通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★防水梱包により迅速(即日・翌日)に発送いたします。☆良好・美品:『表紙カバー』『帯』付属しきれいな状態です。☆「書き込み」もありません。★万が一不良・不着の場合、迅速に対応いたします。(保障付き)宜しくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記 単行本 – 2004/9

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 46
単行本, 2004/9
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記
  • +
  • チェ・ゲバラ伝
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ゲバラは、若い時代にこんな旅行をしたんだ!喘ぐ古バイクでアンデスを越え、船倉のトイレに隠れて「密航」し、野宿し、ヒッチハイクし、いかだでアマゾン川を下る。金はない、他人の好意にすがるのみ。無鉄砲だが、情熱的な旅のようすを、おもしろおかしく記録する青春真っ只中のチェ・ゲバラ。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ゲバラが帰ってきた。中古のバイクに乗った青年として。映画「モーターサイクルダイアリーズ」原作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 現代企画室; 増補新版 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4773804084
  • ISBN-13: 978-4773804089
  • 発売日: 2004/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は2004年に映画化された「モーターサイクル・ダイアリーズ」のオリジナル版でもあるチェ・ゲバラの医学生時代の旅行記だ。ゲバラといえばいまや世界各国に彼を模した製品があるため消費社会のシンボルと化してしまった感もあるが、彼自身は現キューバ国家評議会議長のカストロとともに若くしてキューバ革命を闘った社会主義的ゲリラ医師なのであった。
とはいえ、本書の語り手である青年は後世の「革命の英雄」という自身への評価を爽快に裏切っているように思う。もう少し言えば、20代前半の彼には人々の厚意を吸い尽くしてトラブルを撒き散らす天賦の才能を持った大きな悪童といったイメージが相応しい。友人のグラナードとともにヒッチハイクや無銭飲食を繰り返し、果てに密航までやらかしてしまう姿には、英雄の名と引き換えに彼が捨てざるを得なかった自由奔放さが溢れている。まえがきでゲバラの娘が「この記録は私にとって、ほかのどんなものより、父を一番近く感じさせてくれる」と寄稿しているが、その言葉は革命家としての彼がついに聞くことのなかったものなのだ。
後年ゲバラは「革命というものは非人間的なやり方で彼らから命を奪うだろうし、後の若者たちを飼い慣らすための模範として、道具として残った彼らの記憶を、利用しさえするだろう。私の罪の方が大きい」という文章を本書の付記とした。歴史に「もしも」はないという。だが一人の青
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
映画をみたので購入しました。訳に問題があるとおもいます。かなり文体がくどく、「ただ訳しました。」といった印象です。内容は悪くないと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kurotaro 投稿日 2004/11/27
形式: 単行本
散文詩みたいな日本語で、学生のレポートを読んでいるよう
原書を読んで、補完的に本書を利用するのがよいのでは
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラテンアメリカの革命家チェ・ゲバラが青年期1951年から52年にかけ、友人とともに故郷アルゼンチンを出発してチリ、ペルー、コロンビアを横断、超貧乏旅行をした記録である。この本を原作とした映画『モーターサイクルダイアリー』を見て、私は大いに感動した。有名革命家の前史というより、ある青年の素敵な破天荒の旅を記録してあり、社会に目覚める青年の一瞬が描かれており、今も昔も変わらないだろうラテンアメリカの素晴らしい自然が描かれてあったからである。私は早速この本を捜し求めて読んだ。
二人の医師の卵がほとんど無一文で旅をしたこと、それぞれの国で庶民の善意やしたたかな話術でもって口糊をしのいだこと、チリを通る辺りから次第と社会の底辺に向けて、ラテンアメリカの歴史についての感想が多くなったこと、彼の学問の専門であるハンセン病施設の訪問を実行していること、などは映画と同じ。細部はいろいろと違ってはいるが、あの映画に流れる精神は同じであった。それは同時にあの旅が本物であった証でもある。私は改めて「貧乏旅行」への意欲がふつふつと沸いてきた。
同時に私はこの本で初めてチェ・ゲバラという人物を知り興味を覚えた。映画にもあったが、彼はハンセン病施設で誕生日を祝ってもらったときこのような挨拶をしている。「はっきりしない見せかけの国籍によってアメリカ(ラテンアメリカ諸国)が分けられているのは、全
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
誇張して言うわけではないが、チェ・ゲバラのすべてがこの本に詰まっているといっても過言ではない。
ゲバラといえば戦いがすべてであり、自由を求めて反抗する闘争家であるが、ゲバラにもこんな時代があったのかといちいち驚かされた。この本ではフィデルと出会う前ではあるが、彼の勇気、冒険心、あらゆう内面的成長をこの南米旅行で成し遂げたのだろうか?ゲバラに対する固定観念を解体されたと同時に彼の原点を垣間見たようにも思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んだ直後に映画を観たのでとても余裕を持って鑑賞できました。二人は若さからだけではなく、本当に輝いて見えました。 
革命家ゲバラになる前の旅行記ですが、彼の革命家としての功績を全く勘定に入れなくても彼はやはりすごい。
どんな思想にももたれかからず、多様な価値観にフラットに向かい合っていく姿勢は美しく力強い。 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック