中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉 単行本 – 2004/5/31

5つ星のうち 3.9 361件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

ダン・ブラウンは本書『The Da Vinci Code』で、世界を舞台にした殺人ミステリーの醍醐味と、2000年に及ぶ西洋史から選り抜いた魅惑的な謎の数々とを組み合わせた、知的で明快なスリラーを見事に創造した。

閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。前作『Angels and Demons』(邦題『天使と悪魔』)に続く本書は、ページを繰る手が止まらないスリラー作品に仕上がっていると同時に、西洋史の驚くべき解釈をも披露している。主人公のふたりは、モナリザの微笑みの意味から聖杯の秘密にいたるまで、西洋文化の大いなる謎をめぐる知的かつ魅力的な探索に乗り出す。ブラウンの解釈の真偽に難癖をつける向きもあるかもしれないが、その推測のなかにこそ、本書のおもしろさがあるのだ。思わず引き込まれる『The Da Vinci Code』は、豊かな思考の糧となる1冊だ。(Jeremy Pugh, Amazon.com)

内容紹介

ダ・ヴィンチが絵に込めた暗号とは? 全米650万部突破、話題騒然の衝撃作

ルーヴル美術館長が死体で発見される。その夜館長と会う約束になっていたハーヴァード大教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められた。その死体は、ダ・ヴィンチの最も有名な素描を模した形で横たわっていた……


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: 角川書店 (2004/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047914746
  • ISBN-13: 978-4047914742
  • 発売日: 2004/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 361件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 八木下滋 VINE メンバー 投稿日 2006/7/29
形式: 文庫 Amazonで購入
本作品は、サスペンス・ミステリーとして第一級と言ってよいであろう。しかし、特にカトリックの教義を否定するかのような歴史的な謎を扱っているにしては、重みのない作品である。読み終えた後に大きな余韻が残る作品でもない。これは私がキリスト教徒でないため、ヨーロッパ文化の中で育っていないためかもしれない。

難解な表現はないし、キリスト教や事件の鍵に関する解説も登場人物を通してなされているので、エンタテインメントとして気軽に読み始めるのがよい作品と言えるだろう。特にキリスト教徒でない日本人なら、キリスト教が全否定されたところで実害は何もないのだから。
(これは上中下巻を通してのレビューです。)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
スピード感があって読みやすくて、面白い!
中世ヨーロッパの歴史や史実もあり、旅行してみたくなるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観るにあたり、基礎知識が無ければ楽しめないと各メディアに書いてあったので先に読んでみました。

隠された暗号を主人公が解いてゆく過程がとても面白かったですが、ローズ・ラインやサン・シェルピス教会やら西洋美術や宗教学に疎い私としてはイメージが出てこなかったのでWEBで確認しながら読み進めていきました。

私はキリスト信者ではないのでなんとも思いませんが、キリストに血の血脈が残っているという設定は西洋的には大問題なのでしょうね。映画上映開始時には、現にカトリック系神父は抗議デモを行ったり、ある国は上映禁止をしたとか?

本の中でも、血の血脈は許されない故に抹殺するというものすごいロジックでテンプル騎士団が虐殺されたりシオン修道会が狙われるのですがどこまで事実でどこからフィクションなのか判断がつきかねました。

エンターテイメントしては合格の出来なので、おすすめします。あと、原作読んでから映画を見に行ったほうが楽しめますのでそれもおすすめしちゃいます
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
上中下巻を一気にするすると読める本である。

何かと印象が似ている・・ご都合主義の謎解き、安心できる逃避行、
適度なうんちく、深みの無さ・・そう、映画「ナショナルトレジャー」だ!
ちなみに、私はこの映画が結構好きである。

ルネッサンス時期やキリスト教のうんちくの知識が適度にあれば
より楽しく読めると思う。何で題名に「ダ・ヴィンチ」が入るのか
よく分からないけれど・・。

シラスとアリンガローサ司教の描かれ方は良かったと思う。
ああいった宗教には胡散臭さを感じてしまうものだが、二人とも
ある種の敬虔さが漂っていて、魅力ある人物となっている。
スペインで二人で教会を建てていた頃が一番幸せだったのだろう。
映画版は、シラスの最後の祈りがカットされていたし
何とも中途半端な描かれ方をしていて残念なキャラになってしまった。

楽しめる娯楽作品。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画化、マスコミの扇情と見事に乗せられ読んでは見たものの、内容的には

わりとありきたりでした。

文章的にも間に翻訳が入っているからなのか甘い目に見てもワクワクする部分

が少ないというかほぼ無い。

主人公ラングドンシリーズの第2作とのことだが、たまたま題材がよかったから

2作目は売れたんじゃないの?と邪推してしまった。

しかし、テンプル騎士団、ダ・ヴィンチ、ボッティチェリが聖杯伝説に

絡んできたり、聖杯とは・・・だと見解が載っていてインディジョーンズで

聖杯ってなんだろうと考えていた私にはそれなりに興味深く読めました。

ただ、京極シリーズなど読んでから読むと、文章が平易すぎて3巻に

分けていても1日あれば十分読めます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
面白いと答えます。しかし、面白さはハリウッド映画的

面白さであり、タイトルから想像される面白さとはかなり

異なります。この本を読んだら映画を見る必要はないと

思いますし、逆もまたしかりと思います。

タイトルからは、謎解きに力点が置かれているような印象を

受けますが、そちら方面の仕掛けは全く貧弱です。

ヒロインを暗号の専門家にしたのは、陳腐とさえ言えます。

余り共通点はないので、適切な対比かどうか自信がありませんが、

過去・現在・宗教が絡む話として

「フーコーの振り子」の方がずっと面白いと感じました。

また、実際上、この話の本筋にはダ・ヴィンチは関係ありません。

そういった意味で、このタイトルは、羊頭狗肉の感があります。

私は借りて読んだので、それほど腹も立ちませんでしたが、

自腹を切るなら文庫2冊分くらいまでの感じでしょうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー