通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ダース・ヴェイダーとルーク(4才) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 単行本 – 2012/5/28

5つ星のうち 4.6 101件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
  • +
  • ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア
  • +
  • おやすみなさいダース・ヴェイダー
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

すべてのスターウォーズファンに贈る笑って泣けるユーモアブック。

ダース・ヴェイダー(父)&ルーク・スカイウォーカー(息子4歳)、銀河の彼方で繰り広げる父と息子の日常ストーリー

"もしも、ダース・ヴェイダーが子育てに積極的だったなら"
シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まず4歳の息子、ルーク・スカイウォーカーと 遊んでやる必要がある・・・


B5変型判 / 64頁(オールカラー) / ハードカバー


訳者・富永晶子 AKIKO TOMINAGA
獨協大学外国語学部英語学科卒業。訳書に『スター・ウォーズ ルーク・スカイウォーカー伝』『スター・ウォーズ オビ=ワン・ケノービの伝説』
『 スター・ウォーズ ダース・ヴェイダー光と影』等、スター・ウォーズ関連書多数。

内容(「BOOK」データベースより)

失笑エピソード満載!「すべての父子にフォースの導きがあらんことを」。ルーカスフィルム公認―暗黒卿の子育て絵本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 64ページ
  • 出版社: 辰巳出版 (2012/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777810313
  • ISBN-13: 978-4777810314
  • 発売日: 2012/5/28
  • 梱包サイズ: 18.6 x 18.2 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 101件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,351位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
16歳の時にスターウォーズとともに育って、いまやボクも5歳の息子持ち。
何度も見たあのシーンが、子を愛し、子育てに苦悩するパパというスタンスで、
パロディ化されています。
正直、かわいいーとかは思いませんでしたが、
こういう切り口もあるんですね。
スター・ウォーズのエピソード1から6ってのは、シンプルに言い換えると
アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーが生まれてから死ぬまでって話だったとは思います。
ハッピーエンドではありましたが、なんか切ない。
その切なさが、これを読むとちょっと癒やされたというか。
たぶん読み手を選ぶとは思いますが、
親となったスター・ウォーズファンとしては、読んでみてよかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
かなり面白い。かわいい///本筋のスターウォーズファンも楽しめるんじゃないかと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本編とは違って、ほのぼのとした父子です♪
幼いルークにヴェイダー卿が振り回されてますw
読み進めると何故か?涙が…w
こんな世界が有ればいいのにな…
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
フォースやライトセイバーをいろんなことに使っちゃいます(笑)。
レイア編と合わせて購入しましたが、毎日ちょこちょこ眺めては頬が緩んでしまう絵本。
自分にとってはここ最近の大ヒットな買い物でしたが、
次のような方は購入の前にご一考下さい。

・SWの世界観を、特にアナキンの生涯をもんのすごく悲劇的に捉えている方
 →彼の生涯は確かに悲劇的で切ない。その固定観念が強く、彼のイメージを変えたくない、
  と思っている方にはオススメしません。

・SWのことよく知らないけど、ここの評価が高いから子供に読み聞かせてみよう、と思ってる方
 →まずストーリー性のある絵本ではなく、ページごとにシーンが変わる構成なので、
  子供に読み聞かせるには不向きです。
  さらにSW、特に旧3部作を観たことがない方には、
  セリフ回しやシーンチョイスの意味が読みとれないでしょうから、
  子供に「どういう意味?」と聞かれてもそのツボの説明が難しいと思われます。

ただし、この絵本をルーカスフィルムが公認したことには、
キャラクターのイメージをかたくなに守る以上に、大いなる意味があったことでしょう。
そういうことを絶対しそうにない
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
確かに時間的には3.5だけど、内容的にはIFもの……か?(笑)
男手ひとつで息子を育てるダース・ヴェイダーと、そのやんちゃな息子ルーク(4才)を描いたほのぼの絵本。

思ってた以上に笑えます。
もう、表紙の時点でいいでしょ。

よくある惹句で、「可愛らしいイラストで、オリジナルを知らなくても楽しめる」的なものがあるけど、各シーンのパロディにもなっているし、『スター・ウォーズ』見ていたほうが楽しめるのは言うまでもない。特に旧三部作を見ていて、かつ異星人たち(ランコアの世話係とか)も覚えていれば、なおいい。

新三部作は一度きりだし、旧三部作も最近は見てないけど、『
...続きを読む ›
コメント 153人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本に描かれているのは、ごくありふれた父と子の日常だ。
パパに構ってもらいたい一心で、質問攻めにしたり、わざと言うことを聞かなかったりと、まだまだ甘えたい盛りの少年。
そんな息子に振り回され、やや育児疲れ気味ながらも、周囲には親馬鹿ぶりを披露する子煩悩な父親。
銀河を巻き込む壮大な戦争とはかけ離れた、ささやかで幸せな世界。
それでも二人は、シスの暗黒卿と、ジェダイの勇者なのだ。
我々は、この父子を待ち受ける結末を知っている。

一緒に来いと誘う父親に、なんで?と少年は首を傾げる。
なんで一緒に行かなきゃいけないの。
なんでお父さんはジェダイなのにジェダイじゃないの。
なんでお父さんは、僕のお父さんなの。

そうする以外に道はないからだよ。
そうしなければ死んでいたからだよ。
手を離したら、生き残るのは、どちらかひとりだからね。

「パパ大好き」

最後のページ、幸せそうなふたりの姿にどうしても涙ぐんでしまう。
世界一有名な父子に、こんな可能性を与えてくれた作者に感謝したい。
コメント 273人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。1歳 絵本