Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 474の割引 (39%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[カート ヴォネガット ジュニア]のチャンピオンたちの朝食
Kindle App Ad

チャンピオンたちの朝食 Kindle版

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(22)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
学校
"もう一度試してください。"
¥ 3,128 ¥ 3,131
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 5,085 ¥ 300
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 910
カセット, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 7,288 ¥ 9,799

商品の説明

内容紹介

不遇の生活を送るSF作家キルゴア・トラウトのもとに、ある日アート・フェスティバルの招待状が届いた。開催地はミッドランド・シティ。その地でトラウトは人生の一大転機をむかえることに……著者自筆の自由奔放なイラストがちりばめられ、絵と文章が一体となって不思議な魅力をもたらす、涙と笑いの傑作長篇

出版社からのコメント

Breakfast Of Champions is vintage Vonnegut. One of his favorite characters, aging writer Kilgore Trout, finds to his horror that a Midwest car dealer is taking his fiction as truth. The result is murderously funny satire as Vonnegut looks at war, sex, racism, success, politics, and pollution in America and reminds us how to see the truth.

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2478 KB
  • 紙の本の長さ: 302 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2007/11/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00JFOF2S2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,562位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 xylitol 投稿日 2015/9/29
形式: 文庫 Amazonで購入
ヴォネガットの中期の集大成ともいえる作品。
初期の、タイタンの妖女や猫のゆりかご的キャッチーさは
少し、影を潜め、作者本人の内面の混沌と向き合っているようなテイストですが、
読者をぐいぐいと引き込むストーリーテラーの面目躍如は相変わらず。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
“ここは世界一の国なのか? ホントに?”
米国を訪れた人が感じる、偉大な米国と米国人のギャップをこの小説は、
うまく笑いと、皮肉たっぷりに描いてます。
愛嬌があって、立派で、ステキな人が、
他人の人生をズタズタにする。それも、親切心と義侠心で。
今でいえば、NYのテロに泣いてボランティアに励む人も
アフガンの難民の死を当然のコストと受け入れてるってことですね。
そういう米国人に絶望しつつ、ヴォネガットは、
愛情を込めてひとりひとりを描き、受け入れようとしています。
今から30年ぐらい前に書かれた本なのですが、ヴォネガットの憂慮した
とおりに米国は、ゴロゴロと転がっていってます。
その先はどこなのか? 
っても、基本はお笑い。
登場人物のキルゴ!!ア・トラウトが書いたSFの粗筋が何本か登場しますが、
どれも爆笑もの。それを読むだけでも、買う価値があります。
かの萩尾望都も、以前、おすすめ本としてあげてました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/7/22
形式: 文庫
ヴォネガットの傑作「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」「スローターハウス5」で大活躍した脇役キルゴア・トラウトが遂に主役の1人に昇格する作品。ヴォネガットの70年代最初の作品で、彼のヘタウマなイラスト満載。頻出語は「その他いろいろ」。作者自身が小説の中に登場してキルゴア・トラウトと対面し、創造主として彼を振り回す等、従来の小説の常識を破る作品だ。作品中作品であるキルゴア・トラウトの小説のあらすじは相変わらずの面白さ。しかし、この本を堪能するには、これまでのヴォネガットの作品、特に「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」を読んでおいた方がよいだろう。何しろ、エリオットまで登場するのだから。そういう意味では楽屋落ち的な部分が多い作品だ。そして、社会を告発するというよりは、作者の頭の中のとめどもないプロットの奔流を吐き出した実験的な小説と言えるだろう。従来の彼の作品にはないついて行きにくさを私は感じる。「パーム・サンデー」の中での作者自身の評価によると、本作の評価はC。ちなみに、「タイタンの妖女」〜「スローターハウス5」の評価はAプラスまたはAである。しかし、キルゴア・トラウト好きの私としては、そこまで評価を低くしなくてよいのではと考える。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 joshi 投稿日 2008/4/6
形式: 文庫
文体に慣れるまで少々時間がかかりましたが、
勢いがあるストーリーに引き込まれます。
途中出てくるギルゴア・トラウトの挿話が傑作。
それ自体を読んでみたい。

特に英語のスラングがわかる人が読むと、非常に楽しめる作品です。
英語版も同じような構成なので、英語の勉強に良いと思います。
(ただし、下ネタも多いので、中学生にはどうかな・・・?
 思春期の息子に与えると、もしかして一生懸命勉強してくれるかもしれません)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本は自由意志についての本である。自由意志を扱った小説をおれは他に読んだことがない。ヴォネガットは心の底では自由意志を否定していた気がするが、この本では自由意志が存在する。そういう哲学に興味のある人が読むべきだろう。おれはこれを読んで、不意に涙ぐんでしまった。自由意志の問題は悲劇を生む問題だ。
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover