中古品
¥ 409
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常にきれいな状態の商品です。※破れ・書き込み・線引きはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダンゼン得する 個人事業者のための会社のつくり方がよくわかる本 単行本 – 2009/4/18

5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 16,409 ¥ 67
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

個人事業主の方、フリーランスの方、はたまたこれから会社を辞めて、事業をはじめようとする方のために、「個人事業」が得なのか? 「会社」が得なのか? きっちり納得したうえで、「よし、会社にしよう」とか「今はまだ個人事業でいこう」と判断できる書籍です。

会社のつくり方は、会社法の改正により比較的簡単になりました。会社のつくり方にテクニックは必要ありません。大切なのはパターン化した会社のつくり方を知ることではなく、どんな会社をつくりたいのかきちんと把握することです。
この本は、会社をつくるうえでのメリット・デメリットを検証した知識が、おのずと会社をつくるときに役立つしくみになっています。

個人事業を法人化するにしても、いちから会社をつくるにしても、何か「メリット」があるからこそ決断できるはずです。もしかしたら、デメリットもあるやもしれません。その分岐点は事業の種類や売上規模によってもまちまちです。この書籍では、業種や売上規模によるシミュレーションを載せていますので、参考にしてみてください。
メリットやデメリットを知ることが十分検討することにつながります。その比較作業が、法人化までの手順を理解する、大きな助けとなります。そして、あなたの会社の強みになっていくはずです。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原/尚美
税理士。東京外国語大学英米語学科卒業。東京都大田区で、女性ばかりのスタッフ17名の会計事務所を主催。事務所経営の傍ら、会社法のセミナー講師なども務めるほか、地方公共団体外部監査人、成年後見人、租税訴訟補佐人としても活躍中。東京税理士会蒲田支部で、小規模事業者のための税務支援部長を長く務めた後、現在は研修部長に就任。税務会計のみならず、財務会計に強く、起業相談から資金調達の相談まできめ細かく応じている。中小企業向けのIT支援や、給料計算代行・記帳代行を得意とする一方、英語力を生かして国際課税の分野にも精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: ソーテック社 (2009/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881668463
  • ISBN-13: 978-4881668467
  • 発売日: 2009/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,366位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
フリーのデザイナーです。

この手の本をよく読みます。
「会社にしたほうがトクだよ」大方の本にはそう書いてあります。
この本もそうでした。

ただ、この本が他の本と違ったのは、チェックリストが付いていて、
チェックリストに答えるたびに、
自分の事業の規模や将来のプランが個人事業のまま進めたほうがいいのか、
会社にしたほうがいいのか、自分自身で再確認&再認識できることと
ある程度の道筋を与えてくれるところにあります。

単純に、
会社にしたほうがトクだ!
会社にしたほうがこんなメリットがある!
といわれれば、もちろん会社をつくりたくなりますが、
本当にそれで大丈夫なの? と一抹の不安が残ります。

そんなとき、各項目を勉強しながら、ひとつひとつチェックリストをつけていると、
勝手に背伸びしてる自分がいたり、
チェックリストの質問の意味がわからない自分がいたりしました。
その質問の回答を考えるために、またその項目を読み直したりして、
単純に「おトクとかメリット」だけではなく、
会社をつくったあとも役立つであろう、経営の基礎知識を身につけられた気がします。
...続きを読む ›
コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KUNISAN VINE メンバー 投稿日 2013/2/2
形式: 単行本 Amazonで購入
会社員の副業でWeb系の個人事業をやっています。
漠然と「いつか、会社としてスタートした方がいいのかな」と思ったりしてた中、本書を手に取りました。
中にチェック項目がいくつかあるのですが、これを見る限り、私の事業は今の段階ではまだ会社にしない方がいいということがよくわかりました。
会社は手間と人出とコストがかかり、これをクリアできる程度の利益がないとメリットが無いことがよくわかりました。
大変参考になったので5つ星です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先日会社を作ってみました。何事も経験と思い、司法書士・税理士に頼らず、定款を自分で作成し、法務局や税務署には自分で足を運びました。

この本は概念的な部分、法人を作ることのメリット・デメリット、会社を作ったあとどうなるかという部分に詳しく、方向性を考える上で参考になりました。

一方、例えば定款の条項について、どのような場合にどのように記述するかといった文例やサンプルがやや少なく、具体的な設立手続きについては他の書籍を参考にする必要がありました。

事業構想を練る段階で参考にするのがよいかと思いました。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 けいちゃん☆ VINE メンバー 投稿日 2010/5/13
形式: 単行本
 内容は、まったくタイトルの通り。個人事業者向けの、ダンゼン得する会社のつくり方がよくわかる本です。

 巷には起業を煽る本があふれかえっています。それらの本はメンタル面でやる気を出すのには役立っても、具体的にどういう手続きを踏めば会社を立ち上げられるのかについては言及していない場合がほとんどです。
 この本は、それらの本とは一線を画します。それらの本とは全くの逆の本です。ただひたすら、会社を作るにはどうすればいいのか、どういう条件の人が会社をつくった方が得で損をしないか、会社であることのメリット・デメリットなどが、延々と語られています。
 特に著者の方が税理士なので、税金の面からのメリット・デメリットについては事細かに語られています。

 以上のことから、この本のターゲットは限られます。しかし、そのターゲットである今すぐ会社を立ち上げる人や、現在、個人事業者の人は、絶対に読んだほうがいいです。
 熱意だけでは、会社を立ち上げることはできても、会社をまわすことはできません。会社を立ち上げることすらできないかもしれない。他の本で熱意をたぎらせ、その熱意を具体的な行動に落とし込む、熱意の次の段階で読むべき本。
 また、会社とは何かという問いにも考えさせられます。

 個人の価値観や働き方
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人事業主です。

そろそろ会社設立も考えないとなあと思っていたところこの本に出会いました。

まだ関係ないかなと思いきや実は損しているかも・・・。
ということがわかりました。

なんとなく、知っているつもりの部分がこの本を読むことで理解できます。

またここが秀逸なんですが、個人?会社と迷っている人向けに、
会社設立か個人が有利かを簡単に判定できる付録がついています。

これがとても役に立ちました。

また、業種もデザイナー、コンサルタント、カメラマン、美容院、飲食
工事業、雑貨店など幅広く事例が掲載されているため、イメージがつきやすい。

会社設立も1つの目標でもあります。こういったわかりやすい本は実用書としても
いいですが、モチベーションをあげる為に、手につくところに1冊あるととても
便利だと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー