通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チェーザレ 破壊の創造者(6) (KCデラックス ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェーザレ 破壊の創造者(6) (KCデラックス モーニング) コミック – 2008/11/21

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェーザレ 破壊の創造者(6) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(5) (KCデラックス モーニング)
総額: ¥2,436
ポイントの合計: 40pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

1491年、11月。フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、各国から貴族や有力市民の子弟が集まる名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、一人の青年と出会う。彼の名はチェーザレ。スペイン出身で、父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。はるか昔、全ヨーロッパを支配し巨大な帝国を築いた英雄と同じ名を持つ青年は、のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの名著『君主論』のモデルとなり政治の天才と謳われた人物だった……。
闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

腐敗した世界に差す新しい光。それは産声をあげたルネッサンスを導く者。16歳の司教、チェーザレ・ボルジアの真実ーー。

著者について

惣領 冬実
1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html


登録情報

  • コミック: 236ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063756041
  • ISBN-13: 978-4063756043
  • 発売日: 2008/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
大好きだから星は五つ以外ありえません。甘いかも?四つくらいが妥当?話はたいして進んでないしな・・・。

模擬戦後の祝勝会。年相応にはしゃいでる面々がかわいらしい。特にミゲルとアルバロ。総当りかよ!
和やかな雰囲気はしかしすぐに霧散し、フィオレンティーナ内の密偵の正体が明らかになる。
巻きこまれ重傷を負うアンジェロ。彼の純粋な好意を利用したチェーザレを責めるミゲル。

なんだかこのところミゲルがチェーザレに対して憂悶しているようで気になる。
チェーザレの置かれている立場の難しさ厳しさ(庶子であること、ボルジアの後継者であること、聖職者であること、否応なしに政争に関わっていかねばならないこと・・・)について、ロドリーゴやフランチェスコはなんとも思ってないことを心配している。アンジェロについてのことを責めるのもその一環だろうし、出会った頃の回想シーンに入るのもその延長のように思える。・・・どうなの?

なのにあくまで強気のチェーザレ。本心は違うところにあるようにも見えるけど。ミゲルにも弱音を吐かないんですか!

スペイン語と礼儀作法を学ぶアンジェロは、ピサ編だけで終わらない狂言回しになるのかな。
ホアンやルクレツィア、シレンツィオなどキャラがそろい、性格も判ってきて嬉し
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 チェス 投稿日 2009/6/18
形式: コミック
15世紀後半から16世紀前半のイタリア・ルネサンス期、軍人であり政治家であったチェーザレ・ボルジアを描いた、第6巻。

読み物という形式の中で、漫画の長所の1つは、「表情や仕草などを直接的に表現できる」ことだと思います。
そういう意味でも、ストーリーもさることながら、毎巻チェーザレの人間味溢れる優雅さにうっとりとなります。

惣領冬実さんの描く(『チェーザレ』だけに限らず)、冷たく綺麗な絵は、まるで絵画を眺めているようだ。

そして、この巻の後半には、幼少期のチェーザレとミゲルが出会うシーンが描かれている。
優雅さの萌芽を見せつつも、チェーザレの健気で純粋な表情の数々には、心を打たれました。

『チェーザレ』という作品は、それらを眺めるだけでも、とても価値があると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
火事の主犯が見えた、と思えば、ある意味では友人を失うことに。実際の権力は模擬線ではない。狙う方も、守る方も命がけの全力投球。
アンジェロはとっさに友を守ろうとしたんだと思いたい。その気持ちにチェーザレも気づいている、だからこその、あまりに機能的な言い回し。
ミゲルは良き将校となるであろう。 主君、敵役、所属不明のアンジェロの心までしっかりと把握している。
これからの展開が楽しみなチェーザレ。調べて、納得のいく作品を出し続けてもらって、完結まで読みたい作品。
何となく、銀河英雄伝説とダブって見えてしまう時がある。金髪の小僧、いずれは銀河を手に。
チェーザレは実在だが、まだまだ謎の多い君主。分析も解釈も表現も楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/7/30
形式: コミック
待ち遠しかった新刊。
単行本が出るのが遅くてもしょうがないというぐらいの建物や衣装の精緻な書き込み、時代考証。
チェーザレの運命の激変を予兆させるような後半の幼いころの描き方。
あぁ、早く続きが読みたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
大して歴史に興味のない人間なので、チェーザレなんて名前も聞いたことがない状態で読み始めましたが、さすが惣領冬実さんの作品だけあって、やはり期待は裏切られませんでした。

今のところ、ボルジア家のストーリーと大学内のストーリーが平行的に進んでいますが、そのバランスがとてもいい感じなんです。
難しい歴史や政治の話が終わると天然なアンジェロの話が入るので読んでいて疲れません。

考え方がかなり異なるアンジェロとチェーザレのこれからの友情にも目が離せません。
口では利用している利用していると言いつつ、少しずつアンジェロに心を開き始めるチェーザレの不器用さが少し可愛くもあり、読んでいて面白いです。

6巻まで来てもまだまだ続きそうな内容で、終わるまでには十年以上かかるだろうと思いますが、絶対に最後まで続けてほしいですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告