通常配送無料 詳細
2017年6月30日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆表紙に若干の使用感はありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス) コミックス – 2015/8/12

5つ星のうち 4.7 173件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『ダンジョン飯 1-4巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
  • +
  • ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)
  • +
  • ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゴーレムを、たおして耕せ!

餓死の恐れと隣り合わせで、ダンジョンを進むライオス一行。
地下3階で彼らを待っていたのは、ゾンビに幽霊、生ける絵画や、
ゴーレムといった食べられないモンスターばかり。
この未曾有の危機を、どう乗り越えるのか!?
知られざる魔物の生態と、食への活用法が、いま明かされる!
空腹と戦う、全てのダンジョン攻略者に捧ぐ。はらぺこダンジョンファンタジー第2巻!


登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2015/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047306762
  • ISBN-13: 978-4047306769
  • 発売日: 2015/8/12
  • 梱包サイズ: 18 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 173件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
1巻に比べるとインパクトが弱いというか、
「モンスターを食べる」感は少し薄らいでいます。

が、2巻は「架空グルメ物」というよりも「リアルなファンタジー世界を描写したマンガ」という感じで、
普段描かれることのないファンタジー漫画の現実的な部分に焦点があたっていて
1巻とは別の視点で楽しめるようになっています。

ストーリーはあまり進んでいません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
宝虫の巣のジャム!
あんなキレイで美味しそうなジャム今まで出会ったことないです!
あと意外と簡単に作れちゃう聖水(笑)
がんばったら自宅でも作れそうですね。
今度あり合わせのもので作ってみようと思います。
そして、絵画の話……。
嫌な予感がしますね~w
あの黒い肌のエルフ、あの子が『狂乱の魔術師』だったりして。
ライオスが元凶だったりしてww
つづきが楽しみですね!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さいづち 投稿日 2017/1/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は、RPGが大好きです。でも、倒した魔物を食べる発想はありませんでした。斬新で楽しいです。RPG好きなら間違いなく楽しめると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
RPGに料理を足したこの漫画
この世にないものを描いているのにおいしそうと思ってしまう先生の画力と発想に感激です。
1巻が面白かっただけに、少し不安でしたが、自分がおろかでした。
これからどこまででも広げられるよい漫画だと思います。
男女問わずお勧めできる漫画です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
何故かオリジナリティ溢れる作品。いや、凄いな。

迷宮ものなんて最早使いつくされて、新しいものなんて出来ないと思っていたのに。

行き届いた設定に、食方面に拘ることによって生まれたリアリティはどうだ。なんという新しさか。それでいて既存のゲーム系の迷宮物の域を一歩も出ておらず、それでいて読者に予想もさせないという離れ業である。

非常にレベルの高いパーティなら戦闘で苦労する事はほとんど無い。それでも迷宮攻略というのは大変なんだよ、というのは今まで見なかったと思う。バッサバッサとモンスターを斬り捲っていれば簡単に迷宮なんて攻略出来ると思ってはいけない。人間だもの。それ以前に食べたり飲んだり出したりしなきゃいけない。レベルが高かろうが陥る油断だってある。

そこに読者が嵌る陥穽がある。そんな事など考えたことも無い読者には、本当に冒険者がいればまず悩まされる筈のそういった普通の困難が逆に新しいのだ。ライオスたちが次々と迎える困難。それら全てがありふれているのに新しい。

もちろん、売りであるモンスターをリアリティをもって食べるというところも健在で新しいのだが、この巻はそれよりライオスたちベテラン冒険者が当たり前にこなす様々な迷宮の中の日常が新鮮で新しかった。

次も楽しみだ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
面白い! おいしそう! この作者のストーリーテリングの才能と画力には以前から感心していましたが、たぶん、この人、料理もうまいんだろうな~と推測。
料理を作るシーンのセンシの手つきや動きの描写がリアルで、テレビのお料理番組を見ているような気さえしてくる・・・だから味まで想像できる気がしてくるんでしょうね。
この迷宮をもらえたら、地下はモンスターの生息場所として確保、オークを雇って捕獲してもらい、地上部はホテルとし、センシには料理長になってもらい、世界中のグルメやゲテモノ好きを引き寄せて大儲け・・・すぐに五つ星をもらえる気がする。私、ミミックをオーダーしますね。ゲームでは手こずらされて、ほんっと、嫌いなキャラだったんだけど、あんなに美味しそうだとは知らなんだ・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
安定して面白いです。ゴーレムやミミックなど、よくもまあ腑に落ちる設定を考えられるなあと思います。この調子で続いて欲しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
またまたやってまいりました!
ほぼ一文無しになってしまった為、食料をダンジョン内で自給自足することになった四人の活躍(?)です。
前巻の「動く鎧」の引き続き、「さまよう金貨」や「ミミック」などを「食べられる生き物」として描写するその発想力は脱帽です。
今回はただ自給自足を描くだけではなく、オークを言葉の通じる亜人種として描くことでただ殺し合うだけじゃない新しい付き合い方を提示して見せる方法や、ダンジョン内の生態系や衛生管理、食料を持ち込むという重労働などがさりげなく描写されているのが素晴らしいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー