この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チャター―全世界盗聴網が監視するテロと日常 単行本 – 2005/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 389
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

 2006年初頭、アメリカを揺るがした「個人への盗聴」問題。果たして巨大盗聴組織NSAとは? 「戦時の盗聴」は許されるのか? そして、“オーウェル的世界”はテロを防げるのか?

2001年9月10日、ひとつのチャターが傍受されたーー「果たし合いは明日から」。「安全か、プライバシーか」という二元論を超えて、 ポスト911時代の切迫する問題に挑み、もはや日常となった“エシュロン”の全貌とその限界に迫る決定書!

出版社からのコメント

“チャター”(chatter)とは、盗聴された通信に含まれるテロ容疑者の会話を指す言葉として、英米マスメディアではすっかり定着した感があります。本書はこの“チャター”を軸にして、アメリカを中心としたUKUSA同盟が現代社会における安全保障とプライバシーの問題にどのような影を落としているか、精力的な取材と徹底的な資料調査によって明らかにします。
 911以降、安全とプライバシーをめぐるマトリックスは劇的に変化しました。この丹念に編み上げられた『チャター』の議論は、それを踏まえた以下の2点に集約されます。
・盗聴網による安全保障と我々のプライバシーの間のどこに線引きをするのか。
・地球規模のハイテク盗聴網は、実効性の面からテロを本当に防ぐことができるのか。
 陰謀論を含め一時期盛んに喧伝された通信傍受システム“エシュロン”の全貌は、911以降、再び闇の中深くへと潜行しています。世界各地でテロが起こる中、米英中心の全世界盗聴システムはいわば「必要悪」として人々の関心から外れ、日本においても監視カメラ設置の推進など安全のためにはプライバシーの犠牲を厭わない動きが高まっています。本書はこの現実を受け止めた上で、諜報活動の歴史と現状を状況証拠として具に積み上げることで、不毛な左右対立に拠らない根源的な議論を展開します。冷泉彰彦氏による「訳者あとがき」には、本書の現代的意義が鋭く指摘されています。併せてご一読下さい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 421ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2005/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140810769
  • ISBN-13: 978-4140810767
  • 発売日: 2005/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.8 x 3.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,091,274位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。卓球 ラケット バタフライ