チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ra... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ディスクユニオン北浦和店からの出品です。盤面に目立ったキズはなく中古品としては状態良好です。 中古品 です。クッション封筒で日本郵便ゆうメール(定型外の場合は佐川急便の宅配便)にて発送いたします。店頭でも販売していますので品切れの場合はご容赦ください。店頭価格とアマゾンマーケットプレイス出品価格は異なる場合があります。ご注文後は即日発送を心掛けますが、注文連絡受付のタイミングなどにより、翌日以降となる場合がございます。予め御了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]

5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,623 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 561 (11%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,319より 中古品の出品:7¥ 2,507より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]
  • +
  • わらの犬  HDリマスター版 [Blu-ray]
総額: ¥8,495
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: トム・ハーディ, ゲイリー・オールドマン, ナオミ・ラパス, ヴァンサン・カッセル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ギャガ
  • 発売日 2016/01/06
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B015HTZNI2
  • JAN: 4589921401913
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 67,324位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2009年海外版「このミステリーがすごい! 」第1位の傑作を巨匠リドリー・スコットが映画化!
トム・ハーディ×名優ゲイリー・オールドマン他、豪華実力派俳優陣が集結!
実在の連続殺人事件をモチーフに、理想国家の闇を描き出した傑作ミステリー!!


【特典映像】
・歴史の内省:「チャイルド44」の世界を再構築
・予告編集
・キャスト&スタッフ プロフィール
・プロダクションノート

【キャスト】
トム・ハーディ
ゲイリー・オールドマン
ノオミ・ラパス
ジョエル・キナマン
ヴァンサン・カッセル
パディ・コンシダイン

【スタッフ】
製作:リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、グレッグ・シャピロ
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:リチャード・プライス
原作:トム・ロブ・スミス
撮影:オリヴァー・ウッド

【ストーリー】
1953年、スターリン政権下のソ連で、子供たちの変死体が次々と発見される。
その死体には多くの共通点があるが、“殺人は国家が掲げる思想に反する"ため、すべて事故として処理される。
秘密警察の捜査官レオは親友の息子の死をきっかけに、事件解明に乗り出す。捜査が進むほどに、国家に行く手を阻まれ、さらに、愛する妻にも不当な容疑が。
真実が歪められるこの国で、レオは真犯人に辿り着けるのか―?

※特典映像、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

トム・ロブ・スミスのベストセラー小説をリドリー・スコット製作で映画化したサスペンス。1953年、スターリン政権下のソ連で、子どもたちの変死体が次々と発見される。秘密警察の捜査官・レオは、親友の息子の死をきっかけに事件解明に乗り出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
小説を読んでしまうと映像表現に限界が見えてしまうが、スターリン時代のソ連を知る上では良い映画ではないか?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
観てはいけなかったかな…。他の方のレビューにもある通り、まず季節が違う事に失笑してしまい、それ以降の物事の全てが軽い。私の様に、原作を年1ペースで読み返す様な人には決してオススメ致しません。原作ロシアでは発禁でも、この映画じゃぬる過ぎてスルーなんじゃない?なんて思えます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
連続殺人は資本主義の “疾病” とされたため、理想的な社会主義国家において存在しないものと考えられた、1953年のソ連が舞台。劇中のキーワードもまさしく「楽園に殺人は存在しない」。
主人公はMGB(国家保安省、KGBの前身)の捜査官。ある日、主人公の部下の息子の屍体が発見された。明らかに殺害と思しき状況にもかかわらず、体制の秩序維持のため “事件” ではなく “事故” と処理されてしまう。殺人事件だと主張する遺族を黙らせるように命じられた主人公に 、今度は妻のスパイ容疑がふりかかって…ということろで物語がおおきく動いていく。

トム・ロブ・スミスの同名の原作小説は、1980年代のソ連において50人以上の女性や子どもが殺害された「チカチーロ事件」という実際の連続殺人事件に着想をえています。しかし年代設定は、スターリン体制の終焉という象徴的な年である1953年に置き換えられています。

原作は、そしてそれを映画化した本作も、現実にあった問題をベースにした社会派サスペンス。殺人は秩序を乱すものとして存在を認められなかったことにより起きた惨劇が描かれています。くわえてどちらの作品の根底にも、時代や体制という巨大なものに翻弄される人間の悲劇、それでも必死に抗おうとする人間の気高さ、という普遍的なテーマがあるのでしょう。
けれど残念な
...続きを読む ›
2 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
トム・ロブ・スミスの小説をリドリー・スコットが製作した、というネームバリューと「スターリン下の連続殺人事件」への興味から、ミーハー根性丸出しで観に行きました。
恥ずかしながら、「ホロドモール」という史実をはじめて知りました。それ自身を語る映画ではありませんが、犠牲者数最大1450万人ともいわれる歴史上最大の「人口飢餓」、全体主義だからこそなし得た20世紀最大の「地獄」のひとつを、作者は私のような者達に知らずに死ぬなと言ってくれた気がします。
「連続殺人は資本主義の弊害(=『社会主義では殺人は存在しない』)」というお題目から、真剣に捜査されず52人の犠牲者をだした連続殺人事件をモデルとし、この映画は体制から狙われてでも犯人を追及する捜査官を中心とするクライム・サスペンスとなっています。

この映画で衝撃を受けるのは、「全体主義下の治安の歪さ」と「殺人の軽さ」だと私は感じました。
スターリン政権下のソビエトは、自衛や報償のためにいとも簡単に人を売る「密告天国」でした。MGBの役人も、反体制派検挙のために無実の人間を逮捕・詰問し、「都合の良いタレコミ」を唆して次の標的を得る、という事を繰り返します。信頼関係や事実はもはや価値を持たず、「脅す側」「脅されて求められるがままの『供述』をする側」「おもねる側」しかいない腐敗し切った社会です。
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
観始めてすぐ、暗い重い話だとわかり
最後までは見られそうもなかったのですが
重苦しい時代背景とはうらはらに
夫婦が、次から次へと押し寄せる絶体絶命を切り抜け
どちらも無傷で生き残り陽の当たる一線に復帰。
夫婦とも機転が利きめちゃくちゃ強いし
そうか何も心配しないで楽しめば良かったんだぁ
とわかりました。
「ベンハー」を観た時がそんな感じでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は、旧ソ連という自由な思考が限られている世界で、人が生き延びようとする、
とても大変な内容を描いているのですが、その環境の中で
人がどんなに醜悪なことを考え実行するか、ということのさまざまな細かいことが、
その地獄ぶりの状況・感情の襞が、あまりにも多くの内容を含んでいるので、
映画では描き切れない、または、この映画では、それとも脚本?なんだかわかりませんが、
その重大さを描き切れていない、と感じます。
私は原作を読んでいないので、原作を読めばもっといろいろなことがわかると思います。

しかし、この映像で見せた物語によって、このような、嘘や濡れ衣で、国の建前を守るために人々を支配し苦しめる国が
実際に在ったのだ、ということを、見る人に思い出させ、思考の自由の保証が人の幸せにとってどんなに必須であるかを
みんなに考えさせることは、本当に大切なことだと思うのです。

とにかく弱者をいじめて文字通り食べてしまうほどの飢餓を経験するような歴史を持ち、
その後も人並みの豊かな生活ができるかどうか、が、国の意向に忠誠を誓っていることを、証明できるかどうか、に、かかっている、というような
あまりにも馬鹿げた、そして恐ろしいほど狂った悲惨な世界なので、<
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー