チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 415件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,109 (44%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,390より 中古品の出品:4¥ 1,387より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でチャーリーとチョコレート工場 (吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

Amazon.co.jp限定特典はオリジナル杖ペンとメモ帳セット
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]
  • +
  • シザーハンズ [Blu-ray]
総額: ¥2,318
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョニー・デップ, フレディー・ハイモア, デヴィッド・ケリー, ヘレナ・ボナム=カーター, クリストファー・リー
  • 監督: ティム・バートン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 415件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003GQSXEU
  • JAN: 4988135805379
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,867位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


ジョニー・デップ X ティム・バートン 最強タッグが贈るファンタジー・アドベンチャー

ウィリー・ウォンカのチョコレート工場では、どんな驚きがあなたを待っているのでしょう?
チョコレートの部屋ではミント風味の砂糖で出来た草のフィールドを探検し、チョコレートの川を砂糖菓子のボートでセーリング。
発明室では食べても減らないキャンディーを体験し、ナッツの部屋では賢いリスたちを観察、そしてガラスのエレベーターでテレビの部屋へ。
それはすごく楽しくて、ちょっぴり不思議、そしてウォンカ特製のチョコレート・バーみたいに、とっても美味しい大冒険。

ロアルド・ダールの古典的児童書を、監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップ&フレディ・ハイモアで映画化。
この目も眩むばかりに素晴らしい映画こそが、あなたをめくるめく創造と想像の世界に導く“ゴールデン・チケット”。

この甘美なる世界から、一瞬たりとも目が離せない!


【映像特典】
・ チョコレート・ドリーム
・ いろんな顔、いろんな味
・ チョコレートのデザイン
・ 包装紙の下には…
・ スウィート・サウンド
・ ウンパ・ルンパになる
・ リスの襲撃
・ ダール氏のステキな世界
・ テスト映像:オーガスタスの歌
・ テスト映像:マイクの歌
・ ダンスビデオ
・ オリジナル劇場予告編

【音声特典】
・ ティム・バートン監督による音声解説
・ ミュージック・トラック

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ティム・バートン監督がジョニー・デップを主演に、ロアルド・ダールの名作を実写化したファンタジー。5人の子供たちが、謎めいたチョコレート工場の見学に訪れ…。“ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ティムバートンの映画は怖いという先入観があって、ちょっとためらいました。

ダールのマチルダや、窓拭き会社が小学生の子供も好きだったので一緒に見にいきました。
主人公チャーリーの純粋さと、作者ダールの不思議さがでていてよかったと思いました。

この映画で、チャーリーに光りがあたっていて、家族愛が作品のテーマになっていることがわかりました。
原作を読んだだけでは明確になっていなかった、ダールの意図が、映画で十分に発揮されていると思いました。

ダールの大人の視線では限界に近いと思うようなシリアスな笑いが、子供の目線ではたんなる悪ふざけにすぎないような
ぎりぎりのところをすばらしく具体的に再現しているように思いました。

極端そうな表現も、全体の筋の流れに収まっています。
原作だけを読んで、映画に疑問を持たれた方は、ぜひ「マチルダ」と「単独飛行」を読まれることをお勧めします。

映画監督が、原作を理解するのに、同じ作者の別の作品からヒントを得ていることが分かるかもしれません。
映画監督が、ほかの作品を読んでいなかったとしたら、ダールの本質をついているので、
それはそれで凄いことだと思います。

ps.
続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作が児童文学であるこの作品を「子供向け」とも評する人もいます。
しかし、随所に「大人向け」の楽しい仕掛けが凝らされていますよ。
まず、シニカルな笑い。
道徳的メッセージ性が明確な一方、ティム・バートンならではのダークな味付けが、大人には堪りません。
次に、名作映画へのオマージュ。
『バットマン』『シザー・ハンズ』『チャイルド・プレイ』『水着の女王』『サタディ・ナイト・フィーバー』『ベン・ハー』『アフリカの女王』『アダムス・ファミリー』『スター・ウォーズ』『2001年宇宙の旅』『モンスターズ・インク』等々、映画通の大人なら「あれだあれ!」(笑)と思い当たるシーンが満載。
いくつ見つけられるかがお楽しみです。
そして、ウンパ・ルンパの多彩なミュージカル・シーン。
ファンク、ロック、ヒッピー音楽など、60~70年代の音楽を知っている大人には、これまた「あれだあれ!」(笑)の連続です。
ちなみに、前作は「ドナドナ」に似たメロディの歌で統一されていました。
さらに、原作の結末にひねりを加えたハッピー・エンディング。
アダルト・チルドレンであるウォンカの再出発に、心癒される大人は多いと思います。
前作をミルク・チョコに例えるなら、この作品は薫り高いビター・チョコ。
チョコレートをかじりながら、何度も鑑賞したくなる映画です。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
子供向けと思って観ないのは勿体ない作品です。劇場へ3回見に行ってしまい、DVDも早々と予約してしまった作品です。

ダールの原作のエッセンスにはとても忠実です。バートン監督いわく「台詞を足すときもいつもダールの小説の台詞とおなじ周波数にする必要がある」との言葉どおり。そこに、デップのエキセントリックな子供のようなしかし経営で成功した大人でもあって深みもあります。

フレディ扮するチャーリーが工場へいくまで、工場のなかのできごと、追加エピソード..エンディングには一ひねりあって、ファンタジーとリアリティのバランスも絶妙です。とにかくキッチュなチョコレート工場と、貧しいけど暖かみのあるチャーリーの家、どちらも◎

メイキングではリスやウンパルンパの撮影秘話が。子供たちやおじいちゃんおばあちゃんの素顔も素敵でした。

ダニーエルフマンの音楽作成エピソードもとても面白かったです。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
原作者ダールの脚本による「夢のチョコレート工場(原題:Willy Wonka and the Chocolate Factory)」に大感激して原作を読み、

それから本作「チャーリーとチョコレート工場(原題:Charlie and the Chocolate Factory)」を劇場で観ました。

この二作を比較する必要はなく、両方とも秀逸な作品であることは確かなのですが、

強いて言えば「一作目よりも二作目の方が『ヒネリ』が多い」ということでしょう。

一作目のWilly Wonka社長は、経営者としても人間としても「大人」であるのに対し、

本作では彼自身の生い立ちを描くことによって「大人になりきれていない天才」を映し出しています。

ハッピーエンドとなるのですが、そこまでに至る経緯も「誰かの手を借りてでないと行動を起こせない」ところが、

世界最大級の工場をたった一人で立ち上げたWonkaとは思えないほど頼りない一面を垣間見られて、

原作や一作目映画では味わえない面白さがありました。

劇場によっては「チョコレートの甘い香り」が漂ってくる演出もあったそうですが、そういう劇場では観られなかったので
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー