通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス モーニング) コミック – 2010/10/22

5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(9) (KCデラックス モーニング)
総額: ¥2,436
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

1491年、11月。フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、各国から貴族や有力市民の子弟が集まる名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、一人の青年と出会う。彼の名はチェーザレ。スペイン出身で、父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。はるか昔、全ヨーロッパを支配し巨大な帝国を築いた英雄と同じ名を持つ青年は、のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの名著『君主論』のモデルとなり政治の天才と謳われた人物だった……。
闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

年が明けて、1492年。チェーザレは本国スペインの歴史的勝利、レコンキスタの終結を祝うため、花の都フィレンツェへと向かう。だが真の目的は、ロレンツォ・デ・メディチと、彼の弟殺害の容疑者ラファエーレ・リアーリオとの同盟を成立させること。メディチ家を襲った悲劇から14年。かつての因縁が選ぶのは新たな平和か、混迷か? ルネッサンス史上最大のミステリー、パッツィ家の陰謀事件の真実を描き出す。

著者について

惣領 冬実
1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html


登録情報

  • コミック: 236ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063759873
  • ISBN-13: 978-4063759877
  • 発売日: 2010/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
1492年。
レコンキスタが完了し、スペインは真のキリスト教国となった。各地で祝宴が開かれ、みなが喜びに沸き立つ。
チェーザレはロレンツォ・デ・メディチに招かれ、フィレンツェでの祝祭に赴く。
同行者はラファエーレ・リアーリオ。
真の目的は同盟の確認。
パッツィ家の陰謀事件以来の確執を乗り越え、ロレンツォとラファエーレは向かい合う。
北方の脅威に備え、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレの目論む教皇庁とナポリの接近を阻止するためにも、三者の同盟は必須なのだ。
しかし今、イタリアの支柱であったロレンツォは病に侵され、倒れる寸前にあった・・・。

歴史が動き、チェーザレが少しずつ政治の中枢に関わってくる。
嬉しい!楽しい!!
難しくなってくるけど、そこがいい。読み応えあるよ〜!

挿まれるピサでのドタバタに和まされる。アンジェロ・・・よかったネ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻が出てから1年以上が経って、やっと最新巻が出た。ファンとしては、ひょっとしたら、このまま終わってしまうのかとも心配して、ずっとやきもきしていたんだけど、とにかく出てくれて良かった。

今回もすごい。ときは1492年。17歳(!)になったチェーザレ・ボルジアは、フィレンチェ、教皇庁、ナポリ、ミラノ、さらにはフランスなどの政争に巻き込まれていく。いや、そんな受動的な立場ではなく、むしろ、彼自身の目的達成のため、その政争を利用していく。

とにかく、ヨーロッパ中世史の重要な一場面に立ち会っているような感じがした。実際の史実通りかどうかは分からないけれど、チェーザレ、ロレンツォ・メディチなどの人物造形も巧みだし、彼らが交わす会話も読み応えのある内容だ。

特にチェーザレがロレンツォ・メディチを前にして、理想の指導者像を語るところなんて、ゾクゾクした。

このまま、ちゃんと連載続いてくれるといいなぁ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 スペイン連合軍がグラナダに入城、ムスリムは無条件降伏及び完全撤退を承諾。
これによってレコンキスタは終結を迎えた。

 喜びに沸きかえる場でミゲルはチェーザレに呟く。
「どちらにせよ元々流浪の身だ。故郷などあってないようなものだ」
「ではいったい何に乾杯しよう」
「そうだな…今日まで生き延びてきたことに」

 また、フィレンツェで行われる祝祭に招待され同行したラファエーレは笑う。
「要は生き延びればよいのですよ。最後まで生き残った者に神は微笑むのです」

 「生き延びること」が難しかった時代。
生まれた時から陰謀や画策の中で生きてきたチェーザレの、無駄の無い人生。
それは強烈なカリスマ性を感じさせつつも、それだけに哀しい。
アンジェロがある娼婦と出会う「自由」を持つのと対照的に、
チェーザレの人生は、家を、ひいては国家を背負ったものなのだ。

 以前イタリアを旅した時、都市間で争った歴史を聞いて不思議に思ったが、
日本での戦国時代と考えれば納得がいく。
家々、都市の代表といえどもそれぞれは「糸」でしかなく、
縒り合わさり一本の「綱」とならなければ他国との対抗は難しい。
更に
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
少女漫画のころからの惣領冬実ファンで、
チェーザレはアマゾンレビューを見てここまで出版された8巻までを大人買いして読んでいます。

世界史はおろか、日本史もまったく興味のない私ですが、めっちゃハマってます。
書き込むとこのコメントだけ浮いてしまいそうで怖いです(笑)

「チェーザレ」という名前は昔から知っていましたが、
彼がどんな人生で、どんな時代の人で・・・なんて
今でもこの「チェーザレ」に描かれている以外まったく知りません。

敢えて、チェーザレがどんな人物でどんな人生だったかを今から調べようとせずに、
惣領冬実さんのチェーザレの世界を楽しんで行きたいと思っています^^

そして、ここのレビューは秀逸で大好きです^^
一度、何も知識のないまっさらの状態で読んで、
その後レビューに書かれている方々の目線をお借りしながら、
もう一度もう一度・・・と読み返すごとに新たな発見と奥深さを感じて、
さらに読み込んでしまう感じです^^

読み手の目線でこれほどまで感じ方が変わるのか、
物語に奥行きが出るのかと、ホントありがたいです。

十人十色のレビュー・・・イタリア好き、チ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー