通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫) 文庫 – 2006/3/10

5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)
  • +
  • ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)
  • +
  • ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていた。彼は真っ先に疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱し、二人は館長の残した暗号の解明に取りかかる。フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム……数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、追っ手を振り払いながら解き進む二人は、新たな協力者を得る。宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングだった。

出版社からのコメント

商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042955045
  • ISBN-13: 978-4042955047
  • 発売日: 2006/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.9 x 10.5 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,595位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2006/5/13
形式: 文庫
中巻では,ルーブル美術館から無事脱出した宗教図像学者と孫娘のソフィーが聖杯伝説の鍵を握るキーストーンを手に入れ,その謎を追うところがハイライトです.

なかなか込み入った謎解きで,実際にダイイングメッセージとしてこんな難しい暗号を残したのでは誰も解けないのではないかというくらい難しい謎解きです.

有名な「最後の晩餐」に関する解説はここで出てきます.話の展開が速くなってきて,しかも本の作りとして数ページという短い節で区切られていますので,もう一節だけと思って読み進むうちに最後まで読んでしまいます.
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ダ・ヴィンチ・コードの文庫本の中ではこの巻が一番面白いです。ややダレた展開だった上巻に比べてもスピード感も良くなり気持ち良く読めます。ただ主人公チームの馬鹿さ加減にも拍車が掛かります。この人達は本当に自分の専門分野以外の知識は小さい子と同じ程度なので本気でラングドン、お前は馬鹿か?と思いました。ミステリーとしての完成度は低く犯人が捕まらないのはこの馬鹿な主人公のおかげなんだなと脳内転換しないと読めません。歴史ミステリーとしては、面白いですがダ・ヴィンチが出てくるのは最初の方だけで後はキリスト教の秘密を追うと言う話しにシフトします。いっそタイトルは「キリスト・コード」の方がしっくり来ると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白い。一度読み出すと、止まりません。だから、面白かったら続きを買うなんて事にしていると、後悔します。翌日が会社だというのに、2時過ぎまで読み続けたくらいですから。

ただ、映画の方は、今ひとつですね。だからこそ、しっかり読みたい一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Dead flowers 投稿日 2009/1/5
形式: 文庫
出版社、配給会社の宣伝もあって人気がでたダ・ヴィンチ・コード。
私は、期待して本、映画を見ましたが、面白くなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2005年度版このミス10 4位。

2004年文春ミステリーベスト10 1位。

ある作品がベストセラーになってから読む場合、期待が大きすぎるせいか拍子抜けすることが多いのだが、この作品の場合違った。「キリスト教」の造詣の深い人が読めば感想が異なるのかもしれないが、少なくとも私にとっては、ミステリーとしても、知的好奇心をくすぐられる作品としても、十分に楽しめるものであった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ダン・ブラウンのベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』の中巻。追撃者から辛うじて逃れたラングドンらは、シオン修道会が隠し続けて来たある重要な鍵を握る事になる。それは、キリスト教の根底も覆しかねない"聖杯伝説"の鍵だった。ラングドンらは、聖杯伝説の鍵を握る新たな友のもとを訪れ、そこでソフィーはキリスト教に関する重大な秘密に触れる事になった。一方で、確かに近づく不穏の影。影の正体を探りつつも、ラングドンらは、聖杯伝説の真実を求めてフランスを後にする。

 物語の序盤に比べて、話は小説的に流れて行く。殺されたソニエールが残した暗号は勿論、ソニエールが伝えようとした"聖杯伝説"の正体や、忍び寄る影の正体を暗示させる展開となっており、登場人物達の裏の側面が、少しずつ、少しずつ見え始める。ソニエールの残した暗号は見事というより他ないが、それだけがこの小説の魅力でない事を改めて感じさせてくれる中盤と言える。

 余談だが、「ダ・ヴィンチ・コード」の劇場版を見た一人として、やはり原作をお勧めしたい。世間では、小説を読んでいないとよく分からないとも言われている様だが、というより、原作で問われている主題や見事な暗号の数々が、憎らしいまでに削られてしまっている点が残念で、況してエンディングも異なる点で、映画とは全く異なる重く堅実な世界観を楽しむ事が出来るだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
上巻は実質的に数時間ほどに起きた出来事。中巻はそれに続く数時間、しかしここで物語は動きます。場面展開もそうですが、重要人物が出そろいます。
スピード感は素晴らしいし、謎解きもピースが揃って来ます。おおよそ読者が結末を考えるのに最低限必要な情報は出そろいます。
その反面か、それとも作者がわざとそうしたのか、不自然な描写が増えます。なぜ、彼はやつを見逃したのか、この人はどうしてそんなリスクをとるのかそんな引っかかりがあります。登場人物が少なく、ストーリーが宝探しという明快なテーマを掲げているので敵役の属性も明らか。しかも上巻で登場した敵役は全て誰かが操っている。すると、操られていない人が黒幕ということになる。そう素直に読んでしまえる。
そうこうしているうちに、登場人物はイギリスはロンドンへと集結します。そして下巻に続く、と。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー