通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チェルノブイリの春 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注意:この商品は併売(EK)のため品切れの際はご容赦ください(時事・現代)。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

チェルノブイリの春 大型本 – 2014/5/2

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2014/5/2
"もう一度試してください。"
¥ 4,320
¥ 4,320 ¥ 3,456
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チェルノブイリの春
  • +
  • ムチャチョ (EURO MANGA COLLECTION)
総額: ¥7,236
ポイントの合計: 217pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

描くことは「ものの表皮をめくること」。チェルノブイリと福島を彷徨う過程で、ルパージュの目に見えてきたものとは? 前提ありきの作品を拒絶しそのために苦悩もする著者が偏見なき眼差しで生身の人々を見つめ描き上げた、衝撃のドキュメンタリー・バンドデシネ。

内容(「BOOK」データベースより)

その悲劇はまだ、始まったばかりだ。著者がチェルノブイリと福島を彷徨い、偏見なき眼差しで生身の人々と対峙し描き上げた、衝撃のドキュメンタリー2作品。最新作「フクシマの傷」特別併録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 192ページ
  • 出版社: 明石書店 (2014/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750339938
  • ISBN-13: 978-4750339931
  • 発売日: 2014/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 21 x 29.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 652,942位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ルパージュ氏の認識の変化とそれを自覚する過程の描写が見事です。「ムチャチョ」で見せた鮮やかな色づかいを期待して見ると、モノトーン中心の展開に面食らうはず。しかし、なぜ色数を抑えているのか最後に分かります。これはルポルタージュや告発本ではありません。作者の心の内がどのように揺れ動くか、それによって風景がどのように違って見えるのかが素直に描かれています。内容は十分に4つ星です。
しかし、吹き出し中の「mSv」を脚注で「マイクロシーベルト」と読ませているのはいただけません。「mSv」は誰が読んでも「ミリシーベルト」です。やはり「μSv」または「マイクロSv」と表記すべきでした。全体的に数字があまり出て来ないからこそ、こういうところで迂闊な編集処理をしていると余計に目立ち、「ほらやっぱり素人が…」と評価されてしまう。編集者はもっと気を付けて欲しい。せっかくの力作なのに評価を損ないかねません、というわけで星ひとつ減。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現場でのカラースケッチを、行動や場面を補完するセピア調の漫画部分で繋ぎ、それにナレーションを被せたドキュメント方式の作風で、
コンテ・水彩画タッチの美麗な絵でコマ割も大きく、文字もこの手のBDにしては比較的少なめで、とても読み易かった。
データを提示して検証するワケでもなく、不安を煽って面白く読ませるワケでもなく、ただ淡々とありのままを絵で描き、
描いた絵やその過程からその裏にあるモノを見て取ろうとする手法は、人によっては物足りなく感じるかもしれない。
しかし、ただ声高に脱原発を訴えるのではなく、実際に現場に足を運び、見て感じた事を素直に表現しようと、悩み苦闘する姿には好感が持てる。
折りしも某漫画家がその表現で物議を醸したばかりだが、この作品にはそれ程過激・誇張された表現は無いので安心して読んで欲しい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告