中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダ・ヴィンチ・コード〈下〉 単行本 – 2004/5/31

5つ星のうち 3.8 63件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。前作『Angels and Demons』(邦題『天使と悪魔』)に続く本書は、ページを繰る手が止まらないスリラー作品に仕上がっていると同時に、西洋史の驚くべき解釈をも披露している。主人公のふたりは、モナリザの微笑みの意味から聖杯の秘密にいたるまで、西洋文化の大いなる謎をめぐる知的かつ魅力的な探索に乗り出す。ブラウンの解釈の真偽に難癖をつける向きもあるかもしれないが、その推測のなかにこそ、本書のおもしろさがあるのだ。思わず引き込まれる『The Da Vinci Code』は、豊かな思考の糧となる1冊だ。(Jeremy Pugh, Amazon.com)

内容紹介

キリスト教の闇の歴史が明らかになる大問題作、遂に日本上陸!

暗号解読官でもある館長の孫娘は、一目で祖父が自分だけにわかる暗号を残したことに気付く。ラングドンと二人でダ・ヴィンチが絵に描きこんだ暗号を解き進むうちに、キリスト教の闇の歴史が浮かび上がる……


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 318ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047914754
  • ISBN-13: 978-4047914759
  • 発売日: 2004/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 205,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/6/12
形式: 単行本 Amazonで購入
ダン・ブラウンの宗教象徴学者ロバート・ラングトン・シリーズの2003年3月発表作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの作品の多くの謎を題材に西洋史、特にキリスト教の暗部を付く優れたプロットとなっている。
題材とされている内容があまりに魅力的で、その面白さ故にぐいぐい読める。五芒星・フィボナッチ数列・黄金比・クリプテックス・弱強五歩格etc・・・と、あらゆるファクターが連鎖する鍵となり、奥また奥へと迷宮の到達点へとずんずん突き進む。教えられて頭の中にインプットされている西洋史やキリスト教が、その途中で多くの疑念とともにビネガーの中に溶けて行く感じがする。(●^o^●)
レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば有名な裏返しの文字による記述に象徴されるように多くの謎をその作品に意図的に残している。本書の中にも多く突っ込んだ謎解きが出てくるが、特に下巻の挿し絵にも入れられている『最後の晩餐』の謎の部分が最も興味深かった。ただ、登場人物等の動かし方というか筆力は今一歩の感はあるのは残念だ。
本書を読了後、再度ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を見ると同じ視点では見ることはできないだろう。レオナルド・ダ・ヴィンチの謎、奥深し。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ダ・ヴィンチ・コード」(上)に続く、この下巻は、
上巻から引き継いだ謎を紐解いていきます。
聖杯伝説、この言葉をどれだけの日本人が知っているでしょう?
なのでそれの歴史についての解説や、
薀蓄的な知識を学ぶのにはもってこいの作品です。
話の作り方は上手い。絶妙のミステリーといっても過言ではない。
でもそれ以上に何もない。
本質的な奥深さがありません。
表面的な楽しみのみあって、あとには薀蓄的な知識しか残らない。
しかもこのフィクションの小説のどこまでが真実でどこまでが虚構なのか、の明確な線引きが為されていないので、
読んだ私としてはただ戸惑うばかり。
けど別にこれを批判するつもりはないので、
エンターテイメント作品としては十分に楽しめると思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 たたみかける展開と物語の上手さに一気に読んでしまいました。とにかく寝るのも惜しいぐらいなドライブ感と欧州文化のマッタリ観の絶妙な融合。最近の本の中では一番の出来でした。
 特筆すべきは、この本を読んで『キリスト教の異端派』について益々興味が増したことです。他の多くの書物にあたらなければいけないと感じさせる不思議な魅力を持った物語でした。
 本と同様に、映画化も楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Javier 投稿日 2005/7/28
形式: 単行本
よくレビューに本書は史実に正確だと思う、とか考察や歴史公証に関心しているコメントが書いてありますが、CNNのリポートでルーブル美術館の職員によると65歳定年のフランスなのに館長のジャック・ソニエールが76歳だったり、教会にあるP・Sのイニシャルを無理やり(Priory of Sion)と読んだり(ほんとは聖者のイニシャルのようですが)、どこまで本当なのかかなり疑問で、とりあえずはハチャメチャなエンターテイメントとして読むほうがよさそうです。であれば、展開がハラハラしてわりとおもしろいと思います。
しかしオパス・デイは実在する団体で、スペインではビジネスマンや学者にオパス・デイ系のエリートが多く、この本がなまじベストセラーになっている為、彼らはずいぶん迷惑を受けているようです。日本で例えば、創価学会のような本当の宗教団体が、フィクションとはいえ、実名で攻撃されているわけですから。かつ、冒頭の「歴史的・文化的な記述は正確」という断り書きに、関係者は頭にきているようですね。
ただ、カトリック国のフランスやスペインでも売れているところをみると、そんなに信心深い人達ばかりではないのでしょうか。特に若い人達の教会離れが深刻とも、こちらのニュースで報道されています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 トータルの面白さとしてはまあまあ。しかしながらこれほど大騒ぎするようなミステリーとはとても思えません。
 もともと日本人にはなじみの薄い欧州の宗教が絡む物語なので、そこのところでまず日本人には今ひとつピンと来ない舞台設定だと思います。
 ネタバレのため、未読の人は読まないでほしいのですが、タイトルのダ・ヴィンチ・コードを信ずるとややはぐらかされます。なぜってこのミステリーはルーブル美術館官庁が作った謎を解明するのがほとんどだからです。個人的にはダ・ヴィンチの残した絵画などにもう少し謎が隠されているものだと想像していたので、やや肩透かし。黒幕も主要登場人物が少なすぎ、簡単に予測できるのもマイナス。上下巻で約650ページですが、さしてドラマが二転三転でもなく、本当に海外で高評価なのかちょっと謎が残りますね。どうも欧州、北米ではやはり宗教に絡んだ歴史ロマンは受けが良い。その土壌がわからない日本ではややいまいちではないかと考えます。
 謎解き自体はほどよい難易度で、時間をかけて真剣に考えれば結構答えが得られるものが多いので、謎解きとしては面白いですよ。
 テンポもよく娯楽小説としては面白いとは思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー