チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,860
通常配送無料 詳細
発売元: アウトレットドットコム
カートに入れる
¥ 3,860
通常配送無料 詳細
発売元: ヨシエのホンヤ@メディアマート【迅速・丁寧・毎日出荷!】
カートに入れる
¥ 3,860
通常配送無料 詳細
発売元: shinobuya【迅速、丁重な対応させていただきます。コンディション内容お読み下さいませ】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]

5つ星のうち 3.6 32件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 3,860 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,160 (45%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、グラフィックマートが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 3,860より 中古品の出品:11¥ 960より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
  • +
  • モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
  • +
  • ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ  Film Telecine Version [DVD]
総額: ¥9,579
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ベニチオ・デル・トロ, デミアン・ビチル, カタリーナ・サンディノ・モレノ, ジュリア・オーモンド
  • 監督: スティーブン・ソダーバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Limited Edition, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
  • 発売日 2009/06/12
  • 時間: 265 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001UDSXLO
  • JAN: 4988103240300
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,406位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

<ポイント>死後40年以上を経てもなお、国家、人種、宗教を越えて世界中の人々のこころを揺り動かす20世紀最大のカリスマ、愛と情熱の革命家、チェ・ゲバラのドラマティックな生と死を描く、世紀の2部作登場!
1.一流のアーティストや政治家など、その言動から世界中に熱狂的なファンをもつゲバラ。その熱い生き様がついに超大作2部作、4時間25分に凝縮された!(1部132分、2部133分)
2.「トラフィック」でアカデミー賞監督賞&助演男優賞を受賞したスティーブン・ソダーバーグとベニチオ・デル・トロが再びタッグを組んだ力作!デル・トロは第61回カンヌ国際映画祭で主演男優賞獲得!コンペティション部門で上映され約6分間にも及ぶスタンディングオベーションを受ける。
3.2008年:チェ生誕80年、2009年:キューバ革命政権成立50周年/チェ・ゲバラ来日50周年、メモリアルイヤーの今年はブームの予感!
<ストーリー>「チェ 28歳の革命」1955年7月、メキシコ。持病の喘息を抱えながらもラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと旅を続けるゲバラは、独裁政権に苦しむ祖国キューバの革命を志すフィデル・カストロと出会う。わずか82人で2万人のキューバ政府軍と戦うことを決意する。 チェという愛称で呼ばれ軍医としてゲリラ軍に参加したゲバラは、厳しい規律を守り平等社会のために戦うが、女性や子供たちには愛情をもって接し農民たちには礼をつくした。やがて、その類まれなる統率力を認められ、司令官として部隊を率いるようになるチェ・ゲバラ。そして、カストロはキューバ革命の命運を担う戦いをゲバラの部隊に託す。それは「大都市サンタクララを陥落し、キューバを分断せよ!」という指令だった…。
<ストーリー>「チェ 39歳別れの手紙」『キューバ革命』を奇跡的成功へ導いたチェ・ゲバラは、1965年3月忽然とその姿を消した。突然の失踪に様々な憶測が飛び交う中、盟友カストロはゲバラの残した《別れの手紙》を公表する。「今、世界の国々が、僕のささやかな助力を求めている。君はキューバの責任者だからできないが、僕にはできる。別れの時が来たのだ。」仲間や家族に別れをつげたゲバラは、南米大陸の自由を勝ち取るため、独裁政権下のボリビアに潜伏する。しかし、この新たなる革命戦争はゲバラの最期の341日となる。アメリカの大々的な支援を受けるボリビア軍を相手に、ボリビア共産党の協力も得られず、地元農民にも裏切られ孤立していく革命軍。真実への情熱に導かれ愛こそが人間を救うと信じ戦い続けるゲバラ。しかし、夢と理想を追い続けてきた「革命の旅」が、今終わりを迎えようとしていた

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『オーシャンズ13』のスティーヴン・ソダーバーグ監督がカリスマ的人気を誇る革命家、チェ・ゲバラの生き様をリアルなタッチで描いた2部作『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』のパック。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
チェ(マルクス主義革命家)による革命の成功(キューバ)から挫折(ボリビア)までを描いた社会派ドラマである。 ソダーバーグ監督は卓越したセンスを持ち、複雑で説明的映像を用いない、彼の作風は時には難解とされるが、どんなにシリアスなテーマを扱っても演出力(今風のテンポが早い過剰で幼稚な演出では無い)により視聴者を集中させる手腕は見事である。 本作の様なテーマをモチーフにすると、主人公の内面を必要以上に表現し、視聴者に悪い意味で分かり易く、感情的に表現する監督も見られるが、ソダーバーグ監督の様に史実を淡々と客観的に、描く演出は賛否両論であるが、本作については好感触である。 キャスティングについても泥臭い演技派のベニチオ・デル・トロは適任だと思われる。(デル・トロは撮影に際し、25 sの減量をして7年の歳月を費やし、チェを研究し尽くしたそうです) 私的には米国が南米で行った国策が、とれだけ南米の人々を追い込んだかが、描ききれていないので多少残念であるが、作品自体のクオリティーはレベルの高い、骨太な映画である。近年、オーシャンイレブン等の娯楽性がある映画も上手に撮っていますが、本作の様な映画こそが真骨頂である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 この作品は、チェ・ゲバラが南米大陸縦断旅行を行った「モーターサイクルダイアリーズ」と、アル・パチーノが演じるマイケル・コルレオーネが、キューバ革命に遭遇する「ゴッドファーザー2」と合わせて見ると、より面白く見ることができます。
 「自分探し」の旅に出たゲバラが、その旅で得た結論が革命家になることでした。喘息に苦しみながらそれに耐え、戦場で武器を持って戦い、医師として治療にあたり、司令官として部下を率いて、ついにキューバ革命を成功させます。何をして良いのか判らなかった良家のお坊ちゃまが、無鉄砲な旅からラテンアメリカの過酷な現実を知り、それを変えようと革命家になります。
 一方、父を守るため不本意ながらもマフィアのボスとなったマイケル・コルレオーネは、、経済使節団の一員としてキューバへ行きます。精糖・鉱山・電話・輸送事業などでキューバの経済を支配する大企業のアメリカ人経営者たちと一緒に、バチスタと会見します。マイケルはホテル経営者として出席します。その中に首都ハバナの高級カジノホテルを数多く所有するハイマン・ロス(「演技の鬼」と呼ばれ、多くの俳優を育てたリー・ストラスバーグが演じている)も同席します。実はロスはマイケルと同様のマフィアの大ボスです。彼はバチスタ政権と癒着して莫大な補助金を受け取り、免税措置でカジノホテルの収益を米国へ持ち去っています。キューバの地図
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2作でひとつの作品がダブルパックででることは当然評価します。
(というか、出ないと悪評価)
映画としては、せいぜい星4っつ、
ゲバラに関しては優れた本がいくつもありますし、
彼自身、著してもいます。
ゲバラに関する作品としては、それらのほうが遥かに優れています。
逆にこの映画は演出に首を傾げる処がチラホラ…。
扱っているのがゲバラでなきゃ星3っつですな。

で、そのゲバラ、昨今若い方にも注目されているようですが、
どれだけの方が彼の著書や、彼に関する書物を読み、
共産主義(革命)等、当時の世界情勢や政治思想を研究しているのでしょうか?
…甚だ疑問です。
ゲバラは『政治には興味ねぇよ』なんて方には無縁の人物です。
というか、革命家や革命がそういったものです。

それでもまぁ、この映画を通してでもゲバラに関心を持った方が
彼に関する著作を読み漁る、なんてことになることを期待します。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前編において、チェは青年医師から真の革命家に成長してゆく「栄光の物語」ですが、後編では一転、ボリビアでの失敗とその死が描かれます。
前編においてチェはキューバ革命を成功に導くわけで異様に高揚感があるのに対し、後編は死までの過程が刻々と描かれているため切迫感が尋常ではない。
ラストの「バルデラーマ」が流れた瞬間に彼の旅はまだ続くのだなと思った。
チェは永遠の旅人だ。死を迎えてもその信念は人々の心で生き続けるのだ。
「人間は死ぬ。しかし、思想は死なない」
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー