通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ◇Book Recycle◇
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】若干の中古観がありますが良い状態です。天小口に多少の焼け、全体に多少の汚れ・擦れ・焼けなどあります。Amazon専用在庫です。ご注文後、「ゆうメール」にてすぐに発送いたしますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェンジ・ザ・ルール! 単行本 – 2002/10/11

5つ星のうち 4.1 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェンジ・ザ・ルール!
  • +
  • クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
  • +
  • ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ベストセラー『ザ・ゴール』の第3弾。2作目までの主人公、アレックス・ロゴは登場せず、まったく新しいストーリーとなっているが、優れた経済小説を書き続ける著者の手腕は、今回もいかんなく発揮されている。

   舞台は、ERPソフトを開発して、急成長中のBGソフト社。同社の共同設立者であるスコットとレニー、営業部長のゲイル、関連システム・インテグレータKPIソリューションズCEOのマギーが物語の中心人物である。

   株式市場にさらなる成長を期待されているBGソフト社は、ある問題に直面している。大企業相手に行ってきたこれまでの営業活動を続けていては、やがて市場が枯渇してしまうという現実である。そこで、経営陣は中小企業にまで営業の対象を広げようとするが、それにはこれまでと同じだけのコストがかかる一方、見返りは少ない。しかも、概してコストにシビアな中小企業の経営者たちは、金銭的なメリットなしにシステム導入などしてくれないのである。

   こんな状況下で、大手の顧客であるピエルコ社のCEO、クレイグから新たな問題が持ち込まれた。「業務の見通しがよくなる」といったあいまいなメリットではなく、導入したシステムがどう利益に結びつくのかを説明して欲しいと取締役会で要請があったというのである。しかも驚くべきことに、調査の結果、利益面でのメリットはほとんどなかった…。

   ここから、シリーズの主題であるTOC(Theory of Constraints=制約条件の理論)の話が展開されていく。数少ない成功事例を研究してわかったことは、成功に必要なのは、システムそのものではなく、それを活用するためのルール変更なのだということである。空き時間を作らない、部分最適のスケジュールを行うシステムではなく、全体最適を考えたシステム…。そこにこそ利益向上のヒントがあった。改善することで新たな問題が生じるなど、前作同様のやきもきする展開もあり、読みながら問題解決のための複眼的思考が養われる。

   ビジネスパーソンはもちろんだが、今回はソフト会社が舞台だけに、開発者にとっても興味深い内容となっている。クライアント企業への改善提案のヒントになることはもちろん、自身の開発プロセスを見直すうえでも大きなヒントが得られるだろう。(土井英司)

メディア掲載レビューほか

チェンジ・ザ・ルール!
TOC(制約条件の理論)を小説仕立てで解説したベストセラー『ザ・ゴール』、『ザ・ゴール2』の著者による新作。今度は情報システム投資を利益に結びつける難しさを鋭く描写している。

本書はERPパッケージ(統合業務パッケージ)・ベンダーが、大手顧客から「ERP導入で利益がどれほど上がったのか」と質問されるシーンから始まる。回答に詰まったベンダー幹部は、顧客企業と一緒に経営面の効果を考え始める。顧客企業とベンダーは曲折を経ながら、業務改革の必要性に気付く。そこでTOCをはじめとするスケジューリングの手法を駆使し、納期順守率や売り上げを伸ばしていく。しかし、今度は在庫の著しい増加に直面。これを倉庫管理担当者への権限の委譲と業務指標の設定を含めた在庫管理ルールの改革によって解決し、最終的に全社の利益を倍増させる。これが“ルールを変える”という書名の由来でもある。

投資対効果を深く考えず、闇雲にシステム導入に走る経営者やIT業界に対する強烈な批判である。方法論も持たずにモジュールを追加し複雑になったパッケージの機能拡張に難渋しているパッケージ・ベンダーに対する皮肉にもなっている。


(日経コンピュータ2002/11/18Copyright©2001日経BP企画..Allrightsreserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 328ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2002/10/11)
  • ISBN-10: 4478420440
  • ISBN-13: 978-4478420447
  • 発売日: 2002/10/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
問題が起こる->原因を探る->問題の本質を探る->解決策を練る
機械化、IT化でプロセスのどこかで状況が「良い方向に」変わる。
でも、全体としては「不都合」が起きる。それは、改善されたことに「ルール」が不適合を起こしているからだ。
しかし、ルールを変えるには、皆の合意がいる。えてして、SEはルールをいきなり変えようとして、反発を食らう。
皆の理解の水準をあわせ、攻撃の的にならないように、少しずつ、合意を取りながら、説明をする。この皆の合意を取る「パフォーマンス」が大事である。
この本では、このプロセスが実にわかりやすく物語になっている。物語なので印象として、残る。
今更であるが、必読。繰り返して読むべき。ネゴシエーションの参考にもなる。
1 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読後の感想は、掲題の一言に尽きると思います。
また、ERPシステム導入検討企業についても同じことが言えるのではないか。と感じました。
日本語版では、ゴールドラット先生が、TOCやERPを導入したのに、各組織における旧来のルールをそのままにしておいたら、壊滅的な問題を起こす。これが言いたかったこと。
という非常に親切な前書きを書いておられるのですが、本編を読み終えると、その言わんとする意味が、強く印象に残るようなつくりとなっています。
当たり前といえば、あまりにも当たり前のことなのかもしれませんが、「いや、本当に大丈夫だろうか?」という問いを発することができたら、この一冊の本と読み終えるのに費やした時間は、天文学的なリターンをもたらすのではないかと直感しました!すでに、英語版では出ているのかもしれませんけれども、このTOC理論をサービス業に応用するとこうなる・・というものが出ているとすれば、ぜひ、読んでみたくなります。製造業における事例をサービス業にあてはめると、どうなるか。不明なる私は、その転換をうまくできずに、今、一歩のところという感じが強いのですが。
しかしながら、この一冊の放つメッセージは、より普遍的に通暁すると思います。「システムは入れたけれど」「コンサルタントも来てるけれども」という状況においてどのような問いを発するべきか・・ということです。ね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/12/3
形式: 単行本
長年IT業界で暮らしている私が思っていたモヤモヤが晴れた。
この業界では昔から、お客がやりたい意図を本質的には理解はせずに、機械(コンピュータ)の動作に置き換えて、お客が意図を達成できるかどうかは別の問題だ、と逃げてきたし、そうやって責任回避するべきである、と考えているインテグレータは少なくない。社によっては、そこで出た顧客の不満こそが次のビジネスにつながるといってはばからない。
しかし著者は、お客のやりたい意図を技術で解決することが本来提供するべき価値だろう、という。お客にWinさせよ、と。
従来の甘えた手法ではお客に飽きられているのは日本も同じだ。システム・インテグレーションの要件定義といって顧客企業のためなのか、そこで働いている間接部門にラクをさせるためなのかわからないようなことばかりやって、効率の悪いテクノロジーで膨大にプログラムを書いていてOK、とされた時代は去りつつあると思う。この小説でERPが取り上げられているのは、序文にもあるようにネタのケースがあったからに過ぎないと思う。
ERPに限らずコスト削減をうたっているシステムはいくらでもあり、いっこうに顧客のコストはさがっていない。(さがっていたら、つきあっている会社はビジネスを縮小するしかない)もう騙される企業も少ないのではないか?
「プロフィットが明確にいえないものは、去れ」という著者の主張は前作にもまして私には心に響いた。そういうものを見つけ提案するビジネスをしたいものだ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴールドラット博士によるTOC啓蒙ビジネス小説第3弾。今回は、ERPソフトを販売する会社が舞台で、その業績の驚異的な伸びに陰りが見え、自社の製品や開発プロセスを見直すだけでは直面する課題に適切に対応できなくなり、顧客も巻き込み既存のビジネスモデルのパラダイムチェンジを実行していく様子を追っていく物語。登場人物も業界の将来を見通すビジョナリーリーダーありITの天才あり、いかにもこの産業にありそうな人々が魅力的に描写されており、内容も前作通りスピーディなストーリー展開となっていて楽しく読み進めることができる。個人的には、経理の仕事をしている職業柄「ERPソフトの導入に多額の資金をつぎ込んで、その結果会社の業績にどのように影響するのか?」という素朴な問には過去何度か遭遇し、その都度回答に窮していた経験をもっているので、「バリューを実現するためには、”テクノロジーは必要だか、それだけでは不十分”」で、「チェンジ・ザ・ルール」しなければならないという本書の主張は説得力が感じられる。では、どんなルールをどのように変更しなければならないのか?それは、既存のテクノロジーによって規定されていたルール、例えばビジネスフローや意思決定方法、延いてはビジネスのやり方や市場の見方を、ITによって開放してやり、すべてのビジネスをデジタルのスピードに変えていくことだ。その変更すべきルールを見つけ、またどのように変えていくのかということを考えるヒントがここに書かれている。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー