通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ダンスと音楽 躍動のヨーロッパ音楽文化誌 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 限りなく新同。帯付き。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダンスと音楽 躍動のヨーロッパ音楽文化誌 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/26

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/4/26
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダンスと音楽 躍動のヨーロッパ音楽文化誌
  • +
  • 音楽を考える人のための基本文献34
総額: ¥4,752
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

踊れない音楽はない!
戦い、結婚、葬送など、原初より人間のいとなみとともにあったダンス。
古代ギリシャから現代まで、ダンスがいかに音楽に本質的な影響をあたえ、
社会や文化の歴史とともに発展してきたかをたどる知の一大パノラマ。

原初には一体のものであった音楽とダンスは、
それぞれの独立性を高めながらも
たがいに補完し合い、影響を与え合って発展してきた。
宮廷の舞踏会からダンスホールへ、
ナショナリズムの勃興とともに盛んになった民族舞踊から
劇場で踊られる近代バレエへ、
プリミティヴな躍動と芸術とのはざまで出会う2つの芸術の関係を、
ヨーロッパの文化史の流れとともに描きつくす! 「太古の昔から、人が踊るところにはつねに音楽がありました。
もっとも原初的な芸術であるダンスは、しばしば民衆の創意から生まれ、
ごく早い時期からクラシック音楽に影響を与えてきました。」 ──ルネ・マルタン(ラ・フォル・ジュルネ音楽祭アーティスティック・ディレクター)

著者について

クレール・パオラッチ(Claire Paolacci)
歴史学者、音楽学者。2006年、パリ第一大学博士課程修了(研究対象は1914年から45年までのパリ・オペラ座の歴史)。
これに先立ち、サン=モール=デ=フォセ地方音楽院で楽器学、音楽史、舞踊史を学び、
ナチス占領期のパリ・オペラ座におけるセルジュ・リファールの活動にかんする論文を発表。
現在、パリ音楽博物館講師。パリ第四大学(ソルボンヌ大学)やスコラ・カントルム音楽院で教鞭を執る。
近著に『伝説的な舞踊家たち』(Ellipses, 2015)がある。 西久美子(にし・くみこ) 日仏英翻訳者。2005年、東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。
2008年、リヨン第二大学文学・言語学・芸術学部修士課程修了。
訳書にJ.-J.エーゲルディンゲル『ショパンの響き』(小坂裕子監訳、音楽之友社、2007)、
E.レベル『ナチュール 自然と音楽』(アルテスパブリッシング、2016)がある。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: アルテスパブリッシング; 四六版 (2017/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865591613
  • ISBN-13: 978-4865591613
  • 発売日: 2017/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.7 x 12.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,706位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

2017年のラ・フォル・ジュルネのテーマに合わせて執筆された本。
ダンスと西洋音楽の関係について、幅広いテーマを取り上げた本。
ワルツはもとより、ロンド、メヌエット、パッサカリア、ポロネーズなど。
音楽用語には、ヨーロッパ各地のダンスの名前から来ているものが多いのに驚いた。
バレエと音楽の関係についての歴史的な変化についても興味深かった。
ラ・フォル・ジュルネが終わった後も、長く楽しめる本だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告