チョコレート・ファイター [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,174
通常配送無料 詳細
発売元: SEA LABO
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チョコレート・ファイター [DVD]

5つ星のうち 4.2 86件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,834より 中古品の出品:8¥ 1,679より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • チョコレート・ファイター [DVD]
  • +
  • チョコレート・ソルジャー RAGING PHOENIX [DVD]
  • +
  • チョコレート・ガール バッド・アス!! スペシャル・プライス [DVD]
総額: ¥7,277
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ", ジージャー", ヤーニン・ウィサミタナン, 阿部寛
  • 監督: ブラッチャーヤー・ピンゲーオ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2009/09/18
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 86件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002GV6VVS
  • EAN: 4988104051714
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,268位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

『マッハ!』監督作!この蹴りに世界がひれ伏す!!!史上最強美少女誕生!
スタントなし!アドレナリン爆裂のノンストップ生傷アクション!

初回生産分限定:スペシャル★アウターケース付
【特典映像】来日インタビュー(ピンゲーオ監督・ジージャー・阿部寛)/メイキング/日本語予告編/オリジナル予告編(予定)

2008年/カラー/本編約92分+特典映像/ビスタサイズ/音声1オリジナル5.1chドルビーデジタルサラウンド 2日本語吹替2.0chドルビーデジタルステレオ/字幕)1日本語 2日本語吹替用吹替

●『マッハ!』『トム・ヤム・クン!』の監督とアクション監督が放つアクション・スペクタクル!
『マッハ!』で世界中をムエタイ・アクション・ムービーの虜にしたプラッチャヤー・ピンゲーオ監督の入魂のハリウッドではありえない、スタントなしの危険で過激ば全く新しいアクション快作!

●1460日の修行を経て、アクションの新たなる継承者、最強美少女スター誕生!
アイドル並みの美貌とルックスで本格的アクションを披露するのは、これがスクリーンデビューとなる少女“ジージャー”。テコンドーの選手だった彼女は、ケタ外れの身体能力を見出され、4年の歳月をこの映画のために費やし猛特訓!カンフーやムエタイを取り入れた、瞬発力と柔軟性をすべて兼ね備えた神技のごとき度肝を抜くアクションに圧倒されること間違いなし!ケガと闘いながら身体を張ってノースタント・ノーワイヤーアクションに挑んだ姿は世界中で感動を呼び、アジアンフィルムアワード09新人賞にノミネートされるなど高い評価!ブルース・リーのごとく吼え、ジャッキー・チェンのように高所で戦い、ジェット・リーのように華麗に舞う・・・アクションの新たなる継承者をその目で目撃せよ!

●阿部寛タイ映画デビュー!
父親役で阿部寛が出演。妻と娘とを命がけで守る日本人ヤクザを熱演!本格的武術を披露し、ワールドワイドに話題を呼んでいる。

内容(「Oricon」データベースより)

『マッハ!』のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督作品!史上最強美少女が活躍するアドレナリン爆裂のノンストップ生傷アクション!ジージャー、阿部寛ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 にゃんじゅ 投稿日 2010/5/22
Amazonで購入
はい、大傑作です。
ジージャー、素晴らしいです。アクションも文句なしですが、トニー・ジャーと比較したりするヒトもいるかもしれませんね。
わたしはジージャーが筋骨隆々になったらイヤです。爽快さや重厚さなどなど、アクション以前のプラットホームとなる部分がそれぞれに違う魅力を備えていて、それに沿った展開となるのは当然のことだと思いますし、それで良いのではないでしょうか。
物語りの深みを読み取れないヒトも多いと思います。
わたしは、機会がありちょっとこの物語りの内容を深読みしたりしたのですが、そのおかげでこの物語りをつまらないとは思えなくなってしまいましたし、ずいぶん感心したりしてます。
カルマ(ジンに訪れる因果応報)、血(白血病や混血の問題)、傷という絆、などなど。
ゼンをとりまく運命は、多くの複雑な物語りを語っています。
障害児に対して便利な解釈をして格闘技をさせてるとか、そんなふうにだけ捉えたがるような見方はどうかと思います。
そんな捉え方自体、そんな価値観を前に持ってくること自体がどうにも薄っぺらで、そうしたヒトたちの感想の方がどうにもウソ臭いとわたしは思うのです。
チョコレート・ファイターという映画の中でわたしがもっとも感心するのは、実はジージャーによる自閉症の演技なのです。
障害
...続きを読む ›
2 コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まさか格闘映画で泣くとは思いませんでした。 ストーリーもさる事ながらポイントはソコでは無く、映画初盤の単身(幼なじみも一緒ですが、ほぼ役に立たないので略)敵地に乗り込んで戦うシーンに心の底から奮えました。 当初、何故自分が泣いているのか全く解らず、映画を観ていくにつれ 「人間、真に美しい物を見ると涙がでる」 という逸話を初めて実際に理解、体験した瞬間。 主演のジージャーの技のキレ、スピード、人間離れした跳躍力と安定感。全てに於いてパーフェクトな動き。 その魅力を余す事なく引き立てる敵役&エキストラ。 父親役の阿部寛の抑えた演技も良く、主人公の幼なじみ、母親役や母親の元恋人役といった助演陣の魅力も素晴らしい。 ブルース・リー、ジャッキー・チェン等の先人達にオマージュとリスペクトを捧げつつ、それを越える新しいアクションをやろうとする製作者達の姿勢。 「今後これだけの映画出てくるのか!?!?」 と思わせる程の傑作です! アンジェリーナ・ジョリーが観て、この作品のアクショントレーナーを呼び寄せたというのも無理からぬ話です。 相変わらず、お安い「感動」や「テレビ番外編」「原作改悪」的な作品を垂れ流してる国産メジャー映画製作者に、熱意を持って映画作りをしているこの作品を見習って欲しいものです。 大傑作!!!!!
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまでにないアクション映画が出てきたのだと思います。
ルックスはアイドル、でもアクションは、これまでどんなアクションヒロインよりもすごい。
まさに、新しいヒロインの登場だと思います。

映画の主人公であるゼンは、病気を抱えてはいますが、母の愛情いっぱいに成長します。
抱えている病ゆえか、特殊な能力を持ち、格闘技などの動きをそのまま自分のものにしてしまいます。
母の病気でたくさんのお金がいるようになり、大切な母のために何かをすると言うことに突き動かされて、母のお金を取り戻そうと奮闘します。
それは、母が昔、マフィアと一緒に金貸しをしていたお金。
当然、マフィアに目をつけられて、トラブルになります。
ゼンは、母を傷つけるマフィアに毅然として戦いを挑みます。ラストバトルは、ゼンの母への思いが戦わせているのだと思います。
彼女のアクションもすごいと思いますが、病で日常生活がうまくいかないという部分の演技もしっかりしていると思います。

訓練に数年かけ、更に撮影に2年かけるというとても贅沢な作品です。
それだけ練られた作品です。

☆5つとしたいところですが、彼女のこれからの活躍に期待して、☆4つにします。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
遅きに失した感が大ありですが、さいきん(14年夏)になって初めてジージャー・ヤーニンを知りました。この初主演作から、もう6年もたってしまっているんですね。日本公開時にご覧になった方とも5年の時差があり、いまさらではありますが、感銘を受けたのでレビューさせていただきます。私は40年来のブルース・リーのファンなので、彼との比較でジージャーの魅力を語ってみたい、と思います。

本物の格闘技をスクリーンで見せるクンフー映画、より広くいえばマーシャル・アーツ(MA)映画は、リーがその嚆矢といってよいかと思います。以降ジャッキー・チェンやリー・リンチェイがあとを継いで、香港MA映画は世界市場での地位を確立しました。またハリウッドでも、MA映画はひとつのジャンルになりました。が、私個人に限った印象ではありますが、技の種類や見せ方がどんどんインフレーションを起していった結果、最初にリーを見たときの衝撃を、リー亡きあとのMA映画からは、あまり感じることができなかったのです。もちろん好きで、たくさん見ましたよ。でもやはり、気づけばリーに戻っているのです。タイから突然あらわれたトニー・ジャーが、重くて痛いファイトで強烈なインパクトを与えたときも、リーほどの魅力を、私は感じることができずにいました。

そんな私が、本作のジージャーのファイトから、リーを初めて見たとき
...続きを読む ›
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック