通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクシ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2) 単行本 – 2005/4/30

5つ星のうち 3.3 96件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チョコレート工場の秘密 (ロアルド・ダールコレクション 2)
  • +
  • ガラスの大エレベーター (ロアルド・ダールコレクション 5)
  • +
  • マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

チャーリーが住んでいる町には、世界一のチョコレート工場がある。

だれもそこで働く人を見たことがないナゾの工場だ。そこへ五人の

子どもたちが招待されるというので大騒動! さあ、何が起こるのか?!

奇抜な発想が楽しい大人気の物語が、新装版で登場。『ユリシーズ』の

名訳で知られる柳瀬尚紀氏の新訳です。

内容(「BOOK」データベースより)

チャーリーが住んでいる町に、チョコレート工場がある。世界一広大で、世界一有名なワンカの工場。働く人たちの姿をだれも見たことがない、ナゾの工場!そこへ、五人の子供たちが招待されることになった。招待状の入ったチョコレートは、世界にたったの五枚。大騒ぎになったけれど、チャーリーには望みがない。貧しいチャーリーがチョコレートを口にするのは、一年に一度、誕生日に、一枚だけなのだから…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: 評論社 (2005/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4566014118
  • ISBN-13: 978-4566014114
  • 発売日: 2005/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 96件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,353位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
きわめて読後感の悪い翻訳者のあとがきです。翻訳論など、翻訳専門誌でやればよろしい。先人の努力に対して尊敬のカケラもなく、それどころか揶揄するようなあとがきは児童書にふさわしくありません。見識を疑います。
1 コメント 183人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原作は最高傑作なので、翻訳本に★ひとつの評価をするのは、

正直つらいし、悲しい。

訳者の主張が表に出すぎてるなあと思った。

原作が持つ「毒」の部分を表現したいのはわかるが、

他に表現を選べなかったものか首を傾げたくなる。

訳者のベタな表現のせいで広がりがなく、想像力が阻まれる。

日本語は表現豊かな言葉がたくさんあるのだから

「児童書」として想像力をかきたたせるような言葉を駆使して

原作に近い世界観を感じさせてほしかった。

あとがきで旧作の翻訳家批判をしているが、

これが本書の質を落とす一因となっている。

載せるべきではなかったと思う。
コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/8
形式: 単行本
私も翻訳者です。その立場から言わせてもらえば、新訳を出すのは旧訳のファンに嫌われるというリスクはあるものの、結局はじゃんけんの「あとだし」のようなもの。最初に翻訳する人間より圧倒的にラクなのです。旧訳を参考にしながら、あれこれ工夫を加えられますからね。ただ、名前の「ソルト(塩)」を「ショッパー」としたり、「ティーヴィー(TV)」を「テレビスキー」としたりするのは、翻訳家の内輪受けの悪ふざけとしてはおもしろいのですが、それを世間一般の子供たちに提示するのはいかがなものでしょうか。翻訳者の分をわきまえてほしいものです。
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/19
形式: 単行本
ちっちゃい頃夢中で読んだダールの本。
映画化の話を聞いてまた読みたくなりこれを手に取りました。
一行目から、あれ?こんな雰囲気だったろうかと首をかしげ…
訳者の方が変わってる事に気付き愕然としました。
例えばダールの魅力のひとつに、「おいしい描写」があります。
本当にウォンカ製のお菓子を口いっぱい頬張ったような、
読み終わった後チョコレートを買いに走りたくなるような、そんな素晴らしい表現です。
でも失礼ながら…この新訳ではそれすら薄っぺらい印象を受けました。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 caz19 投稿日 2005/9/23
形式: 単行本
原作では読んでいませんが、
田村訳を読んで育ったものとしてはとても悲しく思います。
多くの人が書いておられるように、翻訳がとても不愉快です。
更に後書きにいたっては、正視に耐えないと言いたいです。
本当によい書物は大人になっても心の中で生き続けます。
原作者がどんな意図で登場人物の名前をつけたか知った時
また、新しい楽しみがうまれるでしょう。
翻訳者の自己満足で読者の想像力の芽を摘みかねないとも思います。
イボダラーケなんて名前からどんな女の子を想像しますか?
30年の時を経て愛され続けている名著を
これほどまでに揶揄する自信がおありなら
今更「新訳」などともどかしいことをせずとも
自分の感性で新しい作品を発掘なさればよろしいと思います。
コメント 111人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gz VINE メンバー 投稿日 2005/10/16
形式: 単行本
人名の違いが、旧訳を読んできたものにとっては、違和感がある。
田村隆一氏による旧訳では、ベルーカ・サルトであったのが、
柳瀬尚紀氏による新訳では、イボダラーケ・ショッパーとなっている。
これらは、良心的に解釈すれば、
ベルーカは疣贅(いぼ)、
サルトはソルトつまり塩であり、
せっかく面白い名前がついているので、
子供にもわかりやすくしてあげるべきだという翻訳家としての親切心からと思われる。
しかし、たとえば、ドリトル先生は"do little"から取られた名前だからといって、
「やぶ」医者先生などと訳したら、やはりおかしいであろう。
「星の王子様」だって、原本どおり、「小さな王子様」と題した訳本の売れ行きは悪いそうだ。
先人の業績を、馬鹿にしてはやはりいけないのである。
翻訳者として、どうしても、ベルーカがいぼであるということを示したいのであれば、
訳注を初出のページに付ければいいのだ。それだけのことじゃないか。
田村氏は理解していたのだろうかなどという不遜な物言いといい、
柳瀬氏のやりすぎであったということは、否めない。
ちなみに、ベルーカとは足の裏の魚の目がどうのこうのというせりふが出てくるので、
田村氏はちゃ
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー