中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉 単行本 – 2004/5/31

5つ星のうち 3.9 360件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。前作『Angels and Demons』(邦題『天使と悪魔』)に続く本書は、ページを繰る手が止まらないスリラー作品に仕上がっていると同時に、西洋史の驚くべき解釈をも披露している。主人公のふたりは、モナリザの微笑みの意味から聖杯の秘密にいたるまで、西洋文化の大いなる謎をめぐる知的かつ魅力的な探索に乗り出す。ブラウンの解釈の真偽に難癖をつける向きもあるかもしれないが、その推測のなかにこそ、本書のおもしろさがあるのだ。思わず引き込まれる『The Da Vinci Code』は、豊かな思考の糧となる1冊だ。(Jeremy Pugh, Amazon.com)

内容紹介

ダ・ヴィンチが絵に込めた暗号とは? 全米650万部突破、話題騒然の衝撃作

ルーヴル美術館長が死体で発見される。その夜館長と会う約束になっていたハーヴァード大教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められた。その死体は、ダ・ヴィンチの最も有名な素描を模した形で横たわっていた……


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047914746
  • ISBN-13: 978-4047914742
  • 発売日: 2004/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 360件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,357位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 じいく VINE メンバー 投稿日 2005/1/17
形式: 単行本
 本作があまりにもリアリティに欠けるという厳しいレビューがありますが、私は「面白ければ、どうでもいい」と思います。歴史書や図鑑じゃあるまいし、細部にこだわって、「現実とここが違う」なんて1つひとつ報告しても、だれが喜ぶのでしょうか。
 娯楽小説と考えれば、とても面白い話です。みんながよく知っている(と思っている)ダヴィンチや彼の作品に、これだけの謎をちりばめ、読者に「考えてみよう」と思わせる暗号も用いるなど、ワクワクする本です。
 少年時代、明智小五郎やシャーロック・ホームズを読んだときのような楽しい気持ちで読めました。最近の作品だと、名探偵「コナン」に出てきそうな謎解きです。
 繰り返しになりますが、美術とか宗教とかルーブルに精通しており、現実との細かな描写が気になる人には向いていません。「映画化を意識した」という批判も、逆に考えれば、それだけ映像が頭に浮かぶ作品ということです。分厚い本2冊ですが、一気に読めました。スリリングな娯楽作品が好きな人は、ぜひどうぞ。
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
_
一気に読み終わった。
神格化され、教理化されたこれまでのイエス像に
挑戦する大きなテーマを持った小説。
イエスはマグダラのマリアと結婚しており、
十字架で死んだ後、マリアはフランスに逃れて
娘をもうけたという。
イエスの時代、そして死後300年間は
人間として扱われていた。
イエスは325年のニケーアの公会議で神になり
都合の悪い証拠は抹殺されていった。
こうしたカトリック教会のタブーに挑む
論説を横糸に、ミステリーが進行する。
キリスト教に関心がなくても、楽しめる第一級のストーリー。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
余りにも有名で、一部の内容は事実に基づいていると発表したため、真偽について議論まで起きたイエス・キリストの異説による歴史ミステリー。
ダン・ブラウンは、物語の導入から終幕まで随所に見所を用意した展開といい、まるで最初から映像化を想定しているかの様な書き方だ。
大作小説にありがちなサブストーリーへの脱線などテンポを失う無駄は一切無く、大筋はしっかりと計算構築された決して退屈しないストーリーで支えられ、ほどよいバランスでフランス、イギリスとの美術と歴史、観光名所の薀蓄を散りばめた極上の娯楽作品に仕上がっている。
翻訳も素晴らしく読みやすいので、1冊1日で読み切れてしまうと思う。
映画の方は2時間半あっても、この密度の濃いストーリーの本来あるべき緩急の間を全て詰めてしまったダイジェストに近いものだった。鑑賞対象が既に一度小説を手に取った人向けの印象が強かった。
今更ながらだが、映像を未見の人は是非小説から手にとって読むことをオススメしたい。映画でピンとこなかった人も、この小説で改めて極上の娯楽体験をして欲しいと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 あまりミステリー小説は読まないのだが、これは結構面白かった。
正直キリスト教にはなじみが無いので、話を完全に理解できたかどうかは分からないが、とかくダヴィンチの絵画の解釈の仕方だとか、西洋史の面白さとかを味わうことが出来た。宗教を題材にした本はあまり手をつけたことがなく、特にキリスト教については良く知らなかったので僕にとっては刺激的な本だった。
 この物語の憶測が正しいかどうかは別として、雑学的な事実が満載の本であると思う。特に「キリストに妻がいた」という考え方は革新的であると思う。キリスト教信者の間で物議をかもすのも頷ける。また物語に出てくる歴史的な場所の描写は正確なので、フィクションでありながらも現実の世界とつながっていて、作者の考えが小説と言うフィクションを通しながらも実際の世界と結びついているという印象を受けた。作者の豊富な知識に裏づけされて展開されるこの物語は飽きずに読むことができる。
 この作品については「登場人物に人間味がない」とか、「間違っている」とか批判の声も多いようだが、登場人物に人間を求めるような文学的な本ではないし、間違っているというのは作者の考えが読み手のそれと違っているということであろう。この本はカテゴリーでいえば「ミステリー」であるが、どちらかと言うと筆者のキリスト教についての研究報告書のようなものであると思う。僕は最初
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック