この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チベット旅行記 抄 (中公文庫BIBLIO) 文庫 – 2004/7/1

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 580
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

明治三二(一八九九)年、仏典の真の姿を追い求めて禁断の国チベットに潜入した黄檗宗僧侶・河口慧海による痛快な旅行記。ラマ僧に変装し言葉を学びながら、様々な障害を乗り越え、ついにはラサで学び、ダライ・ラマに拝謁する―。当時のチベットの習俗を現代に伝える貴重な書であると同時に、彼の波瀾に満ちた大旅行は、一世紀を経た現在でも多くの人々を魅了して止まない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

河口/慧海
1866‐1945。和泉国堺(大阪府堺市)生まれ。哲学館に学び、東京本所の五百羅漢字の住職となる。仏教の原典を求めて1899年チベットに入るが、2年後日本人であることが露見しラサを退去する。1903年帰国し、チベット旅行談を新聞に連載。1904年『西蔵旅行記』上下巻出版。その後も中国、インド、ネパール、チベットを訪れ、チベット一切経など貴重な資料を持ち帰る。1921年僧籍を離れ、「在家仏教」を起こす。晩年は「チベット語辞典」の編纂にあたる

金子/民雄
1936年、東京生まれ。日本大学商学部卒業後、中央アジア史と東南アジア史の調査研究を続ける。西域探検史とヘディン研究の第一人者として、関連著訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 360ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2004/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122044006
  • ISBN-13: 978-4122044005
  • 発売日: 2004/7/1
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 597,439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2015年1月20日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年2月22日
形式: 文庫
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2004年10月11日
形式: 文庫
0コメント| 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年3月3日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。softbank