレート」という邦題は決して悪くないが、原題である「MONSTER'S BALL」(怪物の舞踏会)という言葉がまた、何とも意味深だ。
   監督はスイス生まれの若手、マーク・フォスター。ミロ・アディカとウィル・ロコスによる、何重にも意味が張り巡らされた脚本は、第74回アカデミー賞オリジナル脚本賞にノミネートされた。またハル・ベリーはこの作品の演技で、同最優秀主演女優賞を受賞。黒人では初の快挙として、アカデミー賞の歴史に刻まれることになった。(安川正吾)

内容(「Oricon」データベースより)

黒人に対して偏見を持つ看守の男と囚人の妻である黒人の女性。二人は愛する者を失い、その喪失感を埋めるように互いに惹かれあっていく…。マーク・フォスター監督が贈る、大人のラブストーリー。出演はハル・ベリー、ビリー・ボブ・ソーントンほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
親子三代の監獄の刑務官。
おじいちゃんは、黒人差別者で筋金入り。
オヤジは、その影響を受けていた。このオヤジが、主人公。
息子は、反発しながら、軟弱だった。
息子は、僕を憎くて仕方がないんだろう。僕はお父さんを愛しているのに。
と言って、自殺をしてしまう。オヤジは 衝撃を受けて、刑務官をやめる。

ハルベリーは、死刑囚の妻だった。死刑執行の前に、息子と面会にいく。
息子は、ストレスから、甘いもの好きだった。
ハルベリーの夫は、オヤジに 死刑執行されるのだ。
息子は ひき逃げされる。そのとき オヤジが 通りすがるのだ。
そして、病院に連れて行くが、息子は死んでしまった。
その帰りに オヤジがハルベリーを送っていくことで
喪失感が 二人を急速に結びつける。
オヤジは、ハルベリーの夫を死刑執行したことを いえなかった。
オヤジの父親は ハルベリーを 黒人と言って、キタナイ言葉をかける。
オヤジは そんな父親を 養老院にいれて、ハルベリーを迎えるのだが。
ハルベリーは、オヤジが 死刑執行したことを知る。
夜空に 星がいっぱいあるテラスで 二人は チョコレートをなめる。
実に、意味深長な 終り方なのだ。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/2
形式: DVD
鑑賞中、始終重圧感を感じていた気がします。
気持ちのすれ違い、誤解を解くことに対するあきらめ、自分と同じコンプレックスを持つものを目の当たりにする苛立ち。
そんなものが静かに渦巻いている作品でした。
チョコレート・フレイバーのアイスクリームをひとり静かに味わうハンク。
彼のかたくなな心が、チョコレート色の肌を持つレティシアによってほぐされてゆく。
ひとがひとを受け容れ、理解し、いたわる。
数少ないそういう場面で、温かさを感じ、息をつけました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
ディープな作品でした。見ても絶対損はないと思います。
二人(ビリーボブとハル・ベリー)の精神的寂しさを説明する描写が少し足りなかったと思いますが、逆に見る人に想像させるように作られてるのかも知れません。
セックス描写は確かに過激ですが、初めてのセックスと2度目のセックスとで、お互いの気持ちの違いが見られて、あそこは必見だと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
この映画最大の収穫は主役2人にビリー・ボブとハル・ベリーを得たことだと思います。ハル・ベリーの類いまれな魅力と渾身の演技、体当たりの熱演だったと思います。ビリー・ボブの圧倒的な存在感にも唸らされます。地味な映画ですが、この2人によって映画が胸に迫るものになりました。
ビリー・ボブは前半部分では冷酷で非情に思える男の顔が、息子の自殺をきっかけに一転して弱弱しさをさらけ出していく、その対比が切なかったです。「自分の殻を破ろうとしてもそれが出来ないもどかしさ」というセリフが泣けます。
しかし最大の見せ場はラスト、不思議な静けさのあるシーンでした。肖像画を見て真実を知り激しく揺らいでしまった彼女、どう彼と対峙するのかドキドキしながら見つめてしまいました。呵責の情を懸命に克服しようと戦っている様子がハルによって見事に表現されていました。アイスクリームを食べさせてもらった時の絶妙の表情は忘れられません。そこで一緒に真実も飲み込んでしまったかのように思えます。
いつまでも余韻を残すラストでした。2人の未来にはほんのりと、明るい灯火が見える・・・そう思いたい私です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
主人公の男が好んで食べていたのは、チョコレートアイスだった。
店で食べる時もプラスチックのスプーンをあえて所望して。
これは、多分母親の愛情を彼はいつも欲していたのかな?
と勝手に想像してしまうシーン。
その彼が自分を愛してくれた息子を、自分の一言で自殺に追い込んでしまう。
これは差別という闇の中で育った主人公の再生の物語。
セックスシーンも彼の生き様の変化の象徴として重要な役割をしていて、
無駄なシーンは無い。
息子役のヒース・レジャーのあまりにも切なすぎる名演技によって、
悲しみが最後までひたひた沈み続けて行く。
行間を自分なりに読みながら、少しずつ物語を感じていく、
そんな作品。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。bluetooth ヘッドホン