通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
チア男子!! がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

チア男子!! 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/5

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 403
単行本(ソフトカバー), 2010/10/5
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • チア男子!!
  • +
  • きみの友だち (新潮文庫)
総額: ¥2,344
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

柔道の道場主の長男・晴希は大学一年生。姉や幼馴染の一馬と共に、幼い頃から柔道に打ち込んできた。
しかし、負けなしの姉と較べて自分の限界を察していた晴希は、怪我をきっかけに柔道部退部を決意する。
同じころ、一馬もまた柔道部を辞めていた。幼くして両親と死別した一馬は、あるきっかけから、大学チアリーディング界初の男子チーム結成を決意したのだ。
晴希と一馬は、宣伝やスカウトなど紆余曲折を経て、理屈屋の溝口、内気で巨漢のトン、関西出身スポーツバカのイチローと弦という超個性的なメンバーを集める。なぜか参加を拒む体操界のプリンスをなんとか参加させ、目指すは秋の学園祭の初ステージ。男子チアへの冷たい視線や各メンバーの葛藤を乗り越え、7人は初ステージで大喝采を受ける。
コーチや新たなメンバーを迎え、チームは全国大会出場へ向けて本格始動するが…。
チアリーディングとは、こんなに激しく美しいスポーツだったのか!
何かに一生懸命な人間の姿とは、なんて格好良いのだろう!
著者の通う早稲田大学に実在する男子チアリーディング・チーム「SHOCKERS」に取材した、みずみずしい若さ溢れる、感動必至の長編スポーツ小説。

内容(「BOOK」データベースより)

柔道の道場主の長男・晴希は大学1年生。姉や幼馴染の一馬と共に、幼い頃から柔道に打ち込んできた。しかし、無敗の姉と比べて自分の限界を察していた晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部。同じころ、一馬もまた柔道をやめる。一馬はある理由から、大学チアリーディング界初の男子のみのチーム結成を決意したのだ。それぞれに事情を抱える超個性的なメンバーが集まり、チームは学園祭での初舞台、さらには全国選手権を目指すが…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 392ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/10/5)
  • ISBN-10: 4087713741
  • ISBN-13: 978-4087713749
  • 発売日: 2010/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,888位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
何度も泣いた。何度も。

軽く生きているように見える現代の男子大学生たち。
でも彼らも胸の内では人に言えない悩みにもだえ、苦しんでいる。
本書ではそれが実に見事に描かれてゆく。
圧倒的な筆致。心をつかみ、激しく揺さぶる。

群像劇でありながら、ひとりひとりの人物を巧みに描き分け、ひとりとして読み手に戸惑わせることがない。
随所に現れる感覚的で詩的な描写もまた、文章の中のアクセントとして心に響く。

そしてなにより、作者の温かなまなざし。
作中で、チアリーディングのことを「誰かを応援することで成り立つ唯一のスポーツ」とあるが、それは翻(ひるがえ)って本書の、そして作者である朝井リョウ自身のモチーフにもつながっていると感じる。

本を通じて、どこかの誰かを励ます。
朝井リョウの本は何冊か読んだ。
いずれも、みずみずしい筆致と明朗でポジティブな視点に充ちた小説群だ。

朝井がそう意識しているかはわからないけれど、彼の本を読むといつも、気持ちが前向きになる。腹に力を入れ直して、もう一度、がんばろう。そう思わされる。

デビュー二作目で、作者はそのこと自体をモチーフとした小説を書いたのだな、と思った。

見事な小説だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2013/4/9
形式: 文庫
絶対に面白いに違いない、と確信していた。
何しろ、「チア」で「男子」なのである。
そこで、文庫になったのをきかっけに読んでみた。

ストーリーはよくできている。
大学生の主人公を中心に、少しずつメンバーが増え、
好奇の目で見られながらも、応援する人が増えてゆく。
2分30秒間の演技と登場人物の想いがシンクロしているところなど、
あらかじめ構成もきちんと計算されている。
また、チアについてあまり詳しくない一般人向けに、最初にチアの技の名前が絵で解説されているのは親切。

特に大きな欠点があるということはない。
したがって、これはあくまでも個人の感じ方次第ということになるのだが、
あまりにも事前の期待が大きかったせいなのかもしれないが、
よく練られて作られてはいるものの、
どこか想定内の面白さを超えられないもどかしさがあり、
すごく面白かったとか、すごく感動したとか、ということは無かった、
というのが読み終えた正直な感想である。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この小説に関してまず間違いなく言えることは、
内容に対して絶対にこのページ数もいらないだろうということだ。

長い。長いんだ。相変わらず描写がくどいんだ。朝井リョウ。

題材は男子チアと珍しいものの、内容はどこにでもありそうな王道青春スポ根もので、
特筆すべき点はなく、少し薄っぺらい。
しかし駄作と言う烙印を押してしまうようなものじゃない。
いや、いっそこの作者は「駄作」と言われるようなものが描ける、または描きたいと思っちゃうような
作家ならもう少しおもしろかったかな。
いつも平均点のちょっと上ぐらいで大きな欠点も長所もなく、「よくできました」と
ハンコを押してもらう、そこそこのものを作ってくるいい子ちゃんの優等生の作文みたいな小説なのだ。

実際、作者が現役大学生だったからとかそういうことで話題になってデビューしたわけだけど、
この作者を「大好き」っていうファンはいるのか。
「大嫌い」って言う人もいないんじゃないかな。それがまさに朝井リョウという感じだ。

男子だけのチアリーディングチームを描いた王道青春ものだが、
この作者はいつも学生の青春とかリアル()とかを題材に選ぶくせに、
全編漂う非リ
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
素晴らしかったです。
登場人物がたくさんいるのに、全員のキャラクターに個性があり、頭のなかに思い描きながら読み進めました。
一度でも真剣にスポーツをやったことがあるひとなら、いろんな場面で共感し、一緒に泣いて一緒に笑えるはずです。
何度でも読みたいし、たくさんの大切なひとに薦めたい一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー