中古品
¥ 258
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■送料無料!お急ぎ便対応!■≪帯つき!≫この度はご利用いただき誠にありがとうございます。中古のためカバー経年劣化による多少の小傷等はございますが、その他特に目立った傷、汚れ、書き込み、ライン引き等なくきれいな状態です。しかし中古品になるためわずかな傷やよれが過度に気になる方はお控え下さいませ。心をこめて丁寧に梱包し、Amazon倉庫より迅速出荷致します。中身の確認は行っておりますが、万が一「書き込みなし」等の記載があるにもかかわらず、見落としによる書き込み、またはお気づきの点等ございましたら返金、返品対応をさせていただきますのでメッセージからご連絡下さい(カスタマーサービスより丁寧に対応させていただきますのでご安心下さいませ)。この機会に是非どうぞ!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チャーミングに夢をかなえる4つの習慣 単行本(ソフトカバー) – 2010/8/4

5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

世の中には、成功するための方法について書かれた本がたくさんあります。 しかし、どれも男性が成功するための方法であり、“女性”が成功するために書かれた本ではありません。 そもそも、女性と男性で成功するための方法がまったく違うということに気づいている人はどれほどいるでしょうか。 男性の成功方法とは簡単に言ってしまえば、「努力×知識×スキル」です。 しかし、女性は違います。 女性には汗水かいて努力する必要もなければ、専門分野の知識も、人よりすぐれたスキルも必要ありません。 女性にとって大切なのは、「豊かな感性」「根拠のない自信」「感謝と調和」「衣食住」の4つなのです。 この4つを心がけて毎日を過ごすことで、著者は経済的にも精神的にも自立した女性になることができました。 本書では、その著者の経験をもとに、なぜこの4つが大切なのか、そしてどのように身につけ、習慣化すればいいのかをわかりやすく解説します。

出版社からのコメント

この本の企画が舛岡さんから送られてきたのが昨年の秋。それから本を刊行するまでの間に、舛岡さんと何度も打ち合わせを重ねてきましたが、お会いするたびに男女の感性の違いというものを痛感させられました。それはいただいた原稿の構成や言葉遣いにも表れていて、とても新鮮でした。今回の本では、そういった部分をなるべく残し、舛岡さんの感性が出るような編集を心がけたつもりです。女性には素直に本書の内容を受け止めていただき、男性には私が抱いたような新鮮さを同じように感じていただけるとうれしいです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 191ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2010/8/4)
  • ISBN-10: 4763130595
  • ISBN-13: 978-4763130594
  • 発売日: 2010/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 382,955位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本にあるようなチャーミングな生き方・心の女性が増えればもっと幸せな社会になりそうって思いました。
女性自身も楽しく夢に叶えていけるのが嬉しいし男性もそういう女性の存在に癒され頑張る元気を貰うと思います。
男女の特性は違うんだって意識しない限り女性はいつの間にか男性の生き方(特に仕事)を真似する気がします。
男性のような働き方って辛いなって思っていたので女性らしさを磨いて私生活も仕事も幸せになれる方法が知れて嬉しいです。
一人で変わるより周りの女性と一緒に変わっていく方が簡単だし効果がある気がしますし、自分の周りの人たちにも知って欲しいって思います。

それから、会社がお盆休みだったので1週間「衣食住を整えて女性としてのアンテナを磨く」の章を自分なりに実践してみました。
食べたいものを栄養バランスも考えて新鮮な食材で自分で調理して適量食べるのは家族も喜ぶし自分自身の心と体が満足します。
住居は掃除をマメにしていつも綺麗な状態にして机の上のメイク道具も時間が無い時でもメイクしたらすぐに片づけるようにしました。
住居が綺麗だと居るのが楽しいし机に余計なものが置いてないと何かする前にやる気も削がれませんね。
この本にはこれをしたら楽しい気分で居れそうって思えるヒントがいっぱい書いてありま
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は女性に向けた成功本であるが、それだけで表現するのはもったいない秀作である。自身の体験を踏まえ、心の持ちようでこれだけ変化できる という姿を著者なりの表現で描写している。

なりたい自分への変化 や セルフイメージの上げ方 など、具体的な思考法を伝授しており、読者に勇気と希望を与える内容だ。部屋の汚れは心の汚れ という名言は、書類と書籍で足の踏み場のない自分の書斎を照らし併せ、とても納得した。

私は自ら出版セミナーを主宰しているが、そこで受講生には、『この著者に会ってみたいな』と読者に対し思わせる作品を書きなさい と提案している。これは良書としての大事なポイントだと思う。読後さわやかな気持ちになり、私自身もこの著者に会ってみたいと感じた。

彼女の前向きな気持ちと利他の心は間違いなく母親の影響だろう。ピンチな時でもいつも前向きで明るい肝っ玉母さんから人生の知恵を学んだことが著者を一層、魅力的な存在にしている。

本書内で個人的に気に入ったエピソードは、5千円の商品を届けに150km先のお客の自宅に行った話。男ならガソリン代と時間を考えたらわざわざ行かないだろう。でもそこで待ち受けていたサプライズこそ、日頃から利他の気持ちで生きてきた証を感じた。

トップセールスになるには、商品
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「女性には女性らしい成功の仕方ある。」
この言葉に衝撃を受けたとともに納得の内容でした。

なぜなら周りにはキャリア組といわれる男性型のキャリアウーマンと
女性らしさを生かし人生(仕事)を創造し成功している女性のパターンが
おり自分はどちらの方向に進む?と疑問をなげかけていたからです。

実際に読んでみると画期的な本でした。
新たな観点での女性らしい成功の秘訣を、実践も加えながら
わかりやすく書かれています。
また、著者が自身の成功体験談を沢山勉強したという心理学の視点
から裏づけをし提唱しているのも信憑性があります。

軽やかに1時間程度で読めましたが、深い内容かと思います。
これを読んで自分の進む方向が明確になりました。
今の現状に「?」がある方含め、全ての女性にお勧めの一冊です!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
女性が夢を描き、そして成功を追求するための実践的な哲学書としても十二分に優れているであろう一冊。

著者のかっこたるバックボーンに基づいた切り口が、とても解りやすく、かつ文体のやさしさも手伝ってか、とても読みやすい。

そして読了後の、一男性として最も大きな意外な感想。

それは、「この本書を必読しなければならないのは、実は男性なのではないか」ということ。

いささか乱暴な、ノウハウやスキルの体系化が進む公約数的な社会で、著者のメッセージとする「男性的な成功」の捉え直し、そして、それを踏まえた「女性の在るべき姿」を指し示す姿勢。

そのことを一番感じなければならいのは男性なのではないか。

それが、痛烈なほどに伝わって来る。

これほどに女性の価値観を見直せる、書籍もそうそうないのではなかろうか。

男性こそが必読すべき一冊。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック