Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 429

¥ 34の割引 (7%)

ポイント : 57pt (13%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[FLIPFLOPs]のダーウィンズゲーム 11 (少年チャンピオン・コミックス)
Kindle App Ad

ダーウィンズゲーム 11 (少年チャンピオン・コミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ダーウィンズゲーム(少年チャンピオン・コミックス)の12の第11巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 429
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 143

紙の本の長さ: 190ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

異能を使う怪物・ドウメとの死闘!! 闘いの後、助っ人・リクの国に招かれるカナメ。そこは島の民が古の暮らしを営む、日本邑。巫女が語る島の歴史と、神のお告げとは……!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 55784 KB
  • 出版社: 秋田書店 (2017/1/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MQTR9TH
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
今巻の感想はタイトル通りです。
全体的に見て面白かったのは面白かったのですが、
展開的に迷走していきそうなヒヤヒヤ感があります。
ダーウィンズゲームっぽくないって感じです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
作画の綺麗さに感動です。ストーリーも良いですが、作画が最高です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
宝探しの時にうっすらと示唆されていた「崩壊した日本」の存在が、少しづつはっきりしてきた今回。
バトル漫画はその気になると延々と引き伸ばすことができてしまい、数巻を経ても一歩も展開が進まず、やがて初期設定すら忘れられてグダグダになることが珍しくありませんが、この作品はきちんと毎巻ごとに展開が進んで行くのが良い所だと思います。

ただ強烈な存在感で序盤を牽引したエイスのリーダー「王」亡きあと、彼に匹敵するほど存在感のある敵役が出てきていないのは少し気になるところ。
主人公や仲間たちが着実に成長し、勢力を伸ばしている一方で、新たに出てきた敵役、ないしその候補である保険屋カネヒラや教主セイゲン、運営側の始末屋オボロなどは、能力こそ強大なようですがインパクトでは王に全く及びません。

最終的には前巻から登場した怪生物「ドウメ」と、その先にある「ダーウィンズゲームの謎」が真の敵なのだとは思いますが、個人的には当面の敵としてもう少し「悪のカリスマ」が欲しい所です。
特に現在敵対中の「保険屋カネヒラ」は「身勝手で卑劣、他人の命を何とも思わない」という点が王と同じでありながら王ほど突き抜けていないため、どうにも劣化版の印象が否めません。「悪の魅力」という点ではまだしも、スズネ編の敵役であった女医の方が数段上だと感じます。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
前巻から新しい章だからある程度は仕方ないが、伏線を張ったり準備したりする流れがかなり長い。
また、せっかく出来た仲間を置き去りにして新しい展開にしたわりには新キャラ等魅力に欠ける
特にこの巻の後半の展開はストレスフルでしかも陳腐。
最大の原因は強大な敵が(まだ)いないこと。まぁいずれオ○ロがそうなるんだろうけど。
強大な敵がいないかわりに小物臭しかしない敵がうじゃうじゃいるせいでカタルシスがなさ過ぎる。

後々この章は良くなかったな、と言われないように作者にはがんばってほしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻末に登場した現住民(?)とドウメなる怪物の正体が明らかになり、孤島をめぐる情勢は混沌としていく。
一方で静観しかできないサンセットレ-ベンズの他のメンバーは、勢い余って(?)クランの進退を賭にしてカナメの勝利を祈るのだが…といった内容。

保険組合のあやしいメガネの能力は未だ謎のまま、怪物vs原住民の争いに介入してポイントを稼いでいく一方、個人的な信念からカネヒラとの敵対を決めたカナメはカネヒラの奸計にはまってピンチ! 以下続刊へ。

いままでのような頭脳戦(?)ではなく、孤島と怪物等の状況説明回ってかんじでしょうか。雰囲気的に次巻で解決しそうではあります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんか全体的に薄い感じ。
話の展開が浅はかというか、作者都合すぎるというか…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover