Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,580
ポイント : 232pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[金城 辰一郎]のチャットボット AIとロボットの進化が変革する未来
Kindle App Ad

チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来 Kindle版

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,580
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,706 ¥ 1,511

紙の本の長さ: 192ページ
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

「Facebookメッセンジャー」や「LINE」などメッセージングサービスのプラットフォーム化戦略と、ディープラーニングなど機械学習による人工知能(AI)の進化により、今後爆発的に普及すると言われる「チャットボット(Chatbot)」。チャットボットで実現が予想されることは幅広く、サポート業務の自動化や、航空機チケット販売やピザの注文などといった通販の自動化のような「人の代替」はもちろんですが、Webの動線がモバイルアプリ経由からチャット経由ぶ置き換わる可能性をも秘めています。
本書では、現在のチャットボットブームを解説すると共に、チャットボットの普及によってこれから訪れるであろうWebの変化やビジネス展開などについて、事例を交えて詳しく動向を解説します。

内容(「BOOK」データベースより)

メッセージングサービスのプラットフォーム化戦略。機械学習による人工知能の進化で全てのサービスをボットが飲み込む。ボットの台頭でWebの流入経路が変わる。35億人の見込み客が待つチャット上のビジネス展開。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13803 KB
  • 紙の本の長さ: 223 ページ
  • 出版社: ソーテック社 (2016/10/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LXDLO1L
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,282位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
BASE出身で、オキナワアイオー(株)を起業、同社社長の金城辰一郎氏の著書。世界の代表的なチャットボットの状況が一通りまとめられていて、わかりやすいです。現在のチャットボットのほとんどはまだ人工無能ですが、世の中の流れは検索の時代--ソーシャルの時代--人工知能(AI)の発達を背景とするユニバーサルボットへと向かうだろうという指摘は、的を射ているように思います。最後の方に掲載されている「ペコッター」の松下勇作社長へのインタビューが秀逸でした(技術先行ではなく、ユーザーの求めておられるものがよくわかっている企業さんだと感じました)。ネットにあまり詳しくない方にこそ読んで頂きたい。オススメ本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
最近は「りんな」のようにAIを使ったものも現れ、海外ではカスタマーサービス用としても普及し始めている。チャットボットという言葉に代表される様々なメッセージングサービスの紹介と現状についてまとめた本。利用する上でのAPIのプログラミング方法や設定方法などを述べた本ではない。

それにしても、自動メッセージングサービスの広がりと進化には驚かされる。現在はまだ人工無能と称されるような機械的な反応しか返せないものが多いものの、短期間で驚くほど進んでいる。中国では「小氷」に夢中になっている人がたくさんいるし、同じマイクロソフトの「Tay」は学習によって人種差別を連発して問題になった挙句短期間で撤回されたのは記憶に新しい。「Amazon ECHO」とかFacebookの「M」のようなパーソナルアシスタントや、開発者のコミュニティでよく利用されている「Slack」、Facebookが2014年に2兆円かけて買収した「WhatsApp」、アメリカの若者の4割が使う「Kik」、アジア最強のメッセージングサービス「WeChat」、メッセンジャー世代のECアプリである「Operator」、マイクロソフトの「Conversation as a Service」、LINEの「ビジネスコネクト」、ロハコの「マナミさん」、プログラミングを行わなくても対話シナリオを作れるドコモの「Repl-A
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 boze VINE メンバー 投稿日 2016/11/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
チャットボットには個人的にはかなり期待している。まだバズワード的なところもあると思っていたが本書を読んで未来が見えてきた気がします。知らない情報がかなりあり大変参考になりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1、2か月前からボットや人狼知能について興味を持ち、ボットの情報を集めるため、本書を購入しました。
チャットボットって何?って人から、どの部分に技術的課題があるのかを把握したい開発者まで頭に入れておきたい内容です。
ボットのトレンド、技術的課題、倫理的課題、検索エンジン最適化のような市場が生まれてくるといった内容を分かりやすくまとめています。

本書を読む前、チャットボットに対して抱いていたイメージが映画「アベンジャーズ」に出てくるジャーヴィスでした。
読み終えてもいまだにジャーヴィスのイメージが強いです。
ジャーヴィスへの道のりはまだまだ長いけれど、1つ1つ課題を乗り越えて開発を進めてほしいと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover