通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクシ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2) 単行本 – 2005/4/30

5つ星のうち 3.3 98件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,000 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)
  • +
  • ガラスの大エレベーター (ロアルド・ダールコレクション 5)
  • +
  • マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 92pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

チャーリーが住んでいる町には、世界一のチョコレート工場がある。

だれもそこで働く人を見たことがないナゾの工場だ。そこへ五人の

子どもたちが招待されるというので大騒動! さあ、何が起こるのか?!

奇抜な発想が楽しい大人気の物語が、新装版で登場。『ユリシーズ』の

名訳で知られる柳瀬尚紀氏の新訳です。

内容(「BOOK」データベースより)

チャーリーが住んでいる町に、チョコレート工場がある。世界一広大で、世界一有名なワンカの工場。働く人たちの姿をだれも見たことがない、ナゾの工場!そこへ、五人の子供たちが招待されることになった。招待状の入ったチョコレートは、世界にたったの五枚。大騒ぎになったけれど、チャーリーには望みがない。貧しいチャーリーがチョコレートを口にするのは、一年に一度、誕生日に、一枚だけなのだから…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: 評論社 (2005/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4566014118
  • ISBN-13: 978-4566014114
  • 発売日: 2005/4/30
  • 梱包サイズ: 17 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 98件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,224位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この訳者には、この物語がまず「子どものためのおはなし」であるという認識が決定的に欠けている。
〈こんなに新しくて気の利いた訳〉をやってのけた俺ってどうよ? とでも言いたげな、大人の読者の目を意識した『斬新な言葉遊び』とやらにはうんざり。
当方は田村訳でじゅうぶん。これは読まなかったことにします。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
登場人物の名前がとんでもないことに!なんだこれ…って感じでした。
そのままの方がわかりやすいのに。それに訳者あとがきで以前の翻訳者
をけなしているような部分があったり、自信満々に語っているのがちょっとイラッとしました。映画のパンフレットにのっているコメントにもその自画自賛姿勢があらわれていて苦笑いしました。そういうことはどうぞチラシの裏にでも書いてください、と言いたいです。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学生の頃、図書の先生に勧められて初めて読みました。
あの時のドキドキ感は今でも忘れられなくて、
大人になってから久々に手に取りました。
その時のコレジャナイ感はとにかく半端なかったです。
好みは人それぞれだと思いますが、読めば読む程がっかり感に襲われて、私には最後まで読むことができませんでした。
そうしてこれはもう違う作品なんだと思うことにしました。
とにかく旧訳の再販を希望します。(もちろんイラストも)
そうして多くの人に旧訳の方を読んでもらいたいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
好きなアニメの「あひる」ってヒロインが海外で「鴨」になってた時のガッカリ感「あひる」は可愛いけど「鴨(ダック)」じゃあんまりだって思うのと同じように感じました。名前って「響き」のニュアンスも込みでつけていると思います。旧は読んでないので、懐古ではないですが名前の響きが違うのは残念。「千秋」を「1000autumn」って言うのと同じで、何でもそのまま訳せば良いってもんじゃないですよね?どうしても載せたかったら注釈を入れたら良いと思います。英語の勉強も出来るし。バケットは、ある程度成長してきたら意味分かります。子供をナメ過ぎでは?皮肉を成長と共に理解出来るようになるのが子供です。こういう意味だったんだって後から分かる楽しみ。児童書だから、そういう事も視野に入れて欲しかった。全部そのまま説明しちゃったら、海外の本を読む楽しみや思考力は育たない。映画のサントラ聴いても、やはり音の響き的にウンパルンパが良いと思います…文章力はあっても会話力がない日本人翻訳といったところでしょうか。児童書大好きか、キャラ好きかって言ったら違うんじゃないかな。だって、どや顔で「マウスは鼠だから」って「ミッキー鼠」と翻訳してるみたい。そしたら当然違和感を感じたり夢壊れる人もいると思うけどそれと一緒です。この辺を気にしない方には良い翻訳だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 単語のR VINE メンバー 投稿日 2005/9/11
形式: 単行本
私はロアルド・ダールのファンで、この本は原作の英文で読みました。この素晴らしい物語はダール作品の中でも5本の指に入る傑作です。
この作品がどう訳されているのか、楽しみにして読んだのですが…。
残念です。これはダール作品というよりも、柳瀬作品に近いかもしれません。
☆一つという評価は、翻訳に対してのものです。原作は☆5つでも足りないくらいです。
翻訳家の柳瀬氏は「フィネガンズ・ウェイク」の翻訳を始め、難易度の高い翻訳に次々に挑戦している有名翻訳家ですが、英文学者のプライドがそうさせてしまうのでしょうか、訳が理屈っぽくなり、ときには翻訳者の権限を大幅に越えてしまうことが多いように感じます。
テレビスキーやアゴストロングなんていうのはたかだか名前の問題だからどうでもいいだろうと思う方もいるかもしれませんが、ロアルド・ダールのファンとしては犯して欲しくない領域です。
自分の子供には、旧訳を手に入れて読ませたいと思います。
ロアルド・ダールのファンの方と昔の訳に馴染んでいた方にはオススメできません。
柳瀬氏のファンの方にはオススメできます。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
映画を見たことがなかったので、本の感想として言うとすごく楽しめました❗チャーリーは「バケツ」というファミリーネームなんですね😃他の子供たちの名前も笑える(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
下記で既に語られているように新訳がとてもよろしくないです。
ダールが生きていてこういう訳され方をしたらどう思うのでしょうか。これを最初に読んで変な印象がついてダールの作品がつまらないと誤解してしまうのは勿体ないことです。あまりオススメしません。
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー