通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: 非常に良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング) コミックス – 2007/4/23

5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(2) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(4) (KCデラックス モーニング)
総額: ¥2,436
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1491年、11月。フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、各国から貴族や有力市民の子弟が集まる名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、一人の青年と出会う。彼の名はチェーザレ。スペイン出身で、父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。はるか昔、全ヨーロッパを支配し巨大な帝国を築いた英雄と同じ名を持つ青年は、のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの名著『君主論』のモデルとなり政治の天才と謳われた人物だった……。
闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

現代政治学の祖、マキァヴェッリ登場。死期が迫る教皇。次期選挙に向け謀略を練る枢機卿達。ピサではまた1人、策士がチェーザレに近付く。彼の名はニッコロ・マキァヴェッリ。この2人の出会いは運命か、それとも宿命か。

著者について

惣領 冬実
1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html


登録情報

  • コミック: 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063722872
  • ISBN-13: 978-4063722871
  • 発売日: 2007/4/23
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
一巻、二巻は状況説明に費やされた部分が大きかったが、その甲斐あって第三巻からはプロットも、人物描写にも加速度的に魅力が増してきている。
惣領冬実の絵柄はどのキャラクターにもまさに「絵画のような」、ある意味浮世離れした雰囲気を与えるが、次第に顕になってくる各キャラクターの個性が物語そのものにも弾みをつけていると言えるだろう。
主人公のチェーザレが既に「自由を知る支配者」という枠に収まらない素養を見せ始め、今までは巻き込まれ・引き起こし型に終始していた狂言回し・アンジェロも明確にチェーザレとの距離を意識しだす。
加えて、この作品の人物設定において初期段階から成功しているのは、上記二人に加え、チェーザレの腹心であるミゲル(ミケロット)の創作部分である。ユダヤ人であるというミゲルの出自、そして改宗することもせず、チェーザレの傍にだけ迫害からの解放を見出しているという立場。チェーザレと彼の出会い、交流は現在まで丹念に描かれてきている。ミゲルに関係するチェーザレの執心は、史実上のミケロットがチェーザレに長く付き従うことを考えると、おそらく長編になるだろうこの作品にひとつ太く長い線を引くことになるだろう。

今回帯カラーに登場したチェーザレの妹ルクレツィアの、本編での登場も楽しみである。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 
1〜2巻の序章部分がおわり、ようやく本筋に入って加速度的におもしろくなってきました。
今回もまた、巻末に歴史背景や用語の解説がしっかりとついており、これらを読むと
これまで登場人物たちについて諸説云われてきたことが、いかに“根拠の定かでない装飾”
に満ちていたかが納得できるように思います。原氏の翻訳もひとつの“解釈”なのでしょうが、
数百年ものあいだ誹謗され続けてきたことが、気の毒にさえ思えてきます。

3巻では、多くの部分を”学生間で起きた一事件”について割かれていますが、
これまでの3冊を通じて、所々に織り込まれているように感ずるのが、
“人種や言語、宗教が混在するのが、世界であり、
 それらを越え、対話しあえてこそ、理性ある世界というもの”
という、つくり手の側のメッセージのようにも読み取れる、チェーザレの言葉。
しばし世の中の様々な出来事に思いを馳せながら、感慨深く読み進めています。

最後の部分が、雑誌とちょうど同時進行のかたちなので、雑誌もさらに楽しめます。
女性たちも登場してくる華やかな4巻以降が、ますますに楽しみで待ちきれない!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
フランス学生アンリ、チェーザレ含め“悪ガキ”たちの喧嘩シーンは圧巻(笑。
でありつつも、当時の世界情勢を巧みに読者へ報せており惣領氏の
プロフェッショナルさが伺える。

また、ここにきて注目させられるのは、
フィレンチェ、フランス、スペイン
各学生の「服装」がそれぞれの民族性を
重んじて描かれていること。

個人的には、スペイン団の衣装が洗練されているように思える。
フィレンチェやフランスなどは、牧歌的で田舎チックな印象がぬぐえない格好。。
(でもトレンドはフィレンチェが一番だったんだよなーー。
この辺は作者の公式HPで解説がなされてますね)

登場人物各々のキャラ印象を意識付ける効果を狙って
描き分けているのであろうと考える。
なかなかに深い伏線が張られた演出であると思うのは私だけ?

チェーザレの前にでるジョヴァンニ、
アンジェロの前にくるジョヴァンニ、
両者に対峙する際のジョヴァンニの表情が決定的に違う。
(チェーザレの前だととたんに愛らしくなる。。。)
これもチェーザレとジョヴァンニ、アンジェロの力関係や
性格の差を密にかきわけている、と深読みしてしまう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kindleユーザー VINE メンバー 投稿日 2007/5/4
形式: コミック
チェーザレ本領発揮の巻(笑)

相変わらず彼は美しいです。そのうえ賢い。

歴史の上に名を残すのは、聖人だけではないとわかるお話。

表だっては聖人のような振る舞いで、喧嘩を売ってくるフランス団にも受けて立ち(これは必見。マンガなんだから絵は静止画なのに、動きが見える。さすがです)、立ち居振る舞いは華があります。

でも・・・やはり彼の中には野望がうずまいています。

お側に仕えるミゲルのようが、よっぽど実直です。(アンジェロにも優しい)

今回はあのマキァヴェッリが登場してきます。

前巻のダ・ヴィンチといい、中世史ファンなら歓喜しそうなキャストです。

1巻から読んでいる方は、ますます引き込まれて行くことでしょう。

わたしはもう、次が待ち遠しい・・・。

(余談ですが、帯についていたチェーザレの傍らの女性は、妹のルクレティアでしょうか。彼女も兄のせいで数奇な運命をたどるので、どう描かれるのか楽しみです)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー