新品:
¥2,862
無料配送: 6月29日 - 7月1日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 ★遊楽堂★
販売元 ★遊楽堂★
出荷元
★遊楽堂★
販売元
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

チョコレートの散歩道―魅惑の味のルーツを求めて 単行本 – 2013/2/1

5つ星のうち3.9 5個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2013/2/1
¥2,862
¥1,562 ¥2,271

購入を強化する

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • ★遊楽堂★から対象商品を2個以上購入すると、それぞれ1%割引になります。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • チョコレートの散歩道―魅惑の味のルーツを求めて
  • +
  • チョコレートの手引
  • +
  • チョコレート カカオの知識と製造技術
総額: ¥9,242
ポイントの合計: 82pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

チョコレートの原料はカカオ豆ですが、今のように「固めて食べるチョコレート」ができるまでには数千年の時間がかかりました。豆の周りのパルプを食べることから始まって、パルプから作るお酒、カカオ飲料、そして食べるチョコレートへと大きくその姿を変えてきたのです。その舞台は、中南米からヨーロッパに移り、カカオ豆の生産も世界中に広がりました。本書では、これまでにチョコレートがたどってきた道を散策します。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐藤/清隆
1946年生まれ、広島大学名誉教授、工学博士。専門は食品物理学。アメリカ油化学会「Stephane S.Chang賞」、「Alton E.Bailey賞」世界油脂会議「H.P.Kaufmann Memorial Lecture賞」等を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ エレガントライフ (2013/2/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2013/2/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 173ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4906369006
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4906369003
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
5 件のグローバル評価
星5つ
23%
星4つ
45%
星3つ
32%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年2月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 チョコレートの歴史と最新情報から美味しい食べ方・作り方まで
ユーザー名: Mazda-RX8、日付: 2013年2月8日
菓子会社の研究所に勤める友人から紹介された本です。

関西地区の書店や他のネット書店では1週間位前から売り出していたようですが、
Amazonさんのアップがちょいと遅かったような…(^_^;)
でも、自分用に早速このサイトで注文しました。

著者の2冊目の一般向けチョコ本で、前著『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン』の姉妹版です。(著者「あとがき」より)
前著のレビュウで、著者が「本書で触れられなかった問題がたくさんある」と言及されていたので、続編を期待していました。

文章が柔らかく、内容がより親しみやすく、面白くなっていて、
特に日本に関連した歴史の話や最新事情が幾つも盛り込まれているのが特徴です。
また、コロンブスがイタリア出身ではなかったという説の詳細など、歴史ミステリー的な魅力も。
カカオやチョコレートの生産に携わる人達への優しく熱い眼差しもユニークです。

最後の章で、チョコレートのおいしい食べ方や失敗しない手作りの秘訣を科学的に説明してあるのも、
バレンタインデー間近の時期に何かと参考になると思います。
私の今までのチョコレートの食べ方は「最悪」だったような…;

チョコレートの味と歴史に興味を持つ人にお奨めできる一冊です。

目次が見られます↓
参考URL: [...] 
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年8月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年3月10日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告