通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チュニクチュニカ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チュニクチュニカ コミック – 2011/1/31

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 771
¥ 771 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チュニクチュニカ
  • +
  • Game over
  • +
  • 夜盗姫
総額: ¥2,396
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

「14歳の恋」などでご活躍の水谷フーカ先生作品です。


登録情報

  • コミック: 182ページ
  • 出版社: 白泉社 (2011/1/31)
  • ISBN-10: 4592710290
  • ISBN-13: 978-4592710295
  • 発売日: 2011/1/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
読んでる間は正直そこまでの盛り上がりを感じなかったのですが、最後の1ページでどっと涙が溢れてしまいました。自分でも驚きです。

舞台となる「造船技術が進歩した時代」、そして「新大陸チュニカ」
これらの世界観は、そのスケールの大きさに対して話そのものが6話(+書き下ろし)と短いせいもあり、少々厚みに欠ける部分があります。
すっきりとしたイラストやコマ割り、分かりやすい言葉選び、なんら矛盾のないキャラの行動、テンポのよい展開…そうした巧みさもあいまって、良くも悪くもさらっと読みすすめることが出来てしまいます。
「そういう世界なんだ」という理解は容易に出来ますが、それ以上の奥行きや立体感といったものはあまり感じられませんでした。

ただ、そうしたことはこの作品においてはあまり問題ではありません。
それはこの物語の核が「人」や、そこに宿る「繋がり」「思い」といったものであるからだと思います。
もしかしたらそうしたやや希薄な世界だからこそ、キャラクターやその心情が埋もれてしまうことなく、くっきりとした形で浮かび上がるのかもしれません。
あくまでも世界はキャラクターのために、そんな印象を受けるほど、キャラクターの思いが際立っている作品だと思います。

愛しい、忘れない。言葉だ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 この作品の初出は、奥付によりますと、『2007年5月25日 第一刷発行』とあります。
 もっとも、その時、この作品を発表した出版社は、なくなってしまっていたわけですが......
 それを踏まえて読んでいくと、『チュニクチュニカ』という言葉が......

 作者にとって、初の長編作品が、この『チュニクチュニカ』でしかも、全編描き下ろし......
 出版不況の折に、この作品が出たこと自体が奇跡だったのかもしれない......

 本来なら、そのまま埋もれてしまう作品が、こういう形で......

 再出版で、版が小さくなっています、
 描き下ろしがあります、
 表紙が違います、
 違うのは、それくらいかな?
 紙質も違うかな......

 この突き抜けるような青空の表紙は、作品を読み終えたときに、
 まったく別の印象を与えることになります、

 『夜盗姫』に収録されている作品にも、同じことが言えますが、
 今の日本では、成立しづらいタイプのファンタジーなのかもしれません、
 とても稀有な存在の作家だけに......

 とりあえず、一人でも多くの人に読んでいただけるようになったことを、
 素直に喜んでおります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
がんと来る強いインパクトは無いのですが、独特な透明感のある世界観は魅力的で、描かれる絆や縁が押し付けられること無く、自然に入り込めた。癖は無く、故に印象に残り辛いのが勿体無い。私は古いバージョンも持っているけど前の表紙が好きだった。でも一度最後まで読んだなら、こっちの表紙が好きになるかも。
書き下ろしが有るので、今ならこっちで是非読もう。劇的な話ではありませんが、もし、この話に親しみや愛しさを感じたなら、宝物のような小さなお話です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告