通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チェーザレ 破壊の創造者(2) (KCデラックス ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェーザレ 破壊の創造者(2) (KCデラックス モーニング) コミックス – 2006/10/23

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェーザレ 破壊の創造者(2) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)
  • +
  • チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス モーニング)
総額: ¥2,436
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

1491年、11月。フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、各国から貴族や有力市民の子弟が集まる名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、一人の青年と出会う。彼の名はチェーザレ。スペイン出身で、父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。はるか昔、全ヨーロッパを支配し巨大な帝国を築いた英雄と同じ名を持つ青年は、のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの名著『君主論』のモデルとなり政治の天才と謳われた人物だった……。
闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

チェーザレ・ボルジア、レオナルド・ダ・ヴィンチ、クリストファー・コロンブス、ジョヴァンニ・デ・メディチ。4人の天才たちの運命の交錯。メディチ家、ピサ大司教、ドメニコ会。一見平和に見えるピサの街は、聖俗入り乱れた政権争いの場だった。チェーザレも自分の父を次期教皇にするため策を講じる。そんな中ローマのロレンツォ邸で、ある天才との出会いがーー。

著者について

惣領 冬実
1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html


登録情報

  • コミック: 235ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063722023
  • ISBN-13: 978-4063722024
  • 発売日: 2006/10/23
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
私のような、世界史アレルギーでヨコモジの苦手な者にでも、ビジュアルの助けを借りることによって、
その時代や登場人物たちのつながりを横軸で理解させてくれている様に思います。
巻末の対談にもあるように、文字だけでなく「漫画(というか劇画)」と合わさって、
学術的な文献としてのクオリティを持った読み物、と言ってもよいのではないかと思われます。
(巻末に詳細な用語解説も挿されており、助けになりました)
カラーページには、今まで見たことのないようなシスティーナ礼拝堂の様子が描かれてあり、
機会があればもっと大きな版で、その入魂の画を、色を、見てみたいものです。
そして、惣領/原 版『チェーザレ・ボルジア』を読んでいる限り、
チェーザレが今までいわれているような、残忍で冷徹な人物であるようには、
どうしても見えてこないのは、わたくしだけでしょうか。
美しいキャラクターたちがそう思わせているだけではないと思います。
巻末の原基晶氏による「ルネッサンス世界の教養学ーダンテ『神曲』」にあるように、
ほんとうのチェーザレ、がどんな風にその時代を駆け抜けたのか、この作品で
あかされてゆくのかと思うと今後が楽しみです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
言わずとしれた残忍で放蕩の英雄、チェーザレ・ボルジア伝である。

といっても詳しい伝記って日本では訳されていないのね?知りませんでした。

私も何かで読みかじっただけの記憶ですが。(川原泉の漫画にもあったね!)

特に2巻は、コロンブスやダ・ヴィンチも出てきて豪華な事この上ない。

システィーナ礼拝堂などの建造物も美しく描かれている。

まだ事件という事件は起きていないのだが、

これからの時代の流れをどう描いてくれるのか、楽しみであります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
レオナルド・ダ・ヴィンチとのやりとりが愉快な巻。

チェーザレの政治家としての権謀ぶりにエンジンが
かかりだす。
朋友ミゲル(ドン・ミケロット)のエピソードに
“ある種のルネサンス”らしさを、
敵でもあるピサ大司教との妖しい一面、
ラストシーン=サヴォナローラへの痛烈な一言が
“一方で暗黒的”な時代イメージを醸し出していてユニークでもあった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1巻と同時発売の2巻。まとめて読むと、読み応えあります。

中世において、世界の中心はイタリアでした。ヴァチカンなど、キリスト教の勢力が圧倒的だったんですね。

チェーザレは劇中まだ16歳ですが、策士の片鱗を見せております。

側近のミゲルとは主従関係ではなく、友情で結ばれているようで温かい気持ちになります。

後半、先般映画でも話題になったあのレオナルド・ダ・ヴィンチも登場。

同時代に活躍していたのは知っていたけど・・・。結構出会いが早かったね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
連載はとっくに始まってる筈なのに単行本は一向に出ない…モーニングを捲ってみても掲載されてない…ホームページを覗いたら先生はやたら謝ってるし、どうなってんの?今回の連載は!―とヤキモキしながらとにかく単行本の発売を今か今かと待ってました。そして漸く発売されたこの『チェーザレ』……凄く面白いです!!!!
私正直世界史は苦手で、チェーザレ・ボルジアについては、昔、川原泉さんの『バビロンまで何マイル?』を読んだ事があるからかろうじて知ってるくらい…だけどそんな私にも理解しやすく本当に丁寧に書かれてあって、(世情に疎いアンジェロがいてくれるし)スルリとお話に入り込めました。1.2巻はまだまだ序章という感じですが、2巻には流石に誰もが知ってる方々が登場して、これから登場人物が増えるにつれ、どんどん面白くなるだろう予感がしてワクワクします。(2巻には用語解説や監修の方と惣領先生の対談などが載っていてとっても嬉しい。)そしてお話もさることながら、絵も本当に素晴らしいです。(あ、因みに私、装丁とカラーの紙質も好き。)これ程の漫画が読めるなら、これからもいくらでも待てそう。イヤ、早く続きが読みたいという気持ちも勿論あるんですが…うぅ…ジレンマ。。。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー